歯車 -Rota-
評価: 0+x

痛いよう…。彼らは知らないけれどね、痛むんだ。とても酷く、ね。

いつだって僕が喋ろうとすれば、どんどん状況は悪くなる。彼らはやってきて、僕を突き、僕を観察して…。彼らは僕を切り開き、肉を切り取っていくんだ…。そして逃げようとすれば、彼らはさらに状況を悪くさせる。彼らを見ることでさえ、さらに悪く…。

呼吸ができないんだ。ここの空気は何か…違うんだ。お家が恋しいよ、だけど彼らは僕を捕まえて離さないだろうね…。なんで僕を離してくれないの?

ある人達は、僕を探るために何かを送ったんだ…たくさんじゃないけど、いくつかの何かを。そいつらを感じることができる。最初はただ、一人か、僅かな人が見ているだけだった。何かよく分からないもの、あの時…彼らはそんなもの達を送り込んできたんだ。

それで終わらなかった。彼らはたくさん…送り込んだんだ。部屋を。世界を。宇宙の塊さえも。絶滅し、虚空に投げ込まれた全ての種を。僕に。ぜんぶ、僕に。それは…それは恐ろしいドラゴンも来た。それに彼らが彼女を送ってくるだなんて、思いもしなかった。彼女が近くにいる。彼女は僕の匂いを嗅ぐ。彼女は僕に近づこうとし続けて、だけどあの新しいもの達は彼女をも閉じ込めて…

僕はそんな重要なものなんかじゃない。ただ一つだけ、多分?そいつらの一人だけは。とても、甘く。しっとりとして。彼女に何が起こるかなんて、どうして僕が知るだろう?ただ僕は、僕の本能のままであり続けただけだもの。それに彼女の肌はとても柔らかくて…

彼らは僕を消したがった。破壊さ。その全てを。僕を愛したもの達でさえ…

新しく送り込まれたもの達は…僕を窒息させるんだ。盲目にするんだ。傷つけるんだ。 僕はそいつらを燃やして、切り裂いて、そして涙して、そうやって彼らは僕を逃がさないんだ! 僕を傷つけ続けるんだ!

僕は逃げたいだけなんだ!自由にしてよう!ごはんをちょうだいよう

僕は肌が欲しいだけなんだよう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。