SCP-014-JP-EX
評価: +102+x

アイテム番号: SCP-014-JP-EX

オブジェクトクラス: Explained

特別収容プロトコル: P-D/U-漂着イベント1担当者は、SCP-014-JP-EXを確認した場合は警視庁公安部特事課に対処を依頼してください。、SCP-014-JP-EX及びSCP-014-JP-αに関する情報2については公安部特事課との協定により定期的に情報交換が実施されます。

SCP-014-JP-EXはその詳細が判明する以前はP-D/U-漂着イベントにおける"漂着者"と同一の取り扱いがなされていました。そのため以前の収容プロトコルもP-D/U-漂着イベント対処・収容プロトコルと同一です。

説明: SCP-014-JP-EXはP-D/U漂着イベントにおける、別世界からの"漂着者"と酷似した状況にある非異常性オブジェクトを指します。当初発見されたSCP-014-JP-EX-1は当初"漂着者"として調査が実施されました。しかしSCP-014-JP-EX-1が特殊な状況において養育されたことが発覚し、その養育者(以下SCP-014-JP-EX-A)についても事実確認のため財団と公安部特事課との共同調査がなされ、異常性が存在しないことを確認されました。調査の結果類似の事案の発生が予想されたこと、及びその状況の特殊さから当該案件についてExplained指定が成されました。SCP-014-JP-EXは異常性が存在しないため、財団においては当該案件の対処は行わず、外部団体である警視庁公安部特事課に調査を依頼しています。SCP-014-JP-EX-Aに類する個人、あるいは団体については201█年現在、警視庁公安部特事課が主体となり、財団は捜査と情報収集に協力する形で調査が行われています。その発端と考えられる人物(SCP-014-JP-EX-α)について異常性が示唆された場合は財団主導での調査が実施される予定であるため、財団において当該報告書を保管、保全しています。なお、P-D/U-漂着イベントへの対処に支障を来さないためにSCP-014-JP-EXの存在は公にはされず、当人の処遇や養育者の処罰については公安部特事課に処理を依頼しています。201█年現在SCP-014-JP-EXは計4例発見されています。

SCP-014-JP-EXのオブジェクト振り分けの経緯を以下に述べます。

SCP-014-JP-EX-1は10代とみられるコーカソイド系の女児です。200█年「東京都の路上にて身元不明で国籍不明のコスプレイヤーと思しき女児が発見された」との情報に興味を抱いた財団エージェントがSCP-014-JP-EX-1に接触し、調査を実施しました。発見時SCP-014-JP-EX-1は時折ドイツ語が入り混じった意味不明の言語を話していたため、当初統合失調症等の精神疾患の疑いを持たれましたが、着用している衣服及び所持していた杖3がいずれも非常に精巧に作られていたことを不審に感じた財団エージェントにより一時的に収容されました。財団において言語を用いない精神鑑定を行ったところ精神疾患や虚言の兆候はみられませんでした。SCP-014-JP-EX-1が発する言語の解析は難航しましたが、最終的にはエスペラント語の文法をベースとして十数ヵ国の言語に用いられる単語を組み合わせた言語を用いていることが判明しました。なお、各単語の意味については元となった言語と異なる場合が存在し、SCP-014-JP-EX-1はその差異については認識していなかったことが判明しています。

以下のインタビューログは解析した言語を自動翻訳していますが、実際の意味と異なるとみられる文章については原文そのままを記載しています。

インタビューの中でSCP-014-JP-EX-1が魔法を使用できるということを供述したため、異常性確認のための実験が行われました。

インタビューの後SCP-014-JP-EX-1の脳活動を精査した結果、SCP-014-JP-EX-1に記憶の改竄や虚偽の発現をしている形跡はなく、SCP-014-JP-EX-1の発言は全て事実であったと考えられます。
インタビューを受けて、SCP-014-JP-EX-Aについての調査が実施されました。この際、異常性物品が関与している可能性が高くないと見積もられため、警視庁公安部特事課と合同で捜査が実施されました。6

