SCP-025-FR
評価: +2+x
025.jpg

ビバリウム内のSCP-025-FR

アイテム番号: SCP-025-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-025-FRは幅50m、高さ10mの巨大な飼育場に収容しなければならず、ビバリウムの天井には開口部と装甲ドアが装備されます。ビバリウムの壁は防音されている必要があります。また、2つの超音波送信機を備えていなければならず、そのうちの1つは予備用として配置する必要があります。

SCP-025-FRは新鮮な肉10kgを一日一回供給する必要があります。また、肉はビバリウムの天井にあるハッチ開口部から落下させます。SCP-025-FRは壁に沿って登ることができるため、ハッチを開ける前に認可されたKX-113-Bタイプの超音波発信器を作動させることが必要です。

第1の超音波送信機が機能していない場合、SCP-025-FRを引き付けるためにバックアップの超音波送信機を有効にする必要があります。

収容違反が発生した場合、サイト-Yodの外にいる職員は音声メッセージを期待するべきではなく、書面によるメッセージのみを期待するべきです。音声緊急メッセージの欠如は全職員の死と同義であると解釈されるべきです。

説明: SCP-025-FRは全長5mのアースロプレウラ(Arthropleura)で、20Hzから20000Hz以上の音波を吸収することができます。さらに、SCP-025-FRは脅かしている攻撃者を後退させる時に、音波砲と同様の効果を持つ音波を放射することも可能です。

SCP-025-FRは狩猟時、コウモリとほぼ同様にトンネルを掘ってレーダーとなる音波を放射して地表の獲物を検出します。

獲物に近づくと、実体は獲物が出す音を吸収し、数ミリ秒前に地面を離れて獲物を数秒間麻痺させる非常に鋭い音を発します。地面から離れると、実体は獲物の下顎骨を咬んで地下のトンネルに引き込む前に致命的な毒素を注入します。

SCP-025-FRは活性している限り、他のすべての娯楽や獲物を無視して超音波源に引き付けられて接近します。

現時点でサイト-Yodに収容されている個体が唯一のものではない可能性はまだ研究中です。

補遺: SCP-025-FRはネバダ州の砂漠で発見されました。地域内で発見された航空機から何の音も発せずに緊急通報が行われたため、財団エージェントが犬を地域に派遣して実体を検出しました。

犬が最初の骨を見つけたとき、エージェント・ソーホーは超音波ホイッスルを使用しました。これはSCP-025-FRを引き付けました。彼は純粋な運により救われました。なぜなら、SCP-025-FRはエージェントを麻痺させた後に1m先に落ちたホイッスルに向かったからです。ホイッスルを吹き終わり、エージェント・ソーホーの武器による発砲後、トンネルに後退しました。収容チームは2日後に超音波送信機でSCP-025-FRを回収し、サイト-Yodに収容しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。