SCP-007
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-007

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-007は1辺10メートル以上の密閉された部屋に封じ込めなければならなりません。███████████████(以下、被験者と呼ぶ)が要求するあらゆるものを備えた――安全管理に問題を起こさない物に限定して――部屋をリビングルームのような快適なインテリアにするべきです。しかし被験者は、部屋を出ることを許されるべきではないし、必要に応じて力で拘束されるべきでしょう。

説明: SCP-007は被験者の腹部に位置しています。被験者は白人男性、身体的な年齢は約25歳(被験者本人は28歳と主張)で身長は175cmです。被験者がSCP-007で苦痛を受けているように見えませんが、被験者の腹部(筋肉、皮膚、臓器)のほとんどは存在していません。その中には通常の肉体組織の代わりに、土および水からなる球体SCP-007が存在しています。(これは被験者の身体に一切接触していません) 球は直径約60センチで、それは地球のミニチュアとも呼べるほど多くの点でそれと一致していますが、大陸の配置は現時点で知られている地球史上のいかなる大陸位置とも一致していません。SCP-007は独自の気象パターンとごくわずかな重力を持っていることに加えて、現代の地球のものに似た微生物がそこに生息しています。そのどちらかと接触し、交信することまでには至っていないものの2種類の知的生命体が観察されています。彼らの技術水準に関して少なくとも週に一度は確認しなければなりません。██/████時点では15世紀の地球のそれとほぼ等しいレベルに達していることが記録されています。

被験者は███████████████と名付けられるように要求しましたが、そのような人物は記録に残されてはいません。被験者は食品や水を必要とせず、彼が監視下でそれらを飲み込んだとき、それらの物質に何が起きたのかは判明していません。被験者は知的(IQは128と測定)かつ和やかで、腹部の惑星のことを、ちょっと変わった身体的特徴に過ぎないものとしか見なしていないようです。被験者は彼の異常な状態についてのストレスを感じていないように思われます。SCP-007の起源について質問されたとき被験者は「ある日ベッドで目覚めたとき、それはそこにありました。どうしてそこにあるのか私は説明できる見解を持っていません」と答えました。被験者は社会保障番号や運転免許証番号を示し記録と照合することを要求しましたが、照会するとそれはまだ割り当てられていない番号であったことが判明しています。

███████博士は被験者のメンタルヘルスを診断するときに毎週チェスゲームを行なっています。被験者はネット接続のできるコンピュータを繰り返し要求しているにも関わらず、逃亡を試みたり、暴力、精神病のサインをまだ見せていないことから、彼が制限された生活環境を気にしていないように見えると███████博士は報告しています。ここからコンピュータに関しては安全管理を侵害するために使用できない形で提供されることを勧めます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。