眠れぬ夢
評価: +12+x

「何百万という恐怖の叫びがあり、突然静まった」

「スターウォーズしてる場合じゃないんだよ、君」

ペイジ・ターナーは震え、その体を構成するインク染めの紙全てから耳障りなさざめきを放った。彼女の顔である光感知マーキングは状況を察したかのように白く光った。「ごめんなさい。何と言えばいいかわからなくて」

「君を責められやしないさ」ヘッドレスは上側にある一対の翼を胸の上に折り畳み、恐ろしい光景から彼らの並んだ瞳を隠した。彼の声はその空虚な肩の上のどこかから響いた。「ここに長居してはダメだ。あれが戻ってくるかもしれない」

頭上を横切る長い影は、その存在感だけで、二人を恐怖で硬直させた。光の届くところには、ぼやけた姿が不可視の監獄から逃れるように引っ掻き、もがいているのが見えた。最後の手付かずの芝が、二人の足元で萎びていった。全域が煙に包まれた。ところがそれは、破壊の道を伸ばしながらも去っていった。ペイジ・ターナーはヘッドレスのもとへ走り、全身からインクの涙を零した。

「どうしてこんな事が起こっているの?」彼女は再び振り返った。それはあまりにも大きく、全貌を見るにはほとんど反り返った姿勢を強いられた。その頭はワニで、手足は助けを求めるかのようにあらゆる方向に突き出し、一歩一歩踏み出すごとに、建物が崩落したかのような音が響いた。その頭の周りでは、無力なオネイロイ達の暈が瞬時に口へ引きずり込まれた。音波が彼らを打ち付ける前にそれは大きく口を広げた。それは咆哮せず、慟哭した。

まさしくそれは悪夢であった。


.件の#OWCollective のタグが付けられた投稿、(たった今)から(~1時間前)


blueraven.jpg

BlueRaven - どっかの木 - アメリカ、ミズーリ

OWで今一体何が起こってるって言うんだ!?

Upvote Reply ·+253



quetz.jpg

MargrawnHuntr64 - 好きな場所を入れてね - メキシコ

これが普通の悪夢なワケない、旧支配者かなんかに決まってる

どうしてコレクティブは何の行動も起こさないんだ?

Upvote Reply ·+32



warningbot.png

WARNINGbot

警告: オネイロイ・ウェストに存在する全てのオネイロイは直ちにエリアから退避してください!肉体に帰還できる場合、そのようにしてください。そうでない場合は、最寄りの非肉体シェルターに移動してください!

これは緊急事態が発生した場合にオネイロイへ自動で警告するよう設計されたbotです。
報告はJung、Dumb、Brokeまでお願いします。


Upvote Reply ·+643


この項目は未完成です。今すぐ参加して協力しましょう!

ナイトメア・コレクティブ又は𒀭𒋾𒊩𒆳は、最近に形成されたアポフィス級悪夢集団です。他の悪夢集団と同様に、首都を持たず、最大都市も存在しません。しかし、ハイ・ブラジルとその周辺区域で最も強大に感知されます。ナイトメア・コレクティブは夢の外側においてHomo sapiensHomo sapiens sidhe(一般的にFaeと呼ばれる)間に心理学的フレームシフトをもたらした事件の後に発生したと考えられています。

𒀭𒋾𒊩𒆳はカーター式明晰指数で3.6/5を記録する覚醒を有し、付近にいる人間の夢見を崩壊させる可能性があり、非肉体持ちに害を及ぼし、明晰保険料を26.3%上昇させます。執筆時点では、325のオネイロイが𒀭𒋾𒊩𒆳に吸収されています。にもかかわらず、オネイロイ・ウェストの集合精神は何ら行動を起こしていないため、コレクティブが内部に重大なダメージを負った可能性が推測されます。

