SCP-014-IT
評価: -2+x
SCPITA014.jpg

SCP-014-IT

アイテム番号: SCP-014-IT

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-014-ITは現在、財団イタリア支部理事が管理する書庫3番棚の左から6番目に保管されています。この書物は、気密シートで保護された設備で閉鎖状態にし、重大事故を防ぐため耐火材料で覆われます。

理事はSCP-014-ITへの独断的な交渉を保留します: 全財団職員は書物との交渉を実行することは即時解雇等の処罰対象となります。

説明: SCP-014-ITはタイトルが記されていない赤色の硬いカバーで包装された、状態の良い「神曲」の複製物の書物です。本の最初のページには、「コピーナンバー 33」という記述があり、次のページには[編集済]世紀のインクで手書きされたように見える「公衆に広めるな」という記述があります。これらのページには、他になにか書かれた痕跡等は見つかりませんでした。

分析の結果、SCP-014-ITは「神曲」であると思われますが、「パラダイス」の本でXXXIIおよびXXXIIIのオペラ歌詞の間に位置し、もう一つの手を提示している事が判明しました。曲には余分なタイトルはなく、ダンテの「空に懸濁」の旅を[データ削除済]と表しています。この曲では、空に住む生き物は詩人の説明に宿ると記述しており、研究者は財団イタリア支部によって収集されたオブジェクトの一部が完全に一致しているように見られます。曲では、正確に[編集済]の要素も記述されています。このような記述は実際にイタリアの土壌や国際的にも存在すると考えることも可能です。以下は、追加の曲で指定されたオブジェクトの一覧です。

1) [データ削除済]
2) SCP-007-IT;
3) 「不定形生物」、及び [データ削除済]
4) SCP-003-ITの複数例のうちの可能性がある「男性が吐き出す光球」。これが正しいと証明された場合、財団は「地球」のコピーが幾つか存在することが分かりますが、とりわけその多くは全てではないにしても、[データ削除済]
5) [データ削除済]

[データ削除済]

財団の言語学者は、詩の書き方がダンテそのものであると供述し、及びページ上の日付がその神曲の出版日と一致することが(驚くべきことに)確認されました。

しかしながら、仮説の精巧な再現は検討されていますが、この書物を取り巻く潜んでいる謎を解決するには充分ではありません。

補遺-014-1: 用語の検索
SCP-014-ITはエージェント・[編集済]が所有していた事により、財団は程なくして追加の編の存在を認知しました。理事自身がエージェントに行った質問の答によると、新しいアパートへ引っ越した時にクローゼットに落ちていた本として見つけたものだと主張しています。

編集者による注釈:
この本は非常に重要なものです。確かに間違いなく、財団イタリア支部の転換点となることでしょう: 我々は今、絶対的な精度で、捜索対象がどんな存在であるかを理解しています。しかしながら、これは喜ばれるものではありません。

そうであるにも関わらず、私は未だ多くの疑問を持っています。これらの存在はどこにあるのですか?本当にどこからやって来たのですか?それらは本当に全てが同一の場所からやって来ているのでしょうか、あるいは単純にダンテが考えた物語の筋書きに彼等の記述を置くことで、我々の生活を単純化出来ると結論づけたのでしょうか?

しかし何よりも: ダンテはこれらの存在をどのようにして知っていたのでしょうか?

そして、例え彼がこの「失われた歌」を作曲していないとしても、それでも疑問に思うでしょう: 誰が作者にこの情報を与えたのでしょうか?

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。