日常
評価: +6+x

このように感じたことがありますか? 職場から車で帰宅したり、店から歩いて帰宅したり、とにかく人生で何千回もやってきたことです。そして突然、家からここまでどう帰ってきたか覚えていないとき、あなたはほとんど家に着いているでしょう。

いえ、それは正しくないですね。

仕事をどう終えたか、駐車場までどう歩いて行ったかも覚えています。

そして…車で帰宅したに違いないでしょう。

しかし、その詳細は曖昧でぼやけていて、思い出そうとしてもそこには何も残っていません。

あなたはこれはただの心の奇癖だと自分に言い聞かせます。同じ道を何年も走ってきました。今日は精神が自らを閉じ、それを体に任せただけです。日常の代償です。残された日常からの唯一の逃避処。誰にでもたまに起こることです。全くもって問題ない。心配することは何もありません。

いいえ。

これがクラスA記憶処理の感覚です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。