𒀭𒋾𒊩𒆳はアポフィス級悪夢の現実空間に生息し、現実世界に起因する個人の心理的状態に応じて形態を自在に変化させます。𒀭𒋾𒊩𒆳は知性を持たないと考えられていますが、オブジェクトの生成、物理的変形、および錯睡眠的な機能を有する可能性があります。

ナイトメア・コレクティブ: 𒀭𒋾𒊩𒆳

所在地
ある意味

使用言語
嘆願
幼年期のトラウマ(3-5歳グループでの方言)
レム分裂(より大きな睡眠麻痺の部分集合)

現実性:
中程度から重度の悪夢

クール:
約5









Last Edited 1998/0?/38, 3:22 AM by ランドルフ・C

[VIEW EDITS] [HISTORY] [COMMENTS]












数百のオネイロイが小さなバーに押し込められ、いくつかの場所では実際に肩がぶつかり合った。頭が蛇の―奇遇なことに手も足も蛇の―熱心に新たな客へ様々な飲料を渡すオーナーだけがこの場で唯一の楽しげな人物だった。バーの隅で、ペイジ・ターナーとヘッドレスはコーヒーカップを携えてボックス席に座った。

「ここが安全な場所だという確証があるの?まだオネイロイ・ウェストからそう離れてはいないけれど」ヘッドレスは窮屈な場所では目障りになる彼の翼を乱雑に畳んだ。その向かい側で、ペイジ・ターナーは腕のインクで模様を描き、物思いに耽った。

インクは多くの記事、ページ、プロフィールを映し出した。彼女はそのうちの一つに注意を引かれ、両手から掬い上げて拡大した。


EyeThinkThereforeIAmTired - 5C - ここにメタジョークを入れる

オネウェのほとんどの非肉体持ちはまあそれなりに、ちょっとくらいは生に飽き始めてるってのが最終事案

肉体持ちの連中がどう考えているかは知らんけどwwwブレインドレインのナイトメア・ウェイクで手に入れたビデオ早よ見ろよ笑 期限切れるまで五分くらい叫んで目覚めようとするから 次俺にお願いね

Upvote Reply ·+4 · Jan Jan, January J:JJan


ペイジ・ターナーの顔のインクは、その指で返信をタイピングするたびに暗赤色に染まっていった。


PaigeTurner - オネイロイ・ウェスト - Ink'D↑TatArtist

どうしてそんなクソみたいに

Upvote Reply ·+0 · Jan Feb January J:JJan


「ペイジ」

彼女の体はため息に合わせて少しシワを寄せ、メッセージの下書きを消去した。ヘッドレスは湿ったインクを避けて、優しく彼女の手を握った。

「こんなことを言ったらいけないの」ペイジ・ターナーはついに吐き出した。

ヘッドレスは静かに肩をすくめた。「わかっている。ただ連中はこういった行動を取るんだ。反応するな、無視するんだ」

「どうやって?オネイロイ・ウェストは崩壊の真っ只中なのよ!」他のオネイロイからの視線が集まったが、ペイジ・ターナーは気づかなかった。「ここは私の故郷よ、現実の私がそれを持たない時でさえ。私を連れてきて、気にかけてくれる人たちを見つけるのを手伝ってくれて、あいつが、あいつがただ…」彼女の声は次第に小さくなった。

ヘッドレスは左側の翼を外へ広げ、二人を詮索の目から守った。「わかっている。だが今は、僕達にできることは何もないんだ。コレクティブは何らかの手を打つはずだ、ただ少し時間がかかるだけだ。流された人々は恐らく助からない」

ペイジ・ターナーは衝撃を受けながら彼を見た。「なぜ冷静になれるの?私は貴方がこのコレクティブをどれだけ愛してるか知ってるわ。私達はここで出会ったから。大切なんじゃなかったの?」

