SCP-030-JP
評価: +73+x
SCP-030-JP.jpg
発見時のSCP-030-JP

アイテム番号: SCP-030-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-030-JPの全ての個体は一切の石油製品が使用されず建造された特別収容サイト-8161内の、同じく石油製品を一切使用していない特別性のAクラス危険生物収容室に収容されなければなりません。SCP-030-JPの給餌のため100gのポリエステル繊維を毎日持ち込むことを除いて、サイト-8161には一切、石油、石油製品、そのほかあらゆる石油が利用された物質を持ち込んではなりません。収容されているSCP-030-JPの数が10匹を超えた場合は10匹未満に数が減少するまで間引いてください。封じ込め違反が起こった場合は、サイト-8161を完全に封鎖した上で内部に有機リン系殺虫剤を充たしてください。それでもなおSCP-030-JPの脱走の可能性がある場合、サイト-8161に備え付けられた、石油製品未使用の特別性水素爆弾を起動してください。

現在財団の管理下に置かれていないすべてのSCP-030-JPは完全に絶滅させることになっています。財団の管理下に入っていないSCP-030-JPが発見され次第、機動部隊乙-ち("臭水守")が対応に向かいます。

説明: SCP-030-JPは石油を食事とし爆発的に増える、昆虫類の種です。体長は20cm前後であり、全身を白い毛で覆われ、翅及び目立った触角は持っておらず、また自力での移動能力が非常に低く、枝などに止まることが出来ないほどの小さく、力の弱い脚を持っています。SCP-030-JPは無変態であり、幼虫期からサイズを除いて変わらない姿を持ちます。外見は全く別のものであるにもかかわらず、分子系統解析の結果遺伝情報がBombyx mori(カイコガ)と一致することが判明しています。

SCP-030-JPは雌雄同体であり、両性生殖と両性単為生殖の両方を行うことが可能なのに加え、幼形成熟の特徴を持ち、単体であっても3日以内に繁殖が可能で、一度の繁殖で約300個の卵を産みます。SCP-030-JPの不妊虫放飼法による個体数の減少を狙うことは、前述した特性ゆえ困難です。加えて、SCP-030-JPの捕食者が自然界に存在しないことがSCP-030-JPの増殖に拍車をかけています。これはSCP-030-JPを消化吸収することができる生物が存在せず、さらに多くの生物に対して不快と思うような味をSCP-030-JPが持っているからです。

既存の昆虫類に見ることができない最大の特徴としてSCP-030-JPは石油を食糧とします。完全に未知の器官が体内に存在し、これによりSCP-030-JPは石油や石油を加工したあらゆる製品をエネルギーへと変換することが可能なようです。また、SCP-030-JPの糞には全く可燃性がなく、燃料にはなり得ないことがわかっています。

SCP-030-JPの平均寿命は約30日です。SCP-030-JPの死骸は自然分解の速度が極めて遅く、一般的なプラスチック製品のように800度以上の高温で焼却し、適切な処理を行わなければダイオキシン類のガスを発生させます。爆発的な繁殖能力、排泄物や死骸の自然分解の速度の遅さによって、SCP-030-JPが[編集済]日間石油や石油加工製品を十分に与えられた環境で放置された場合、地球上のすべての陸地がSCP-030-JPの死骸により埋め尽くされることが予測されています。現在SCP-030-JPの野生の個体数は財団による積極的な絶滅の試みにもかかわらず、█████匹以上であると考えられています。

一定量の石油・石油加工製品を摂取することでSCP-030-JPはポリエチレンテレフタレートの糸を吐き出します。この糸はそのまま紡績することによって一般的衣服の材料として使用可能です。

19██年に機動部隊ゑ-3("緑の盾")が日本生類創研の放棄した研究施設を発見しました。その施設では10000匹を優に超えるSCP-030-JP及び、以下の様なラベルが貼られた空っぽの木製の箱が発見されました。下線部分は手書きのメモになっていました。

エコロジー・キャンペーン用試作
ポリクイくん ポリッコ 名前はプレゼンの時に考えよう。とりあえず「ポリクイガ(仮)」で。
これが売れれば更に我々の研究を先に進めることが出来るだろう!
現状サンプルを増やすため繁殖能力を強化
絶対に逃すな!
     ↑ごめん^^;

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。