ブランド変更
rating: +7+x

マーシャル氏とカーター氏がテーブルに座って議論していた。突然ドアが開き、ダーク氏が部屋に入る

ダーク氏: - おい、とってもいやなニュースだ。当社の株式がさらに17ポイント下落した。我々は急速に顧客を失いつつあるぞ。

マーシャル氏とカーター氏は同時に: - なんだって!?

ダーク氏: - 我々は競合他社に妨害されている。SCP財団が顧客を奪い、壊れた神の教会とミート・サーカスが顧客になりうる人々を魅了し、ザ・ファクトリーが市場を押さえている。つまり、我々のような中小企業には付け入る隙がない!

カーター氏: - 我々はどうすべきだ?この調子では、我々は世界と連絡が取れなくなる。

ダーク氏: - 落ち着け、同志よ!私にいい案がある。我々は高価な商品を富裕層に売ることはもはやできない。工業的規模でそれをリベットし、公に利用できるようにすればいい!さまざまな国に十数店支店を設けてみよう。そして、様子を見て、それを100か、その倍に増やすんだ。

マーシャル氏: - それは我々3人で手に負えるのか?その規模は、我々の現在持っているものと比べて…

ダーク氏: - それは私も考えた。あてはある。すぐにでも紹介しよう…

4人の人間が部屋に入って来た。

1人目が、彼は帽子を脱いだ。下には角があった。: - 弁護士のナタスです。

2人目は、彼は自分のネクタイを調えた: - ルークだ。私は正式な名前で呼ばれるのは好きじゃない。それはあまりにも多くの不必要な注意をひきつけることになるからな。

3人目: - ダーク・ジュニア、だ。

ダーク氏: - さて、ファミリービジネスについて話そうと思う。

マーシャル氏は不満げに言った: - おい、4人目のやつは誰なんだ。

4人目の男: - スクラッフィー管理人です。

ダーク氏: - 彼らは当社の支配権を所有している。

カーター氏: - 我々のビジネスはとても不調だ。

ダーク氏はゲストに対して: - 彼らはこの中小企業のオーナーの、マーシャル氏とカーター氏だ。これからあなたが一緒に働くことになる、気のいいやつらですよ。

ナタス氏: - すべての契約はすでに署名済みです。すぐにそれを開始することができますよ。しかし、同社の共同経営者として、私はブランド変更の必要があると思う。我々のそれぞれが、社名に入ってしかるべきだ。

カーター氏は何かを数えながら: - あまりにも長くなりすぎる。我々の頭文字をとった場合でも…:MKDNLDSだ!

マーシャル氏: - すまない。しかし、私はスクラッフィー氏の名前が残りの名前の脇にくるべきではないと思う。個人的な感情じゃない。しかし、バイヤーが警戒する可能性がある。

カーター氏: - それをアポストロフィーで区切ったらどうだ?スクラッフィーさん、いかがです?

スクラッフィー: - とてもよいと思います。

マーシャル氏: - すばらしい。だがひとつ問題がある。これは読みにくい。つまり、これに母音を加えれば…

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。