SCP-005-FR
評価: 0+x
plante.jpg

発見時にエージェント・ウェランによって撮影されたSCP-005-FR。

アイテム番号: SCP-005-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-005-FRは現在サイト-██に収容されています。SCP-005-FRは紫外線ライトを備え付けた5m x 5m x 3mの室内に、オブジェクトが接地し通常通りに成育出来るように保管しなければなりません。部屋天井の通風口は常に最高出力で動作させ、日常的にそれを維持します。当オブジェクト用の焼却炉は常時稼働させねばならず、レベル1職員がそれを維持します。換気システムには停電時に自動的に作動する、5日分の自立式バッテリーを内蔵した補助発電機を取り付けます。

今に至るまで収容違反は一度も発生していませんが、あらゆる可能性に備えて、当オブジェクトの収容室およびサイト-██の通路内には、胞子の増殖を避けるための焼却システムを設置します。また実験時のいかなる生物的増殖をも回避するため、エアロックが設けられます。エアロック入り口に配置される2名の警備員は、ヒディアス博士の書状または許可無しに室内へのアクセスを試みた全ての人員の制止を担当し、必要であれば武力の行使も認められます。通風口や焼却炉の維持に携わる職員は必ずガスマスクを着用し、彼らに割り当てられた整備期間の限り、いかなる状況であれ取り外してはいけません。

オブジェクトの胞子を吸い込んだと疑われる全ての職員は、この植物による精神接続の可能性を排除するため、96時間隔離下に置かれます(補遺005-FR-01参照)。エアロック入り口の警備員らは常時ガスマスクを装着し、エアロックに通じる廊下に常駐します。

サイト-██は隔離用の施設を備えています。実験に使用するSCP-005-FRの小片はサイト-██の生物棟にて保管しなければなりません。

説明: SCP-005-FRは通例インドネシアの森で見られるような、Rafflesiaceae科に属するRafflesia arnoldiiの花で、その直径は125センチメートルとなっています。この植物のサンプルの分析が行われましたが、その組成には何ら異常な点は見られませんでした。
SCP-005-FRの胞子は"胸躍るよう"で"魅惑的な"と断じられるような臭いを放ち、この臭いは、半径100メートル圏内のあらゆる生物をオブジェクトの元へ向かわせる効果を有します。誘き寄せられた対象は、この植物の周囲50メートルから脱すると、痙攣や吐き気、嘔吐などの症状を呈することとなります。そうした対象の内の一部は、説明出来ないながらも、その臭いの本源を何としても見つけ出したくなったと証言しました。この植物の10メートル以内に立ち入った場合、"魅力"に当てられた被害者たちは深刻な幻覚および妄想を呈し始めます。そのような対象は、実在しないものや当該地域には物理的に存在えしないもの(動物や昆虫、怪物など)、あるいは既に存在しないもの(死没した近親者や死亡した人物、等々…)を目にするようになります。このSCP-005-FRのサブリミナル効果は、脳活動の活発化を引き起こすものと思われますが、そのような効果はレベルIII(coma carus)の昏睡によって終了します。SCP-005-FRの胞子を一定量吸引した被害者は、およそ48時間以内に死に至ります。このオブジェクトの被害者のうちの幾らかは、そうした期間が終わりを迎える前に目を覚まし、明晰な意識を保ちながら、オブジェクトの胞子の吸引にまつわる感覚を説明することが可能になります。今日なお理由は不明ながら、こうした人々は自分が近く死ぬという自覚を有しています。

当オブジェクトは2006年に、フランスの[データ削除]の森で、ハイキングコースから20メートル離れた地点で発見されました。当該地域ではハイカーのグループが複数失踪していたために、地元警察に潜入していたエージェントらが、この森におけるSCPオブジェクトの存在をいち早く疑いました(これらの失踪は相互に似通っており、常に同じ場所で、5人から成る集団が突然姿を消すものでした)。オブジェクトの回収はガスマスクを着用した先述のエージェントらによって行われました(005-FR-1探査記録参照)。発見後、この植物はサイト-██に移送されました。ハイカーらの失踪は公的には、当該地域では日常茶飯の出来事である野犬の群れの襲撃によるものとされました。

補遺005-FR-01: SCP-005-FRによる精神接続: オブジェクトの胞子を相当量吸引すると、当オブジェクトと被害者のうち一人の間に、精神的なリンクが成立するものと思われます。これによりSCP-005-FRは、対象となった被害者をその精神を介して"呼び出す"ことが可能になります。この植物との精神接続が成立した職員はいずれも、接続を断ち切るために、96時間の隔離および監視下に置かれます。オブジェクトが被害者の一人を"呼びつけた"場合、被害者は短時間意識を失ったのち、肉体および精神の掌握権を完全に喪失し、あらゆる手段を以てしてオブジェクトの元に向かおうとします(インシデント005-FR-1参照)。"呼び出された"被害者を制止する唯一の方法は対象に殴打を加えること、あるいは急を要する場合は、対象を射殺することです。隔離期間中に被害者がオブジェクトから呼び出しを受けることも考えられますが、そのような場合は取扱方005-FR-01-1を適用して下さい。

取扱方005-FR-01-1:
-隔離室から、いかなる刃物や鈍器も全て取り除くこと
-隔離室の扉は閉じた後に施錠すること。
-被害者が脱出しようと口にすることに一切耳を貸さないこと。また仮に被害者が落ち着いていると主張したり、傍目には落ち着いているように見えるとしても、いかなる状況であれ隔離期間が終わるまでは扉を開かないこと。

実験記録005-FR-1および2 + インシデント005-FR-1

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。