ヘッドレスは一瞬目を逸らした。「もちろん大切だ。けれど、僕が落ち着いていられるのは君が居てくれるからだ。僕にとって一番大切なものは君なんだ。」

ペイジ・ターナーは一瞬沈黙した。「貴方は間違ってない。それでも、私にもできることがあればって」彼女の腕の点滅する光が注意を引いた。

📰 ワールドニュース


𒀭𒋾𒊩𒆳、オネイロイ・ウェストの中心部に到達。OW議員「これ以上の耐久に確証なし」。オネイロイ・ウェスト集合精神への介入要請は未だ応答なし。人口の急激な減少、結束の困難、緊張の高まりによるものと思われ… もっと読む

ペイジ・ターナーの顔全体が白くなった。ヘッドレスは声を掛けたが、ペイジはただ消滅し、彼と残留インクの水たまりだけが残された。ヘッドレスはすぐに立ち上がり、その羽根を逆立たせた。彼は蛇頭のバーテンダーの抗議の声も聞かず、群衆を押し退けてドアまで進んだ。




ヘッドレスはかつて活気あふれる市場だった場所の上空を、ペイジ・ターナーの痕跡を求めて必死に飛翔した。すべての眼はちらりと見える白の残骸を捜し、インクを、彼女の存在の断片を追った。瓦礫が退かされた空間の中心の地面に、インクで綴られた”HERE”の文字があった。

即座に彼は急降下し、メッセージの隣に着地した。「ペイジ?僕の声が聞こえるか?」

ひらひらとした動きを視界に捉え、彼はそこに向かった。それは紙の腕で、破れ、細断されていた。彼の翼は力を失い、世界は彼を中心に渦巻くようだった。「…ペイジ」最愛の人のひと欠片を抱きかかえ、彼は目を背けた。暫くの間、彼はどこか遠くを見つめた。翼を広げて、飛び立つ準備をした。

だがその時、彼の横方向から、くぐもった声が聞こえた!下を向くと、建物だったものの大きな残骸に半身をくしゃくしゃに押し潰されたペイジ・ターナーが見えた。残骸を放り投げ、はためく彼の翼は、安堵の溜息に似た音を立てた。ペイジ・ターナーは体を伸ばし、静かに座ろうと努めた。ヘッドレスは姿勢を正し、平静を装って比喩的に話した。「怪我はないかい?」

ペイジ・ターナーは彼の正面に少し向き直り、ヘッドレスは目を見開いた。彼女の左手足は潰れ、インクが滲んでいた。話しかけようとするヘッドレスを、彼女は遮った。「怪我はないわ。心配しないで。でも、歩けないの」

ヘッドレスは幾分か動揺して羽根を逆立てた。「なぜあのように逃げ出してしまったんだ?危険だとわかっていたのに」

ペイジ・ターナーは一瞬黙った。「私は離れられない。オネイロイ・ウェストは一番必要なときに私を助けてくれた。もし介入により多くの人々が必要なら、私は…」彼女の声は小さくなり、顔にインク模様の細波が形成され始めた。直感的に、ヘッドレスの翼はその体を実際以上に大きく見せるために最大まで開かれた。何かが背後で首をもたげると同時に、灰が二人の上空から降り注いだ。

「ペイジ、君はもう目覚めたほうがいい」

ペイジ・ターナーはヘッドレスに寄りかかりながら真っ直ぐに立った。「できないの。私があの下にいる間にやってみたけれど」

ヘッドレスは翼のいくつかの眼をペイジ・ターナーに向け、残りの眼で奇襲を警戒した。「できない、とはどういう意味だ?」

「これは悪夢からの覚醒。私には強すぎるの。でもあいつは貴方がここに居ることをまだ知らない、だから逃げられるうちに逃げて!」

ヘッドレスは全ての眼を彼女に向けた。彼は跪いて両翼で二人を囲んだ。「断る」

半分が瓦礫に埋まった巨大な眼が開いた。その瞳孔は二人を凝視する前に一瞬拡大した。ヘッドレスは彫像のように固まった。空気は耐えられないほどに熱くなり、死と腐敗の臭いがした。地は震え、悪夢は空にそびえ立ち、ペイジ・ターナーとヘッドレスはバラバラに弾き飛ばされた。オネイロイを襲ったそれは、休息を経てさらに飢えていた。ヘッドレスは片割れのもとへ駆けつけたが、煤と灰が視界を曇らせ、彼のたくさんの眼を不具にさせた。ペイジ・ターナーは喘ぎ、息を詰まらせながら纏わりつく瓦礫と体のインク模様を掻き毟った。