共同捜査の結果、██県の廃遊園地跡とされていた土地においてSCP-014-JP-EX-1の供述に合致した施設が発見されました。カント計測器を含む計測機器により現実性改変の可能性について調査が行われましたが、いかなる現実改変の痕跡も見受けられませんでした。また、SCP-014-JP-EX-1が魔法の練習場所としていた箇所を調査したところ特撮に用いられる火炎の発射機構が発見されました。さらに、廃遊園地の存在していた土地の持ち主の調査を行ったところ、SCP-014-JP-EX-1の養育者(SCP-014-JP-EX-A)とみられる人物の存在が浮上しました。SCP-014-JP-EX-Aは資産家として知られています。警視庁公安部特事課によって身柄を拘束し、尋問を実施しました。

SCP-014-JP-EX-A及びその使用人に対して記憶の照会と家宅調査を実施した結果、異常性物品は発見されませんでした。また、P-D/U-漂着イベントの存在を認識していた可能性についても調査が行われましたが、SCP-014-JP-EX-Aは存在を認識していないことが判明しました。

以後のSCP-014-JP-Aの処遇については財団と公安部特事課とで協議が実施されました。当初法律に則って処罰、処分を実施する予定でしたが、当該事象を公にした場合、P-D/U-漂着イベントへの対処に支障が生じる可能性が財団から指摘されました。また同時に公安部特事課においても、事件発覚に伴い飼育された人間が処分される可能性が否定できないと指摘されたことから当該案件については公安部特事課において秘密裏に処分されることが決定しました。SCP-014-JP-EX-Aのその後の処分については添付文書"公安部特事課秘匿案件014-001"を参照して下さい。

SCP-014-JP-EX-Aの供述からSCP-014-JP-EXを引き起こしている人物が他にも存在することが明らかとなり、同時に異常性が発見される可能性が低いと判断されたためSCP-014-JP-EXはExplainedオブジェクトに振り分けられ、以後の主な捜査を警視庁公安部特事課に委託しています。なお、発見された被害者に対しては公安部特事課の所管となり、現実復帰プロトコルを適用して社会復帰を促しています。20██年現在発覚しているSCP-014-JP-EXは以下の通りです。

オブジェクトナンバー 発見時の状態 その後の動向
SCP-014-JP-EX-1 10代前半の女児。 前述した通りドレスを着用し儀仗を所持した状態で東京都██区にて発見。養育者確保済み。 財団施設にて保護。SCP-014-JP-EX-Aが確保されるまで財団施設で養育、現実復帰プロトコルの実施後財団職員として雇用され、201█年現在フィールドエージェントとして勤務中。
SCP-014-JP-EX-2 10代前半の男児。青銅製の鎧を着用し、青銅製の西洋剣を所持した状態で東京都██区にて発見。養育者確保済み。 現実復帰プロトコルを実施。後に里親に引き取られたとのこと。
SCP-014-JP-EX-3 10代前半の女児。 顔を含む全身に呪術的な紋様の入れ墨が施された状態で埼玉県██市にて発見。紋様に呪術的意味は確認できず。養育者確保済み。 現実復帰プロトコル及び入れ墨の除去手術を実施、後に里親に引き取られたとのこと。
SCP-014-JP-EX-4 10代後半の男性。 長野県██市の資産家を家宅捜索し発見。養育者の供述ではサイコキネシスを持つ超能力者として育てたとのこと。本人に異常性は確認できず。養育者確保済み。 警察病院にて療養中。

補遺: 最初にSCP-014-JP-EXの実施を教唆した人物(SCP-014-JP-EX-α)については、日本において年間100件程度発生しているP-D/U-漂流イベントの存在を把握していた可能性が否定できないことから、財団でも公安部特事課の捜査情報についてその蓄積と整理を実施しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。