錆びついた悪夢
評価: +1+x

走れ。

見える限りに錆びついた金属が広がっている。ランナーはそれが彼の目前に迫っていることを気にしない。彼にとっては、閉所恐怖症的な廊下が永遠に伸びている。そして実際にそうである。

だが彼は違う。

止まるな。

暗闇の船倉の中、汚れなく輝いているスチールドアを女が叩く。重く息切れしながら彼女が自らをドアに叩きつけると、床の錆が舞う。何か回すものがないかを探し、狂乱して滑らかなドアを掻きむしるために彼女の爪は割れる。

彼らは見ることを決して止めない。

こんなはずじゃない。

蒸気を出すベルトとピストンで満たされた部屋を、男がゆっくりと歩く。ベルトに沿って人間の顔が広がっていき、落ちた目が男に向かって転がっていく。顔は苦痛で歪んでいる。近くの機械から突如として人間の肘が飛び出し、何か分からない塊を出したり引っ込めたりする。一対の空の眼窩が男を見つめる。

彼は決して目をそらさない。

止めさせろ。

男は行き止まりの部屋に走り込み、立ち止まり壁を見つめる。彼は叫ぶと振り返る、怒りと混乱と痛みの叫び声を出し、そしてただ彼の後ろでドアが勢い良く閉まるのを見る。彼は決して出ることができない。

彼のフラッシュライトが消えるまで。

痛み。

錆びついた廃船の奥深く、女が叫ぶ。数秒、数年の間叫び続けている。彼女にはその違いは分からない。彼女はただ、この死と鋼と肉の場所に決して入るべきではなかったということだけを知っている。

彼女は決して自らの過ちを正すことができない。

逃げ場はない。

男は錆びついたデッキの上に立つ。暗闇の中、出口を探して過ごした数日により彼は痩せ衰え、青白い。彼の頭上でライトが揺れ、ボートが送られ、彼を助けに救助隊の隊員が到着する。男は、大喜びし、飛び降りる。

彼は水面に到着しない。

我々と共にいよ。

船の中心、千の声が苦痛で叫ぶ。全てが迷い、多くは数百年。中には数日。全てはただ死にゆく者のみが知っている、魂が張り裂けるような同一の叫びを上げる。

そして彼らは決して止めない。


サルベージ隊は"中央操船室"への突入を報告した後に消息を絶ちました。救助隊もまた、貨物セクションの中で"叫び声"の調査を行なう報告をした後に消息を絶ちました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。