SCP-009
評価: +3+x
SCP-009.jpg
最初に回収された時のSCP-009

アイテム番号: SCP-009

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 対象は少なくとも容積14m3の耐熱合金製格納タンクに封をして収容しなければなりません。

SCP-009が0°Cを越える温度に曝されるような状況は試験中でもなければあってはいけませんし、また、日常環境下では液相の物質が固相にあるもの(とくに凍った水)は対象の収容エリアから30m以内にあってはなりません。対象の格納室には温度計を取りつけ常に監視し、少なくとも三重に冗長化した冷却ユニットで冷蔵します。センサーや冷却システムの不調は全て即座に報告し修理してください。

いかなる時でも収容エリアの温度が-5°Cを上回ることがあったら、格納室を即座に閉鎖し、それから冷却材の注入を温度が-30°Cから-25°Cの間に戻るまで続けてください。職員が中にいる場合には必ず収容エリアから空気を抜いてください。また、水蒸気はすべて濾過されなくてはなりません。ここで詳述したのと同じコンディションを少なくとも24時間保ってください。SCP-009の特性を示す気化物は可及的速やかに隔離し収容エリアに戻してください。

対象の調査あるいは観察をする全ての職員は耐環境スーツを着用しなければいけません。全ての職員は格納室を出るときに全ての装備、研究資料、その他SCP-009の格納室に持ち込んだ物体について、脱水を受けなければなりません。汚染が発見された際には物質であれ職員であれどれも外に出すことは認められず、収容エリアのレベル2閉鎖を開始することになります。どうしても必要なケースでは決死部隊の編成を是認しますが、しかし全ての保安部隊はターゲットから可能なかぎり遠くに留まることが強く推奨されます。これはSCP-009に汚染された流体と接触する可能性を最小限にするためにです。

説明: SCP-009はおよそ3,700リットルの物体であり、幾つかのユニークな特性を見せます。その物体は少量では、どの相でも、通常の水と同様に無色ですが、ひとまとめにすると一目でわかるくらいに深く赤い色みを帯びます。

しかしながら、そのもっとも特筆すべき特性は、相転移点でのSCP-009の反応が普通のH2Oと正反対だという事実です。その物体は-100°Cから0°Cの温度で液相をとり、それ以上の温度で固相に転移します。100°C以下ではSCP-009は水蒸気と似た気相へと気化しますが、高圧下では赤く発色したままになります。

SCP-009の原子構造について検査したものの解明には至りませんでした。試験結果の示すところでは対象は普通の水と同じ水素と酸素の組み合わせで構成されており、研究者にしてみれば対象の特異性は原子そのものに由来するのかもしれないと仮説を立てるくらいしかできません。██████博士の示唆によれば、対象は物理法則が反転した別の現実に由来するか、あるいはそれに変容させられたりしたのかもしれない、とのことです。

そう考えることにも、SCP-009の際立った能力である、自然の水を『同化』する能力を考慮するなら理があるかもしれません。任意の水溶液(氷なり塩水なり大気中の水蒸気なりでもいいですが)と物理的接触状態に置かれると、SCP-009は『展開』し上述溶液中のH2Oを汚染し、その結果対象の特性が発揮されることになります。この性能はどの相でもあるものですが、観察されたところによればもっとも進行が遅い(それ故もっとも収容しやすい)のは液相でになります。

対象が生物熱源との接触に至ったら、反応が暴走し始め、生体組織内の体液は速やかにSCP-009に変換され、体温で即座に氷結します(一般に深部体温が高いため、哺乳類はことに影響を受けやすくなります)。SCP-009は氷結時に熱を(自然の氷が溶融時に熱を吸収するのと同じ割合で)生み出すので、このプロセスは自発的に進行し、変換できる水分をすべて変換しきるか、外部からの干渉で停止させられるまで続きます。

Dクラス職員に対する実験の結果により対象が変換を行なうプロセスをうまく説明できます。これはいくつかの段階にまとめられます。

1. 初期被曝:被験者をSCP-009に曝すと、まず被曝表面(普通は皮膚)に存在する水がSCP-009の特性を示すものに変換され始めます。霞、霧、雪あるいはなんであれ固相あるいは気相の水が存在したなら、このプロセスは大いに加速します。

2. 表層変換:被曝領域に薄い霜の層が形成されますが、これは体温およびSCP-009の温度が氷点以上に上昇したことにより生み出された熱によります。この段階の進行には五分から一時間の間の任意の時間を要しますが、かかる時間は犠牲者の体温によります。この時点で、表皮の最初の層まで氷結は進行し始め、すぐに生細胞に到達します。

3. 深部組織変換:SCP-009の温度が指数的に増加する結果、被害者の体中に結晶が展開し、広範囲に及ぶ細胞内部構造への穿孔が結果します。穿孔傷を結晶が埋めてしまうので正味の失血量はこの時点では最小限に留まり、最大で██時間まで被験者は生存し意識を保ちます。

4. [データ削除済]

5. 死亡:結晶化の浸透による多臓器不全と失血によります。

Dクラス職員に対する試験は20██/4/23以降中断しています。

補遺: 回収状況: 対象はアラスカ州████にて11/05/19██に発見されました。財団は原住民の████族から報告を得たのち関与を開始しました。報告者はずたずたの死体になったアザラシ狩猟者の一団と出くわしたのですが、 みたところ彼らは村から██キロメートルのところで難破したようだったそうです。

犠牲者は全員赤い氷の中に閉じ込められた状態で発見されました。死因は最初の出血と記録されました。顔にそれほど損傷がない犠牲者には、混乱と激痛の表情が観察されました。推測するに、そのエリアは気温が低かったから氷結プロセスは遅くなったものと思われます。そうだとすれば変換しおおせるまでの時間は██時間に長引き、[データ削除済]までの間、犠牲者は意識を保ちます。

補遺: 20██/12/16

追って通知があるまでは、実験目的でSCP-009を過冷却することは認められていません。液化窒素だけを、調整された量の対象に対し、許容可能なレベルの温度に達するまでは使用してもよいとします。

関連注釈: SCP-009が常温核融合の研究に応用しうる可能性については評価審議中。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。