SCP-018-DE
評価: 0+x
Genehmigung.jpg

SCP-018-DE1

アイテム番号: SCP-018-DE

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-018-DEはクラス4の警報付ロッカーに保管されます。当該ロッカーは気密性であり、無認可アクセスに対する予防策として、強毒性かつマスク透過性の保安ガスG/232SFD-Eが満たされています。ガスは認可されたアクセスの際には排出されます。SCP-018-DEがある部屋への入室にはO5-4の承認が必要となります。この部屋はマイク無しのビデオカメラを介して、読唇術や手話の知識を持たない2名の非武装警備員によって個別に監視下に置かれます。警備員はSCP-018-DEの内容や影響について知らない状態でなければいけません。無認可のアクセスを検出した場合、警備員はガスG/232SDF-Eをロッカーのある部屋に放出します。SCP-018-DEを所持している無認可の職員は、事前に接触すること無く即座に終了します。SCP-018-DEは遠隔操作のロボットでのみ輸送が可能です。

SCP-018-DEの無認可の使用は、如何なる手段を用いても阻止されねばなりません。

説明: SCP-018-DEは、ハサミでDIN A5フォーマットとほぼ同じ大きさに切り取られた1枚の紙です。所持者が“これを行っても宜しい”ことを宣言するドイツ語の文章が印刷されています。署名は判読不能です。当該オブジェクトにはその作成者や原点に関する証拠が含まれておらず、裏面は白紙です。

SCP-018-DEを所持している人物が何らかの行為を正当化するよう求められた/犯罪を犯している現場を抑えられた際にSCP-018-DEを提示すると、4m以内にいる全ての人物は、SCP-018-DEの所有者には当該行為を行う権限が与えられているという確信を抱きます。この効果は、無線・メディア・影響者の発言などを通してSCP-018-DEの内容を提示から10分以内に把握した人物にも発生します。SCP-018-DEの効果は永久的であり、記憶処理薬を投与しなければ回復しません。影響者は影響されていない人物に対象行為を正当化しようと試み、自分の生命や致死的武力を用いてでも犯人を保護しようとします。SCP-018-DEの所有者を保護することへの衝動は、法執行機関・メディア・一般民衆からの反発度とともに上昇します。

もしSCP-018-DEが盗まれる/紛失されると、所持者によって及ぼされた全人物への影響は48時間以内に消失し、彼らは旧所持者および彼ら自身が犯した犯罪の重大さを正しく認識します。 旧所有者がSCP-018-DEの所有権を取り戻した場合、改めて使用することが可能となります。48時間が経過する前に取り戻せば、その影響は途切れずに持続します。SCP-018-DEを自発的に他者へ譲渡した場合も、以前の影響力はそのままです。SCP-018-DEを入手した人物は即座にその主要効果を認識し、対象を使用したいという衝動を覚えます。

補遺-1: 以下は、SCP-018-DEを使用した複数の人物による犯罪およびセキュリティ違反のリストです。

  • 1,000ユーロ以下の商品の窃盗、247件
  • 1,000~100,000ユーロ相当の商品の窃盗、12件
  • 被害総額4,000,000ユーロ相当の銀行強盗、2件
  • スポーツジムの女性用更衣室への無許可入室、7件
  • 強姦、1件
  • 非財団職員の殺害、3件
  • ドイツの財団施設からの異常オブジェクトの窃盗、4件
  • SCP-███-DEの解放 (無力化)
  • SCP-███-DEの窃盗 (回収)
  • 財団ネットワークのデータ 8TBの漏洩 (無力化)
  • O5-█の殺害
  • [データ削除済]

補遺-2:

018-DEが良からぬ者の手に落ちた場合に呈示される危険性を根拠に、当該オブジェクトの無力化を申請します。真面目な話、これはただの紙切れに過ぎないことが十分に証明されています。つまり燃えます。分かっていますとも ― 確保・収容・保護。ですが、こいつは既に1人のO5という犠牲を我々に払わせました。他に何人が死なねばならないというのですか? — シュワブ博士

代わりに、SCP-018-DEを我々の目的に利用するというのはどうでしょうかね? GOC、法執行機関、政治家、その他全ての厄介者は全て問題ではなくなるでしょう。ただ信頼に値する人物と、緊急時のフェイルセーフ計画が必要なだけです。 — ブルーネンベルグ博士

シュワブ博士の動議はこれを以て却下する! 特別収容プロトコルは十分なものであるし、燃えるからと言って破壊可能とは限らない。破壊しようとする度に強大になるSCP-682のことを考えてみてほしい、プロジェクト主任の君もそんな事態を望んではいるまい。だからこそ我々は最大級の緊急事態でしかオブジェクトを無力化しないのだ。訊かれる前に答えておくが、そう、指定はEuclidに留まる。ブルーネンベルグ博士の提言は現時点では検討されていないが、この選択肢のドアは開けたままにしておこう。 — O5-4

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。