サーキシズム-ハブ
評価: +17+x
cf15Pj6.jpg

サーキックの魔導書のページの合間で発見された記章。奇妙な意味を持つ封印のヴァリエーション(そして個々のシンボル)が世界中のサーキックの遺跡で発見されている。

サーキシズム (ギリシャ語の、σάρξ、もしくは “flesh”に由来する)は様々な伝統、信仰、 “崇高なるカルキスト・イオン”として崇拝される創設者の教えに大きく基づいた霊的な習慣を包摂する、宗教/哲学組織です。信奉者は儀礼的なカニバリズム、人身御供、肉体の構成物の増大、奇蹟、次元操作、そして他世界存在との契約を実践します。ある種のサーキシストは異常な状態を獲得し基本的な人間の肉体的限界を超越するため、有機物の操作を行います。

厳重に隠匿され、一般には彼らの実在についての直接的知識は存在しません。例外として、壊れた神の教会は彼らを黙示録的終末と見なしています1。疾病は崇敬の目で見られ、膨張したリンパ節と成長した腫瘍が用いられたサーキックの聖堂が発見されています。サーキック・カルトは伝染病を"弱者を摘む"そして大衆を浄化する聖別と捉えています。したがって、病の伝播を確かなものにするために積極的に捜索します。

財団は既知のサーキック・カルトを2つの宗派に分割しています。プロト-サーキックとネオ-サーキックです。プロト-サーキック・カルトはユーラシアの孤立した地方の至る所にある閉鎖的なコミュニティに基づいたものです。信者はたいてい貧しく(もしくは自給自足)、質素で、部外者に対し敵意を持っています。そのようなグループは近代化を避け、激しい科学技術恐怖症を見せ、迷信と禁忌に縛られています。対照的に、ネオ-サーキック・カルトは国際的であり、公然と近代化を採用し、科学技術に対する明らかな不安を見せません。彼らの生活は彼らが属する文化や社会状態での他者の生活とは少し異なっています。信者は裕福な家族であり、歴史とスキャンダルも豊富です。プロト、ネオともに以下の観念を含んだ中心的な信仰の単一の教義に帰依しています。

神格化
個々人が神格へと昇華できるという信仰。これは、サーキシズムは崇高なるカルキスト・イオン(より小さな範囲では、彼のクラヴィゲル)を神格化を経験した存在だと見なしている点に表れています。プロト-サーキットにおいて、神格化は機会とイオンを通じてのみ達成されるだろうものです。ネオ-サーキットにおいて、神格化はイオンから強奪できる能力を持った者によってすでに表れているものです - そうすることは彼らの権利(義務ではなく)です。神格化への道は力への意志と同等です。
意志
力への意志は人間を動かす重要な動力です。個々人が己の領地のすべてを、力(効果)の及ぼす方向を支配しようとします。たいていは他者が同様のことを、反対の立場で行っている間にです。意志は物事を形づくる力です、つまり、「願望はすべての尺度である」2
神食3
神を聖餐として消費すること。サーキシズムは宇宙には沢山の神(彼らはそのすべてを信仰していません)が存在し、それらの存在はいくつかの様式で"貪られる"ものだとしています。信者は究極的には、このような寄生関係(それが文字通りであろうと比喩的なものであろうと)が彼らの魔術的な能力の重要な根源だと信じています。
犠牲
プロト-サーキック・カルトの間では、これは大勢が恩恵を得るための自己犠牲として現れます。ネオ-サーキック・カルトでは、まったく対照的に、個人の恩恵のための大勢の犠牲と信じられています。筋肉は損傷に苦しみ、治癒して以前より強くなります。伝統的な信じ難い物事への忍耐を養うことを通じて、同じことが精神にも言えます。 - 破壊と再生の輪廻です。争いは、サーキシズムによれば、素晴らしい教師なのです。
"肉を導く"
あらゆる生命は単一の祖先から発生したと信じられています(神話部門によってさらなる研究が行われています)。信者はこの分かち合われた祖先4が物質的な増大(もしくは "リハクタァク")への鍵と捉えています。これはさらに、神秘主義の下にある、遺伝学の奇妙な理解の暗示です。これはサーキットが有機体の問題を啓発し導く権利です。

プロト-サーキットはイオンは神格化を獲得する過程にあり、彼の変態が成就した暁には、この"損なわれた、死産の"宇宙は破壊され、“イクナーン”として知られる楽園へと作り変わると信じています。楽園では多くの魂が救済され歓喜を味わいます。ネオ-サーキットはこの解釈と明確に異なった解釈をします。イオンは既に神格化を果たしており、人はイオンのようになろうと努力すべきである、力の獲得、技術の開発、個人の限界を縛っている道徳からの解放を通じて神のように成るべきである、としています。

サーキットは前ウラル語、インドーヨーロッパ語、γλῶσσαχάος5 が前ウラル語を中心として混じり合った固有の言語で読み書きします。サーキシズムの専門家(もしくはサーキット)は実際には彼ら自身を"サーキック"とは直接呼びませんーこれは古代メカニト6 が彼らの敵に対し、侮辱として使った言葉です。彼らの本当の名前だと思われ、それが世界オカルト連合と、後に財団にプロジェクト:シトラ・アキュラの一部として採用されました。実際には、サーキック・カルトは彼らの宗教組織をNälkä7 と呼ぶため、どんなことがあっても、これらの宗教組織への潜入任務に就いている財団エージェントが"サーキック"もしくはその派生語を用いることがあってはなりません。

メカニトの専門用語を採用することで、財団とGOCは"FLESH/MEKHANE"という壊れた神の教会の宇宙的物語8を意図せず永続化しています。これはサーキシズムの引き起こしたことをひどく平易にした、不正確なものです。この文書は過去の過ちを修正して認識すること、"サーキック" (及びその派生)を財団の辞書に正しく掲載したままにすることを意図しています。

結局、財団とGOCは、サーキシズムの引き起こしたことと信者の意図が一部しか把握していないことを恐れています。入手できる情報を基に推測されたサーキック・カルトの目的は、SK-クラス支配シフトシナリオに、XK-クラス世界滅亡シナリオの可能性を含んだものに相当します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。