帰還
評価: +1+x

知識は彼の仕事を片付けただろうか?」

「ええ、そのようです。 今やその仕事は私たちについてよく知っています」

「よろしい。それなら果実が仕事に行くことができる、彼女は12番目を消すべきだ。理解と私は9番目の面倒を見よう」

王冠について語ってもいいでしょうか?」

「ああ、構わない。ヴィヴャンアダマリースを連れていこう。彼女たちは助けになるだろう」

「私はすぐにでも王冠に伝えて、自分の義務を全うしましょう」

「さあ、我が枝よ。宝石の枝がお前と共にあり、葉がお前に味方し、果実がお前の道を開くだろう」


「サイト-DE12のことを聞いたか?」

「ええ聞きましたよ、完全に消滅しましたね」

「まさしく。O4評議会は当初この報告を差し止めようとしたかったらしいが、周知の通りそうはならなかった」

「一体全体何が大虐殺を引き起こしたのでしょうか?」

「見当もつかない」

「ビデオ録画にスーツケースを持った女性、あるいは似たようなものが映っていると聞きましたが」

「SCPか?」

「分かりませんが……まだ、登録されているSCPではないようです」

「クソッ」

「私は自分をアーカイブ化させると思いますが、あなたは何をするおつもりです?」

「……知らない。私は既に一度アーカイブ化しているからな」

「あなたのために何か良い言葉を送りましょうか」

「ありがとう、本当に感謝しているよ」


「私の王冠、報告があります」

「話していいぞ、我が枝よ」

果実が12番目を攻撃するようです。知恵理解が9番目を――」

「9番目だと?私たちはそれが私たちについてよく知っている場合のみ9番目を攻撃するという話をしたじゃないか」

「ええそうです、私の幹。知識がそれを引き受けました」

知識だって?ダアト本当に戻って来たのか?」

「ええ、私の幹」

「聞いてよかった。なら知恵知識は自身の行動を遂行するべきだな」

「理解しました、私の幹」

「今すぐ行きなさい、我が枝よ」


"安全警報: サイト-DE9から撤収せよ。全ての職員に告ぐ、避難所-P13に避難せよ"

「何だって?!」

「何が起きている?」

「分からない!」

「なぜお前は私を見ている?」

「何? どういう意味だ?」

「ああクソ! ここで死にたくない!」

「皆さん、落ち着きなさい。ハーメル、あなたもです。あなたは平静を保つべ――」

「逃げて下さい! ヴォルフ博士! みんな急いでここから!直ちに!」

「あれは何です?! 一体全体何なんですかあれは??!」

「振り返らないで、走って!」


果実と葉

「我が葉、ヴィヴャンよ、従者を呼んでくれないか」

「ええ、私の枝。果実エルピディウムパチャーノはもう既に仕事に取り掛かっています」

「よろしい。アダマリース、次はお前の番だな」

「はい、私の枝」

一つだけ、たった一つだけ取りなさい。度を越してはいけないよ。この世に不必要な悲しみをもたらしてはいけない」

「理解しました、私の枝。王冠の果実はもう十分なはずです」

「そうだ。それで十分なんだ」


「チームロメオ、応答して下さい。どうぞ」

「司令部、こちらチームロメオ。どうぞ」

「チームロメオ、報告を」

「了解。SCP-███-DEおよびオブジェクト-1の目撃情報はない。オブジェクト-2はルーム-N519にいる。どうぞ」

「了解。引き続きSCP-███-DEに気を付けるように。司令部からは以上」

「こちらチームベータ。司令部、応答して下さい。どうぞ」

「こちら司令部。どうぞ」

「SCP-███-DEを目撃。メインゲートH2だ」

「了解。一度撤収し、引き続き指示を待て。司令部からは以上」

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。