実験記録1046-2 γ
rating: 0+x

注: この文書は、SCP-1046-2を無力化するか、深刻な身体的ダメージを与えるための試みで得られた資料の一部を公開するものです。実験は、[データ削除済み]チームによって██.█.████に実施されました。この文書の完全なものについては、O5に連絡してください。


実験記録1046-2 γ-1
目的: 利用可能な手段を用いてSCP-1046-2を破壊する試み。

実験記録G 1-4
装備: 鉱山に設置した█mtの核爆弾
結果: SCP-1046-2は総体積の約1/10を失ったと推定されます。オブジェクトは████mの深度まで潛り、そこで長時間活動しませんでした。爆弾の起動から██時間後、SCP-1046-2は制御下にない状態で地表に現れ、半径███kmの範囲内で破壊活動を行いました。この攻撃で、[データ削除済み]。
コメント: 我々の計算における想定外だったことは…やつが恐ろしい速度で再生することだな。我々はもちろんやることをきちんと決めて行わなくてはならないが、それよりも慎重に行動することが必要だろう。この実験で、少なくとも十分な威力の爆弾はやつに多くの被害を出すことができるとわかった。 - [削除済み]

実験記録G 1-5
装備: █mtの核爆弾。
結果: オブジェクトは爆弾を飲み込みました。爆発は████mの深度で発生しましたが、予想された衝撃派は発生せず、放射線発生量は、その地域の自然放射レベルをわずかに超える程度にとどまりました。ビーコンは、明らかに爆発によって破壊されたことにより、レーダーから消失しました。SCP-1046-2は██時間後に██箇所の貯蔵エリアで地表に現れ、それらの施設を更地にして地下へ戻っていきました。財団の施設及び機器の損失は[データ削除済み]。O5-██命令により、SCP-1046-2に対する核兵器の使用は禁止されています。
コメント: 繰り返しになるが、やつへの有効なダメージは発生していない!やつはもちろん馬鹿げたサイズだが、あの爆弾をうけたってピンピンしてやがった!財団には、常に再生していて、脅威に適応するクソ恐ろしいトカゲが収容されてるわけだが、こいつも再生するだけだと信じたいよ… - [削除済み]

実験記録G 1-8
装備: 試作███-██共振ユニット
結果: ███-██に暴露されたSCP-1046-2の体の一部(いくつかの触手、足、胴体の一部分)は半液体的物質に正常に変化し、その後、装置付近に突然触手が現れ装置を破壊し、地下へ引きずり込みました。この後、SCP-1046-2は損傷を受けた体に隣接する体の一部を使用して、半径█km以内の建造物や装置を破壊しました。共振ユニットに使用されていたSCP-████は破壊されたと考えられています。
コメント: なぁ、よーくわかってるとは思うが、有用はSCPオブジェクトの喪失は、嬉しいことじゃないぞ。あいつらは其の辺の木になるわけじゃないからな。 - [削除済み]

実験記録G 1-11
装備: 大量の[データ削除済み]の焼夷剤。
結果: 地表に現れたオブジェクトの手足は炎上しました。SCP-1046-2は重度の火傷を負った後、液状の表面構造を持つ太いパイプのような新しい形態の触手を生成し、それをつかってまだ使用されていない混合物の残りを吸い上げました。次に、これを火炎放射器として使用して、半径███m以内の建造物と機器を著しく破壊し、職員を負傷させました。オブジェクトは、実際に用意した量よりも遥かに多くの混合物を放出したことが判明しました。
コメント: なんてこった、やつは何をしやがったんだ?もしかしてやつは新しい能力を得たんじゃないのか?やつにこの方法を教えたのは俺達だってのか? - [削除済み]

実験記録G 1-23
装備: 改良されたAPWV-34神経毒、地下へ発射するための装置、SCP-1046-2の皮膚を突き刺すための特殊ドリル
結果: ███個の███弾が標的に首尾よく命中し、残りはSCP-1046-2の手足によって破壊されました。「戦闘」の間、オブジェクトは著しい攻擊性を示し、██の砲台設備に損害を与え、マグニチュード█の地震を引き起こしました。███分後、SCP-1046-2は動きを止め、全ての手足は地面に倒れ込みました。しかし█時間後、再び活性化の兆候を見せ始め、それから█時間後、完全に回復しました。なぜかはわかりませんが、オブジェクトはそれ以上の攻擊性を示さず、即座に地下へ潜っていきました。
コメント: はぁ、こいつをもっとたくさんブチこんで、やつがぶっ倒れてる間に切り刻むべきだったな。つぎはそうしてやる。 - [削除済み]

実験記録G 1-25
装備: 改良されたAPWV-39神経毒、地下へ発射するための装置、SCP-1046-2の皮膚を突き刺すための特殊ドリル
結果: 神経毒はSCP-1046-2に有効な影響を与えることはなく、わずかに減速させた程度でした。オブジェクトには、実験エリアの全ての機器と人員を破壊するのに十分な力が残っていました。
コメント: 何が起きたかわからん。組織のサンプルに対する実験では、APWV-39はほとんど瞬時に細胞を殺したはずだ。なのに本体には效きやしねえ。あいつはマジで適応してるのか? - [削除済み]

実験記録G 1-34
装備: [データ削除済み]の株。
結果: O5-█および、O5-██により中止命令。株はサイト██へ移送された。
コメント: 我々の目的は人類の絕滅ではない。あなた方がもし記憶を失っていなければ、SCP-1046-2はすでに我々の攻撃に対して、独自の対抗手段を編み出していることはわかるはずだ。地球上のどこにでも行けるオブジェクトに対して、生物兵器を与えてしまうのは危険である。 - O5-█

実験記録G 1-42
装備: 機動部隊[データ削除済み]、彼らは完全武装の上物資(██日間分の食料及び酸素、本部との通信設備およびビーコン)を所持している。および█人の運搬能力をもつ特別設計車両「イオナ」。部隊は、オブジェクトの生理的昨日について可能な限り調査し、機会、もしくは必要性が生じた場合、オブジェクトの破壊を試みる。
結果: 車両は、特殊部隊とともにSCP-1046-2に飲み込まれ、正常に物体の内部で停止しました。この直後、SCP-1046-2は再度潜航しました。遠征記録-1046を参照してください。
コメント: よし、行くぞ! - 「イオナ」隊長:エージェント[削除済み]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。