SCP-006-FR
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-006-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-006-FRはサイト-Alephの収容室内にあるSCP-006-01-FR内部に収容されています。3名のDクラス職員がSCP-006-01-FRに常在し、SCP-006-01-FRの入口にあるシャッターをSCP-006-FRが閉めることが決してないようにします。6名の武装した警備員がSCP-006-01-FRの外部に常駐している必要があります。SCP-006-FRと交渉する、またはSCP-006-01-FRに入る職員は須らくベジタリアンでなければなりません。

説明: SCP-006-FRはコーカソイド型の人型実体であり、身長1.87mで体重は常時112kg、唯一の使用言語はロシア語です。
SCP-006-FRは血の染みが着いたエプロンと肉屋然とした帽子、またその下にはチェック柄のシャツおよびベージュのキャンバス地のズボンを着用しています。98%のケースでSCP-006-FRは調理器具(ナイフや肉切り包丁)を携帯しており、それらをベルトに挟んでいます。生物に対して物理的に攻撃を加えることは極めて稀ながら、SCP-006-FRは恰幅のいい人間をさえ5倍も上回る腕力を持ち、また極めて優れた負傷への耐性を有します。SCP-006-FRは精肉屋の外見を有しており、SCP-006-01-FRを瞬間的に移動させたり、SCP-006-01-FR内に存在するあらゆる精肉店の用具を自身の手元に転移させることが出来ます。

SCP-006-01-FRは典型的な精肉店であり、床面は5m x 10mの長方形、高さは2.75mです。この店は二つの部屋から成っており、最初の部屋は5m x 7m、店舗に入ってすぐの場所に存在し、典型的な肉屋のカウンターを備えています。保管庫は寸法5m x 3mで、こちらの部屋に通ずる扉はカウンターの背後に位置しています。
SCP-006-01-FRは、それが出現する場所に慣れ親しんだ人々を含め、当該事象を観測した人間に違和感を与えることもなく、他の二つの店舗の間に出現することが可能です。

SCP-006-01-FRの最初の出現は40年代にまで遡るものの、移動する前に精肉店の位置が特定された1996年にようやく収容が為されました。
回収部隊が派遣され、周囲にある建造物を破壊したのち、SCP-006-01-FRは類を見ない規模の輸送隊により牽引されて、サイト-Alephに運び込まれました。各移動先の選択は完全にランダムであるかに見えるものの、移動先が人口密集地域であることが条件となっています。SCP-006-01-FRの移動時に確認された最大距離は█████kmです。

SCP-006-FRは、入口を封鎖しているシャッターを閉めた場合のみ、SCP-006-01-FRを転移させることが可能です。一方でシャッターが開いている場合には、実体はSCP-006-01-FRを移動させることが出来ません。SCP-006-FRは店内で攻撃を受けた場合に限り、SCP-006-01-FRの外部にも姿を現します。この時SCP-006-FRは攻撃者らを、彼らが死ぬか、あるいはSCP-006-01-FRから150m以上離れるまで追跡します。実体はその後、SCP-006-01-FRの保管庫内に転移します。

ただし、ある程度の怪我を負った場合は、SCP-006-FRは追跡を取り止めてSCP-006-01-FRの保管庫内に転移し、その場所で一日不活性状態に留まります。これによって全ての負傷を十分に回復させることが可能だと考えられ、その傷が深刻なものであっても同様です。この時はベジタリアンでない人間でさえ、SCP-006-FRを活性段階に移行させることは出来ません。

ベジタリアンがSCP-006-01-FRに入った場合、実体は不活性段階のままで特別なことは何も発生しません。ただしベジタリアンでない人間がSCP-006-01-FRに入ると、SCP-006-FRは活性状態に移行します。SCP-006-FRは不活性状態のあいだ立てこもっている保管庫から出て、SCP-006-01-FRに入ってきた人間に影響を及ぼします。この人間は、自身が好む肉の部位を自ずからSCP-006-FRに要求します。SCP-006-FRはその後、SCP-006-01-FRの保管庫へと足を運び、保管庫の扉を開いて小袋を一つ取り出します。小袋には被験者の要求した物品が入っていますが、ただしこれは未知の手段によって、要求された部位に相当する肉をSCP-006-FRが被験者から取り去って、小袋の中に封入したものとなっています。この採取によって引き起こされる被害が致死的なものであったとしても、被験者は生存し、一番最後に自宅と見なした場所まで帰還します。これはSCP-006-FRの処置により移動能力に影響が出ている場合でも同様です("豚の足"を要求したDクラス達は、両脚のない状態で収容房まで這い進んだのが観察されています)。一旦その場所に帰り着くと、被験者らは肉片を食したのち死亡します。取引が終了し、かつ別の被験者がSCP-006-01-FRに一人も入って来なかった場合、SCP-006-FRは不活性段階に入り、保管庫内に閉じ籠ります。

被験者らが実体の影響下にある間に撮影された脳造影図は、SCP-006-FRとの接触によって、意思決定を司る脳の領域が重篤な影響を受けていることを示し、場合によっては、被験者の状態はロボトミー手術の患者のそれに近いものとなっていました。██████博士の主導する研究チームが現在、SCP-006-FRは被験者を制御するために特殊な電波を使用しているのか、あるいはその能力は純粋に精神的なものであるのかについて研究を進めています。最初の理論はSCP-006-FRに脳造影図法を受けさせることが不可能であるため論証することが困難ですが、しかしながら、こうした考えは未だ完全には放棄されていません。

ベジタリアンの職員を使用して保管庫の扉をこじ開ける、更には損傷を与える試みさえも全て失敗という結果に終わりました。SCP-006-FRが活性状態にある間に保管庫に入る試みはことごとく失敗に終わり、またこの行為が実体の怒りを買ったことで、その時SCP-006-01-FRの中にいた全ての職員が殺害されました : インシデント01-006を参照して下さい。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。