SCP-022
評価: +3+x
SCP-022.jpg
防犯カメラを通してみたSCP-022の映像

アイテム番号: SCP-022

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 金庫扉がSCP-022を封印するため事件022-827の後に取り付けられました。常に施錠しておきますが、SCP-022-1の個体が出現した場合は例外とします。本来のSCP-022へのドアは事件022-827発生中に破壊されましたが、これは場所を変えようとする試みが失敗に終わったからです。防犯カメラがSCP-022-1の個体を監視するために設置してあります。

SCP-022-1の個体が出現した場合には、それがSCP-022を離れようとした瞬間に自動システムが焼却することになっています。この時点で清掃員を中に入らせるために金庫扉を開錠しても構いません。仮に自動システムがSCP-022-1の個体を破壊するのに失敗した場合には、対応部隊は入室しそれを無害化することを許可されます。いかなる状況下でも生きている人間は誰もSCP-022の中に入ってはいけません、ただしクラス4職員が試験目的で指令を出した場合は例外とします。また、クラス4職員はSCP-022-1の個体を捕縛し保持する指令を出しても構いません。しかし、SCP-022収容建屋から連れ出すことは認められません。

説明: SCP-022は英国の[編集済]病院地階にある死体安置所です。198█年まで、その死体安置所での特異な出来事の報告はありませんでした。奇妙な活動についての報告を初めて受けたのは198█年十一月のことでした。そのエリアはすぐさま財団により隔離され、建物すべてを廃棄処分にするという公式発表がそれに伴いなされました。その奇妙な特性が急に具現化した理由については調査中のままです。

定期的に、死体安置所内のランダムな引き出しが開き、カバーシートをかけられた検死体が姿を現します。開いておよそ六分後、検死体は動きだし死体安置所を出ようと試みます。この時点で検死体はSCP-022-1に指定されます。場合によっては検死体はあまりの損傷あるいは腐敗ゆえにSCP-022から出ることはおろか台から身を起こすことすらできないでしょう。この場合、SCP-022-1は典型的には最期の時まで台の上でのたうち痙攣することになります。SCP-022-1の個体が台の上に乗ったまま最期を迎えたら、台は引き出しの中に戻り、それから閉じます。燃えた体組織の臭跡からその直後に起こることは歴然としている、報告はそう示唆しています。

SCP-022-1の個体を支えるエネルギー源は今のところ不明です。個体は呼吸せず、食事せず、睡眠もとらず、それにそれらの体はどのような熱も生じません。最期を迎えたSCP-022-1についての分析では器官や化学物質について異常なものの存在は何一つ認められませんでした。それらは完全に人間の検死体であるかのようなのです。

個体はまた普通の人間をしのぐ物理的力を保有します。直接の試験で示されたところは問題含みのものでしたが、研究者たちが見積もったところによれば、筋力はつり上げ力でおよそ500N(112lb)までに増加し、これは似たようなコンディションの人体から予測されるものを上回っています。この作用が件の不明のパワー源につながるものなのか、あるいは完全に別の現象であるのか、それを決定するための分析が進行中です。

身体部位がSCP-022-1から切り離された際には、もっとも質量の多い部分がその作用を保持し続けます。残りの部分は不活性化します。頭部や脳を破壊してもSCP-022-1は無害化できません。その代わり、胴体下部と胸部が活性を維持します。体組織を完全に破壊することだけがSCP-022-1の個体を成功裡に処理する手段であるようです。放っておけば、ただ単にSCP-022-1は最期を迎えます。全ての動作は停止し、それらは再び普通の検死体になるように見受けられます。これにかかる時間は身体の損傷具合と腐敗の進行度合により、二日から三週間の間のどこかになります。

調査が明らかにしたところによると、SCP-022-1としてふるまう死体に対応するものが、各国で盗難が報告された検死体についての記載の中に見出されます。この転移の仕組みについては現在研究されています。

新たな物体をSCP-022に加えるのは今のところ不可能と結論されています。SCP-022の中に入ったものはなんであれ扉を通り抜け次第すぐに消滅し、何の痕跡も残しません。これには非生物と生物検体が含まれます。補遺022-001および022-002を参照。

SCP-022-1の個体が機能する口、舌、器官を保有している限り、研究者は完全にコミュニケーションをとることができます。詳細についてはインタビューログ022-751を参照のこと。

補遺022-001: 南側の壁を一部取り除いてSCP-022への新しい入り口を作りたい、という要請が受理されました。この要請は承認待ちです。

補遺022-002: 物質の堆積がSCP-022直上の部屋の床に発見されました。それに含まれているのはSCP-022の中に送り込んだ全物質、ただし人間は除いたもの、であるようです。全ての素材が壊れすり減っているように見えます。金属製のところは大量の錆に覆われ、生体部分はさまざまな段階の腐敗にあります。試験が明らかにしたところでは、物体をSCP-022に挿入してから上階に再出現するまでの時間は正確に183秒となります。入った人間は、しかしながら、上述の堆積に出現しません。その代わりに、人間は死体安置所に取り込まれたようで、のちのちSCP-022-1の個体として活動するのかもしれません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。