SCP-006-KO
評価: 0+x
IMAG0526-1.jpg

F███・█████ホテルで発見されたSCP-006-KOの犠牲者

アイテム番号: SCP-006-KO

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-006-KOは、3.5m×3.5mの収容室内で保管されなければなりません。研究責任者の許可無しにSCP-006-KOを使用する実験は禁止されます。ベッドに直接横になりさえしなければ何の被害も起こらないため、特別な監視は必要としません。SCP-006-KOは、15m×15mの収容室内で保管されなければなりません。SCP-006-KOを使用する実験は禁止されています。M███████博士の事例(事件記録006-KO-B参照)を介して、SCP-006-KOの半径10m以内に一定時間以上連続して存在していた人物が主に使用していたベッドは、SCP-006-KO-Xに変化するという事実が発見されました。SCP-006-KO-Xは、オリジナルと同じ伝染性を持っていますが、破壊することが可能なのでできるだけ速やかに破壊しなければなりません。

説明: SCP-006-KOは、アメリカ合衆国フィラデルフィアのF███・█████ホテルで発見されました。そのホテルで数百人が窒息死したことがマスコミによって報道される予定でしたが、エージェント・K███████によって中止させられています。このオブジェクトは、財団が収容する1つの実例を除いて全てが破壊されています。

SCP-006-KOは全部で3つの要素によって構成されます。SCP-006-KO-1は平凡な2人用ベッドで、SCP-006-KO-2は厚い掛け布団、SCP-006-KO-3は人間の頭より少し大きなクッションです。

人間がSCP-006-KO-1の半径3m以内に入ると、自分の意思とは関係なくベッドの上で横になります。これは他の人物によって阻止することが可能です。

人間がSCP-006-KO-1の上で横になると、SCP-006-KO-2はその人物の上に乗って体を強く圧迫します。非常に強い圧力により、肋骨が2~3本程度骨折する場合があります。

人間がSCP-006-KO-2によって首まで覆われた後、SCP-006-KO-3が動き出します。これは秒速3cmの速度で動き、顔の上に近付いてくると鼻と口を塞いだ後、ゆっくりと圧迫を開始します。SCP-006-KO-3は人間が窒息死した後も3時間以上圧迫を継続し、以降は再び元の位置に戻ります。

SCP-006-KOは無生物や人間以外の生命体には何の効果も示さないことが判明しています。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。