サーキシズム-ハブ
評価: +19+x
cf15Pj6.jpg

サーキックの魔導書のページの合間で発見された記章。奇妙な意味を持つ印章のヴァリエーション(そして個々のシンボル)が世界中のサーキックの遺跡で発見されている。

サーキシズム (ギリシャ語のσάρξ、すなわち “flesh/肉”に由来する)は様々な伝統、信仰、 “崇高なるカルキスト・イオン”として崇拝される創設者の教えに基づく所の大きい霊的実践を包摂する、宗教/哲学体系です。信奉者は儀礼的なカニバリズム、人身御供、肉体の増生、魔術、次元操作、そして他世界存在との契約を実践します。有機物の操作によって、一部のサーキサイトたちは異常な肉体状態を実現し、通常の人間の肉体的限界を超越します。

極めて秘密主義的であり、一般大衆は彼らの実在についての直接的知識を持っていないと思われます。例外として、壊れた神の教会は彼らを黙示録的終末と見なしています1。疾病は崇敬の目で見られ、膨張したリンパ節や増殖した腫瘍が供物として捧げられたサーキックの神殿が発見されています。サーキック・カルトは伝染病を"弱者を淘汰"し、大衆を浄化する聖別と捉えているため、積極的に病を蔓延させようとします。

財団は既知のサーキック・カルトを2つの宗派に分類しています。プロト-サーキックとネオ-サーキックです。2プロト-サーキック・カルトはユーラシアにおけるほとんど孤立した地域の至る所に存在する閉鎖的なコミュニティに見出されます。信者は概して貧しく(自給自足している場合)、質素で、部外者に対し敵意を持っています。そのようなグループは近代化を避け、激しい科学技術恐怖症を見せ、迷信と禁忌に縛られています。対照的に、ネオ-サーキック・カルトは世界各地に点在し、近代化を公然と取り入れ、科学技術に対する明らかな不安を見せません。ネオ-サーキックの人々は彼らが属する文化や社会的地位における一般人と殆ど変わらない生活を送っています。信者は概ね裕福な一族であり、歴史や醜聞に事欠きません。プロト、ネオともに以下の観念を含む中核的な信仰を持つ単一の教義に帰依しています。

神格化
一個の人間が神格へと昇華できるという信仰。これは、サーキシズムは崇高なるカルキスト・イオン(広義には、彼のクラヴィガルも含まれます)を神格化を経た存在だと見なしている点に表れています。プロト-サーカイトにとって、神格化はいつの日かイオンを通じてのみ実現されるだろうものです。ネオ-サーカイトにとって、神格化はイオンからその権能を盗む者が現れれば、間もなく実現するものです。 - そうすることは彼らの権利(そうでなければ義務)です。神格化への道とは即ち力への意志です。
意志
力への意志は人間を突き動かす根源的な力です。力(効果)の向きを働かせることで、人間はあらゆるものを征服し手中に収めようとします。一方で他の人間も同じように行動し、しばしば対立が生じます。力にとっての意思は質料にとっての形相と同じです、つまり、"欲望は万物の尺度である"。3
Theophagy(神食)4
神を聖餐として消費すること。サーキシズムは、この宇宙には無数の神(彼らはそのいずれも崇拝していません)が存在し、それらの存在を何らかの方法で"貪り喰らう"ことができるとしています。究極的には、信者たちはこのような寄生関係(それが文字通りの意味であろうと比喩的な意味であろうと)が彼らの魔術的な能力の源泉だと信じています。
犠牲
プロト-サーキック・カルトの間では、これは大勢が恩恵を得るための自己犠牲として現れます。ネオ-サーキック・カルトにおいてはまったく対照的で、個人が恩恵を得るための大勢の犠牲と信じられています。筋肉は損傷し、治癒した時にのみ前より強くなります。因習的な信じ難い苦行に対する忍耐を養うことを通じて、精神にも同じことが言えます。 - 破壊と再生の輪廻。サーキシズムに言わせれば、闘争は最高の師ということです。
"肉飼いたれ"
あらゆる生命は単一の祖先から発生したと信じられています(神話部門によって更なる研究が行われています)。信者はこの共通祖先5が肉体の増生(すなわち "リハクタァク")への鍵と捉えています。このことは、神秘主義のベールに隠された、遺伝学への並外れた理解を更に示唆するものです。有機体を導き、培養することはサーカイトの正道です。

プロト-サーカイトはイオンが神格化に至る過程にあり、彼の変態が成就した暁には、この"損なわれた、死産の"宇宙は破壊され、“イクナーン”として知られる楽園へと新生すると信じています。楽園では数多の魂がようやく救済され、歓喜に包まれます。ネオ-サーキック・カルトの解釈はプロトのそれとは著しく異なるものです。イオンは既に神格化を果たしており、人はイオンのようになるために励むべきであり、力の獲得や技能の開発、人の潜在力を制限する道徳の戒めからの解放を通じて神々の如き存在に成るべきである、としています。

サーカイトはウラル祖語を中心に、インド・ヨーロッパ語、γλῶσσαχάος6 が混じり合った固有の言語で読み書きを行います。サーキシズムの実践者(すなわちサーカイト)は実際には自らを"サーキック"とは呼びません - これは古代のMekhane崇拝者7 が彼らの敵に対し、侮辱として使った言葉です。彼らの本当の名称だと考えられ、世界オカルト連合と、後にプロジェクト:シトラ=アキュラの一環として財団で取り入れられました。実際には、サーキック・カルトは彼らの信仰体系をNälkä8 と呼びます。関連カルトに潜入している時、財団エージェントはどんなことがあっても"サーキック"もしくはその派生語を使ってはいけません。

Mekhane崇拝者の専門用語を採用することで、財団とGOCは"FLESH対MEKHANE"という壊れた神の教会の宇宙的物語9を意図せず受け継いでいます。これはサーキシズムの引き起こしたことを不正確かつ大まかに単純化したものです。当文書では過去の誤りを認め、訂正を心掛けつつも、"サーキック"(とその派生語)を財団の標準語彙として留めています。

最後に、財団とGOCがサーキシズムの引き起こしたことやその信者の意図を一端しか把握していないという点が危惧されます。入手できる情報を基に推測されたサーキック・カルトの目的は、XK-クラス世界終焉シナリオの可能性を含むSK-クラス支配シフトシナリオに相当します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。