SCP-004
評価: +9+x
SCP-004.jpg
SCP-004-1

アイテム番号: SCP-004

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-004-2からSCP-004-13を扱う際は、適切な手順が不可欠です。各物品は レベル4セキュリティ担当者2人の承認がない限り持ち出すことを許可しません。SCP-004-1にSCP-004の他の構成物を通過させることがあってはなりません。そうした場合の効果は不明だが、これまでの実験の代償からさらなる研究は現実的ではありません。なんであれSCP-004-1に含まれる物体が封じ込め違反を起こしたり、施設を突破することがあれば、 鍵を扉の内部に運び入れ扉を閉じ、サイト62 に設置された核弾頭を起爆します。権限を得ず試験区画から鍵を持ち出すことは即時解雇の理由になります。

SCP-004-1 への通常の接触にはレベル1クリアランスが要求され、SCP-004-2 から SCP-004-13 の使用にはレベル4クリアランスが要求されます。

説明: SCP-004 は古い木製の小屋の扉 (SCP-004-1)と12個の錆びた鋼鉄製の鍵 (SCP-004-2 から SCP-004-13) の束で構成されます。扉自体は[削除済]にある廃工場の入り口です。

年譜

1949年7月2日: 3人の少年のグループが██████████付近の合衆国国有地に立ち入りこの扉を発見しました。彼らの証言によると、鉄製の金庫の中から錆びた鍵の束を見つけ、どの鍵で扉を開けられるか確認したそうです。彼らのうち1人 (SCP-004-CAS01) が消失したため、少年たちは保安官█████████████████に通報し、そののち拘束されました。

1949年7月3日: 地元当局が廃工場から8km離れた場所でSCP-004-CAS01 の切断された右腕を発見しました。SCP-004-CAS01の体の他の部分は廃工場から32kmの範囲でばらばらに発見されました。取り調べによると、拘束した少年たちは当局に鍵のうち1つでドアを開けた瞬間、SCP-004-CAS01がバラバラに引き裂かれそれから消えたと供述しました。この時点で財団は調査を接収しました。

1949年7月4日: █████職員は試験のため地元当局から鍵束を受け取りました。試験の結果SCP-004-2からSCP-004-13はすべて大型の格子扉の鍵穴に合致しました。クラスD職員12名が扉の効果を試験するために割り当てられました。12回の試験で被験者はそれぞれ異なる鍵で解錠し部屋に入ることを試みた結果、2人だけが生還しました。SCP-004-7かSCP-004-12以外の鍵を用いて扉を開けた各被験者の体は四散しましたが、それ以降1つも切断されたパーツは発見されていません。この執筆の時点で、2人の被験者だけが回復しています (SCP-004-█の使用によって体がごく至近に散乱した被験者を除く)。それ以外の被験者は事実上存在が消失しています。

2人の生還した被験者のうち、たった1人 (SCP-004-7を使用した) が無傷で帰還しました。もう1人は硬直に近い状態で帰還し、彼は自身で部屋から脱出し床に崩れ落ち、 さらに自分の目を抉り出そうとするのを制止せざるを得ませんでした (「付録A: SCP-004精神衛生上の影響」を参照)。SCP-004-7 を使用した被験者は、自身が、扉に付属する建物の大きさでは到底ありえないほど大きな部屋に入ったと述べました。彼の退出ののち、SCP-004-1を開放したまま固定しレベル3職員の武装した部隊を入らせました。部屋の大きさは計測不能であり、扉の枠と部屋の中の人間だけが、その部屋の中で触り、視認することができました。

1949年7月16日: 容疑者の少年と保安官█████████████████を終了しました。

1950年8月2日: █████████████████は「不発弾のため」危険地区と発表し、市民の立ち入りを防ぐためフェンスを設置しました。SCP-004-1の背部環境の安全性を確定する試験が開始されます。

1950年12月1日: SCP-004への接触による時空間の異常が確認されます。さらなる通達まで試験は中止。

19██年7月2日: SCP-004-CAS01のどこかの残骸がSCP-004-1の外部に現れる。10年も前に死亡したにもかかわらず、SCP-004-CAS01の残骸は何らかの方法で分解されており触れるといまだに暖かさを保っていました。血液は凝固したままです。この残骸は試験のため再度保管します。

19██年7月4日: 12人の被験体の1人のどこかの残骸がSCP-004-CAS01と同じように出現しました。残骸はSCP-004-CAS02とします。SCP-004-CAS01 およびSCP-004-██を用いたCAS02の記録が提案されます。