おそらく最期に、ペイジ・ターナーの片手はヘッドレスの藻掻く腕を掴み、二人はお互いを抱きしめた。低い、喉を鳴らす音が二人の耳に届き、ゆっくりと近づいた。関節が裂け、突風が巻き起こる―!

その衝撃が彼らに届くことはなかった。

体に浮き上がったインクの斑点を見て、ペイジ・ターナーは何が起こったかを驚愕と共に見上げた。空にそびえ立つ悪夢は、その手足を大きく蠢かせた。顎はエネルギーの光柱―否、巨大な槍に開かれ、鮮やかに鼻まで貫かれていた。ゆっくりと、悪夢は空中に浮かび上がり、痛みにのたうち回った。その周りで、空は紫色を帯び始めた。徐々に悪夢は縮み始め、どんどん小さくなり、やがて見えなくなった。残された槍は、一瞬の閃光を放ち、そして消えた。

オネイロイ・ウェストは遂にその精神を一体とさせ、介入したのだ。彼らは自らの子らが糧となることを良しとしなかった。簡単なことではなく、コレクティブにも大きな負担がかかったが、それは為されたのだ。

ヘッドレスとペイジ・ターナーはお互いを抱きしめたまま、自らの足で立ち上がった。ヘッドレスはペイジ・ターナーの顔に付いた灰を拭い、彼女の手を握った。ペイジ・ターナーはヘッドレスに支えられながら、オネイロイ・ウェストに残されたものを見渡した。遠くでは、小さな斑点のような隠れ家から、生存者たちが現れ始めた。穏やかな風が彼女の体をなびかせた。「ヘッドレス、どんな匂いがする?」

「君ね、僕には鼻がないんだよ。だけどこれはきっと、命と、希望の匂いだ」

遠くで、川のせせらぎが固まった灰を洗い流し、再び流れ始めた。二人の足元には、小さな緑のシダが地面から芽吹いた。



ワールドニュース

眠れぬ夢の終焉

ナイトメアの恐怖支配はオネイロイ・ウェストの奇襲介入によって昨太陽周に突然の終末を迎えた!オネイロイ・ウェストの人口は回復中だが、見通しは明るい。


「生きててよかった」先周の𒀭𒋾𒊩𒆳による残忍な攻撃からの生存者である、非肉体持ちのフルーツ・フライ・ララバイはそう語った。「皆が大きな被害を受けましたが、私のところは特に酷いです。『ズーグでお料理』を六話も見逃したんですよ。でも、オネイロイ・ウェストの迅速な復興には感謝しています」

昨太陽周はまさしく今週一番の激動だったが、避難者たちの内に抱く希望には感動させられる。𒀭𒋾𒊩𒆳の死を実際に目にし、今は精一杯に生活している二人の人間の夢見は、現在結婚の計画を立てている!「あの時は本当にもうおしまいだと思いました」ペイジ・ターナーは婚約者のヘッドレスと腕を組みながら言った。「でもあの危機を乗り越えて、私達は一層強くなれたんです」

二人は手と手を繋いで立ち去った。どんなに暗い悪夢の中であろうと、愛は咲き誇ることができる。全ての肉体持ち、非肉体持ち、各種不死者からの感謝の意に対し、確認されたオネイロイ・ウェストからの公式な返答は以下のただ一つである。



Arrow2the❤ @iMabadRoach


ええよ

  • リフート 1,222,323,534
  • いいね 0,867,530,900


2:34 D.C.E - 667 AoHyBr 1998

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。