採用活動 (R-28126)
評価: +3+x
イベント名:

FACTORY
(EST. 1835)

採用活動
イベントID:
R-28126
重要度:
場所:
南東インディアナ流通センター1
日付:
2017年4月6日
主要な関係者:
  • SCP財団従業員 ダニエル・フィンチ (Daniel Finch)
  • SCP財団従業員 エミリオ・デルガド・ルイズ (Emilio Delgado Ruiz)
  • SCP財団従業員 スーザン・ワイズ=ハードフ (Susan Weiss-Hardoff)
主要なファクトリーの関係者:

職工長 スティーヴ・アルゥス (Steve Al'uth)2

スタッフへの注意: 職工長各位は自分たちの存在が認知されることを嫌います。そのような認知は貴方の雇用を危険に晒す可能性があります。貴方の雇用を危険に晒さないでください。

その他の参加したファクトリー関係者:
  • 受付係 シンシア・クライン (Cynthia Klein)3
  • 労働者 ジェシー・レンズ (Jesse Lenz)4
  • 労働者 スタンレー・ベル (Stanley Belle)5
その他の影響を受けた利害関係者:
  • N/A
関連する事前情報:

SCP財団や壊れた神の教会といった競合他社による従業員の不正雇用により、南東インディアナ領域の人材配置は低迷していました。

概要:

南東インディアナ領域の領域担当マネージャー ザッカリー・テームズ6は典型的な採用方針を制定しました。企業スパイ ケニア・ジョーダン7はSCP財団の同僚数名に対し、当地において新たな採用枠が設けられたことを通知しました。彼らは当初関心を持ちませんでしたが、短期間の施設見学と、採用担当者である職工長との接触の後、考えを改めました。

発端:

従業員候補の3名全員が南東インディアナ流通センターに入場し、受付係 シンシア・クラインと会話しました。受付係 シンシア・クラインは、採用担当者が面談の準備を整えるまで待つように丁寧に応対しました。従業員候補たちから幾つかの肯定的な意見が観測されました。

なんてこった! 彼女の脚を見たか? あれは萎縮なんてもんじゃないぞ。ほとんどあの椅子から生えてるみたいだったじゃないか。彼女はどれだけ長くここにいるんだ? 神よ…

- SCP財団従業員 ダニエル・フィンチ

懸命に働くと、皆さんもこのような称賛を得ることができます。今後とも頑張ってくださいね、シンシア!

イベントの流れ
関係者の行動 ファクトリーの対応

職工長 スティーヴ・アルゥスが面接を開始するまでの間、SCP財団職員 エミリオ・デルガド・ルイズはこの素晴らしい雇用機会について、他のSCP財団従業員たちに連絡することを決定しました。

しかしながら、会社の方針で携帯電話や無線の使用は禁止されています。このため、通話は傍受され、従業員候補たちは施設を探索して新しい職場環境に慣れるように奨励されました。8

この応答に続き、従業員候補3名全員が、新しい同僚と顔を合わせるために流通フロアへ移動しました。当日は忙しい日だったため、仕事の手を止めて従業員候補と会話する機会があった従業員はごく僅かでした。

従業員候補たちがメインロビーを離れると、労働者 ジェシー・レンズは職工長 スティーヴ・アルゥスの地下オフィスに赴き、施設内に面接希望者がいる旨を通知することを志願しました。残念ながら、職工長 スティーヴ・アルゥスは当月の昼食休憩を取る機会にまだ恵まれておらず、充填のために労働者 ジェシー・レンズの雇用打ち切りを余儀なくされました。9

従業員候補たちは新しい職場環境に馴染みつつありましたが、労働者 スタンレー・ベルは彼らが面接会場の場所を知らない可能性に気付きました。この考えから、彼は職工長 スティーヴ・アルゥスの地下オフィスに彼らを誘導しました。10

従業員候補3名は労働者 スタンレー・ベルの誘導に従って地下への入口を発見し、降下を開始しました。地下区画の規模が要因となり、彼らが面接会場を見つけるには若干の困難が伴いました。地下のレイアウトと装飾に関する幾つかの肯定的な意見が観測されました。111213

従業員候補について通知を受け、昼食休憩を終えた職工長 スティーヴ・アルゥスは、彼のオフィスを探して地下を歩き回っている彼らを速やかに発見しました。彼は従業員候補たちをオフィス外部の待合室に案内しつつ、面接の準備を整えました。準備の完了後、彼はSCP財団従業員 エミリオ・デルガド・ルイズを面接のためにオフィスへ通しました。他の従業員候補たちは、当然のことながら、面接を控えて緊張していました。面接は常に神経を酷使する経験となりがちであるため、職工長 スティーヴ・アルゥスは彼らの神経が各個人面接に害を及ぼさないように取り計らいました。

エミリオの面接は文句の付け所が無いものでした。職工長 スティーヴ・アルゥスは彼の銃器スキルと経験に着目し、警備職に就くことを提案しました。面接の終了後、エミリオはオリエンテーションプロセスを開始するためにオフィスを退出しました。エミリオに続き、職工長 スティーヴ・アルゥスは次の面接対象者としてSCP財団従業員 ダニエル・フィンチを選びました。

ダニエルの面接中、SCP財団従業員 スーザン・ワイズ=ハードフは神経の働きを取り戻し、銃器を使用して面接プロセスから自分自身を退去させようと試みました。しかしながら、彼女は既に雇用プロセスをかなり進んだ段階にいたため、ファクトリーは負傷を面接に影響が出ない程度の規模に留めました。

ダニエルの面接は、彼が概ね応答せず、職工長 スティーヴ・アルゥスのオフィスの隅に留まることを選択するという思わしくない結果に終わりました。これにも拘らず、スティーヴはダニエルの勤勉さには見込みがあると判断し、労働者になることを提案しました。面接に続き、ダニエルはオリエンテーションプロセスへと進み、SCP財団従業員 スーザン・ワイズ=ハードフがオフィスに案内されました。

スーザンの面接はかなり短いものでした。職工長 スティーヴ・アルゥスは彼女をファクトリー広報部門に相応しい人材と見做し、直ちに彼女をオリエンテーション・センターへ送り出しました。

結果/その後

全3名の従業員候補は面接とオリエンテーションプロセスを終了しました。労働者 ダニエル・フィンチ14は78年契約を締結し、現在は出荷ラインに配属中です。警備員 エミリオ・デルガド・ルイズ15は4002年契約を締結し、南東インディアナ流通センターに警備員として終身雇用となります彼は眠りません。眠ることは出来ません。永遠に監視します。受付係 スーザン・ワイズ=ハードフ16は61年契約を締結し、広報活動に取り組んでいますが、企業間連絡窓口、もしくは企業スパイとしての昇進が見込まれています。新しい労働者たちと、彼らが私たちと共に取り組む今後の業務を歓迎しましょう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。