1999年3月21日: ██年前の核兵器の大規模な拡散と第三次世界大戦にそなえ、 SCP-004-1内部に建築を開始しました。敷地には███████人日分の備蓄物資を保管することができます。

1999年4月21日: █████████████████はSCP-004-1内部の敷地をすべての移動可能なSCP-███の標本と全SCPのデータを記録する██ペタバイトのデータベースの非常時保管所に拡張するよう命令。施設はこれよりサイト62と呼称されます。

2000年9月25日: サイト62が稼働しました。研究所と収容ユニットは完全で、最も危険な個体を収容することも可能です。SCP データベースのバックアップも始まっています。

2001年1月25日: 時間の異常 (下記の「時空間異常」参照) により、サイト62で勤務するすべての職員が現在、永遠に施設内に居住することを余儀なくされています。職員の家族たちには愛する人は工場事故で亡くなったと知らせなければなりません。葬儀には複製した死体を用意しました。

2003年8月14日: 合衆国北東部からカナダにかけて大規模な停電が発生。SCP ジェネレータの初期不良により、サイト62はこの53分間の間、完全に光源が失われました。施設職員は非常な存在を察知することはできませんが、生物や人間の感知を報告しました。選抜された施設職員に████████████ (付録A) を読む許可を与え、感じられた生物は人型の大柄な緑色の生物だと述べました。

時空間異常

SCP-004 は時空間異常を伝播するようです。施設を出た職員は時間のロスを報告しました。施設に数週間滞在した者は数日しかそこにいなかったと主張し、勤務記録と物資の消費がそれを裏付けます。その他の時間異常はSCP-004-2から13により発生し、特にSCP-004-CAS01とSCP-004-CAS-02の再出現はSCP-004-██の使用から正確に██年後にあたります。████████████████████はこれらの時間異常をあらゆる側面から調査するよう割り当てられました。空間異常はSCP-004-7によって開放される空間のありえないほど大きな次元を含みます。同様に2003年の停電事件はサイト62の所在する空間に同時に別世界が存在することを示しています。

追記

SCP-004 に関する試験により、10の鍵はSCP-004-1を人類の住む次元とは物理法則や位相がはっきり異なる場所と接続することが明らかになりました。敵対的な条件に出くわした被験体は引き裂かれ、体の部位は異なる場所に投棄され、それらのうち3つだけが地球上にあることが確認されました。3つのうち2つは即座に出現し、3つめが出現したのは正確に██年後です。その他の7つは現在不明です。

現在、試験の目標は2つに絞られています。第1はSCP-004の敵対的な位相から帰還する方法を発見することであり、第2は[削除済み]がSCP-004-2から13はSCP-004-1以外の扉を開けられるかもしれないという仮説です。

付録A: SCP-004-12の精神衛生上の影響

SCP-004-12を使用したすべてのクラスD職員は硬直状態で帰還し、会話が不可能です。自身の目を引っかく程度の力が残っていることもあります。被験者16人のうち、4人だけが生存しています。長期の精神医学療法により、1人だけが言語を回復しました。彼は精神病医に、大柄な緑色の生物を見たと、そしてその生物は自身の視野に収まりきらないほど大きかったと話しました。彼は本能的な恐怖と突然の「彼自身の一番の恐怖に深く埋め込まれたかのような」感覚を訴え、「部分的な」記憶移植を要求しました。被験者は強い順行性記憶喪失を示していました。

付録B: 追加情報

アイテム番号: SCP-004-14

発見日時: 1950年9月2日

Origin of Object: 対象は廃工場内のどこか、未知の工場長のオフィスで発見されました。

説明: 対象は大きな、ニスを塗っていない木箱です。箱は「安全な」鍵であるSCP-004-7と「安全でない」5つの鍵 (SCP-004-1 の文書を参照) で解錠できるようです。

SCP-004-14をSCP-004-7で解錠したところ、箱は蝶番で自動的に開きました。箱の内部空間の容積は正確に外寸の5倍の大きさです。蓋を開けたままにしている間、内容物は箱の重量その他の影響を受けません。しかし蓋を閉め施錠したとき、すべての内容物は永遠に消え去ります。箱の内部で施錠された職員もまたそうなりましたが、このように消失した職員は、[削除済み]の体験する夢にはっきりと影響をもたらします。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。