SCP-003-FR
評価: -1+x
dentier.jpg

実験003-1、テスト█の際に撮影されたSCP-003-FR。

アイテム番号: SCP-003-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル:

SCP-003-FRは5 x 3 x 2メートルの金属ガラス製の飼育槽内に保管し、この飼育槽は鉄筋コンクリート造の10m x 10m x 2mの室内に配置します。飼育槽は亀裂が一切存在しない状態に保つためため、Dクラス職員によって毎日点検しなければなりません。当オブジェクトはいかなる場合もDクラスによって操作を行うものとします。SCP-003-FRには毎日地元の死体置き場から取り寄せた20歳から50歳の人間の一部(腕または脚)を給餌し、人体が不足している場合はDクラス職員の死体を使用します。飼育槽は常時28°Cに保ち、また毎週清掃を行わなければなりません。SCP-003-FRとの対話は全て、レベル3またはそれ以上の責任者の承認を得る必要があります。対話の際、SCP-003-FRにインタビューを行うチームは飼育槽内部、出来ればオブジェクト近傍にマイクロホンを設置します。このインタビューは30分を超過することがあってはなりません。収容違反が発生した場合は召還プロトコル███-█を適用します。

注: SCP-003-FRの収容方法に何であれ問題が生じた場合、SCP-003-FRの研究責任者に問い合わせて下さい。

説明:

SCP-003-FRはある家屋にてアノマリーが見られるとの通報があった後、19██年にエージェント ███████によって発見されました。SCP-003-FRは入れ歯であり、この家の家主が所有していたものと思われます。家主は[検閲済み]で発見されました。SCP-003-FRはあらゆる人間の肉に執着を寄せています。獲物を殺す時、SCP-003-FRは[データ削除]によって対象の顎に位置を占め、獲物を操作することで自分自身に噛みつかせます。当オブジェクトは自発的な開閉によって"飛び跳ね"ながら移動することを可能とし、また獲物ないし物体を引きずる時は、地面を"滑って"移動することが可能です。対象は███kgの肉を噛み千切り、2分間で細断することができます。食い千切られた肉は小片の状態で留まったのち粥状に変化します。この反応の原理は不明ですが、食い千切られた肉とそうでない肉が接触すると"粥"の影響は伝染し、もう一方の肉も粥状に変化することとなります(cf. 実験003-1)。対象は、傷んでいない肉と毒を盛られた肉、人肉と動物肉、[検閲済み]を判別する能力を有します(cf. 実験003-2)。SCP-003-FRはフランス語でコミュニケーションを行うことが可能であり、対象が[データ削除]際に言語を学習したものと思われます。オブジェクトは極めて神経質で、かつ攻撃的です。対象の創製に関する問いは決して提示してはいけません(cf. インタビュー003-1)。


召還プロトコル███-█

SCP-003-FRの収容違反が発生した場合、三人分の死体を用意します。最初の死体はSCP-003-FRの収容室内に、残り二つの死体は飼育槽の中に囮として配置します。SCP-003-FRが飼育槽内に入ると、飼育槽の扉を封鎖します。飼育槽の75%以上が損壊していた場合は、SCP-003-FRが部屋から逃走するのを防止するため、収容室内に液体窒素を流し込みます。

補遺:

インシデント003-1を受けて当オブジェクトはEuclidに再分類されました。[検閲済み]以後、SCP-003-FRに関する実験は許可されません。

SCP-003-FR関連資料:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。