SCP-019-JP
評価: +108+x
ボノボ.jpg

現在のSCP-019-JP。

アイテム番号: SCP-019-JP

オブジェクトクラス: Keter Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-019-JPはサイト-8169にある大型動物収容房で飼育されます。室内には隠しカメラが設置され、常に監視役が映像を監視し、現実改変能力の行使があった場合直ちに報告が為されます。1日に2回、果実を中心とした類人猿用の餌を給餌して下さい。SCP-019-JPのストレスを軽減するため、適切な遊具と植物を設置し、3日に1回房内を掃除して下さい。

説明:

SCP-███-JPは典型的な堕落した現実改変能力者です。彼は自分のことを救世主であると自称していますが、実際のところ彼は現実改変能力を悪用した数多くの窃盗、暴行、殺人、強姦、[削除済]を行っていたことが確認されています。そのことを指摘された場合SCP-███-JPは激しい癇癪を起こします。SCP-███-JPはIQ300を自称しますが言動・行動から割り出されたIQは平均以下の数値を表しており、またその反社会性故に彼の精神活動は極めて貧困です。SCP-███-JPは█████████教会で、結婚式を行っていた財団職員を含む██人に対して現実改変能力による以下の様な行為を行ったことにより財団に捕縛されました。

  • 新生児を含む男女18人の殺害。財団職員2人を含む。
  • 7歳から32歳までの女性4人への強姦。
  • 現場に到着した警官█人の殺害。

財団の対現実改変能力部隊が到着した時点で、SCP-JPはこれらの行動の証拠隠滅を現実改変能力により行っていました。これ以前に彼が行った類似の犯罪は彼が自称する限り1█件起こっています。
この捕縛について、SCP-███-JPは「財団に協力してやるために捕まってやっている」と主張しており、またいくつかのSCPの脱走事案の際に能力を行使することで脱走の妨害などを行いましたが、その後に必ず財団に対して「自分のパワーで手伝いをしたのだから要求を聞け」と主張し、聞き入られないと職員に対して攻撃を行う――ということを繰り返しています。

対象: SCP-███-JP
インタビュアー:███████博士
<録音開始, ████/██/██>

SCP-███-JP:せっかく捕まってあげてるのに、退屈で仕方ないよ。ねえ博士、ちょっとさあ、財団の特殊部隊で僕を使ってみてよ。

███████博士:こんにちはSCP-███-JP。その質問に対する回答は否です。あなたの行動を鑑みてください。

SCP-███-JP:へっ。僕の行動のどこに法律違反があるんだ? んー? 超能力で殺人を行ったことを法的に立証できるのかい? ああん? 言っとくけどさ、僕が能力を使った相手はみんなこう言ってるんだよ、「殺してください」、「突っ込んでください」(SCP-███-JPは女性のものと思われる声真似をした)とかね。あはは、合意なんだよ、ぜーんぶ。

███████博士:なるほど。ところで、あなたはどうやってその能力を手に入れたのですか?

SCP-███-JP:んー、さぁ? ある朝起きたら突然超能力が手に入ったんだよ。アメコミみたいじゃないか! きっとこれは神様かなんかがさ、「お前はこれを使って好きなことをしていい」ってくれたんだよ。ラノベとか漫画でもあるじゃん、スーパーパワーを手に入れた主人公が暴れまくるって。で、そういうキャラはどんだけ暴れても許されるでしょ? だから僕も許されるわけよ。こんなパワーを貰ったんだから、有効活用しなきゃ! だから僕も特殊部隊に入れてよ、ほら!

███████博士:そうですか。検討させていただきます。

<録音終了, ████/██/██>

終了報告書: SCP-███-JPは典型的な誇大妄想を抱えており、またその性質上危険この上ありません。あれの頭がかなり悪いことを鑑みてもなお、研究対象として不適切でしょう。終了処分を要請します。 - ███████博士

SCP-███-JPを保護することに対して得られる利益が極めて少ないことから、現在対象の終了が計画されています。

以上はSCP-███-JPとして分類されていた、SCP-019-JPが現在の形に変化する前の存在に関するレポートです。SCP-019-JPはボノボ(Pan paniscus)の個体です。SCP-███-JPは終了処分のさい、頸部を半ば切断されました。SCP-███-JPは現実改変能力を使用し、近くに存在した実験動物の檻に入っていたボノボと、自分の首を入れ替えることで生存を図りました。その結果SCP-███-JPは即座に死亡し、現実改変能力を持った、ボノボの首から上とSCP-███-JPの首から下を持ったSCP-019-JPが誕生しました。SCP-019-JPが最初にやったことは現実改変能力によって、自分の首から下を自分のものに変化させることでした。それ以降現実改変能力の行使が見られていないことから、現実改変能力の源はSCP-███-JPの首から下だったのだろうと考えられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。