SCP-032-FR
評価: +2+x
arme.jpg

SCP-032-FR

アイテム番号: SCP-032-FR

脅威レベル:

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-032-FRは、装甲コンテナに入れられた状態で、サイト-65にある武器類Safeクラス収容ロッカーに保管してください。安全上の理由から、コンテナには2つの錠を付け、SCP-032-FRの主任研究員および保管されているサイトの管理者が鍵を管理してください。装甲コンテナの2つの鍵を解錠するには、同時に挿入する必要があります。レベル4の研究員は唯一、2人の武装警備員を同伴した上で実験のためのSCP-032-FRへのアクセスが許可されています。敵の攻撃を受けた場合、もしくは収容違反が発生した場合は、少なくとも5人の武装した兵士を収容ロッカーの近くに配置し、敵の侵入に対し収容状態を守る必要があります。

SCP-032-FRの実験は、4人の武装警備員を同伴した上で、Dクラス職員を用いて行わなければなりません。研究員は、大きな爆発音と7.62×51mmの弾丸を防ぐことのできるBR7型ガラスを隔て、実験が行われる隣の部屋で観察する必要があります。双方の部屋はあらゆるウイルスによる感染を防ぐために、しっかりと密閉してください。病原体が実験室で検出された場合、抗菌対策を行わなければなりません。部屋の裏地は25cmの厚さのコンクリートで補強される必要があります。

説明: SCP-032-FRは、ロッドやスプリング、様々な歯車や鍛造された部品など、大部分の部品が金や鉄で作られているボルトピストルです。ピストルのグリップは木材でできており、18世紀のものと見られる琥珀色のニスによって覆われています。通常のボルトピストルとの唯一の大きな違いは、シリンダーヘッドのレバーを作動させることによってロックを開くことができないという点です。代わりに、バレルの下に位置する、ロッドを押し込む必要のある衝撃機構を用いて銃のリロードを行います。その重量は1,200gであり、それは銃のリロードを行った後でも変化しません。SCP-032-FRの内部構造をスキャンしたところ、SCP-914と同等なレベルの複雑さを持つ小型の機構が確認されました。これらの部品は2つの金属製のネジによって取り付けられていますが、現在に至るまで銃を開く方法は発見されていません。

人間が銃を握ると、SCP-032-FRはそれを持っている人の前腕部に入れ墨のような形のローマ数字を刻み込みます。この数字は、発砲できる回数を示すだけでなく、銃撃の効果に相当します。射撃のできる回数は数字と全く同じであり、その数は途中で他者が取得した場合であっても変化しません。全ての弾丸が発射されると、その人物はもうこのオブジェクトを使用することはできません。

詳細については、SCP-032-FR実験記録を参照してください。

来歴: SCP-032-FRは、ストラスブールで行われたマーシャル・カーター&ダーク株式会社のオークションに対する財団の襲撃の際に回収されました。オブジェクトに貼付されていた文書は、この武器が18世紀に活躍していた英国の鉄砲の名手である[削除済]氏によって鍛造されたものであることを示しています。マーシャル・カーター&ダーク株式会社の構成員の事務所で収集した情報によると、世界にSCP-032-FRと同様の武器が5つ存在するということになっています。ここから発見された[削除済]氏だけでなく、SCP-032-FRの効果と同様のものを含んだ事件のグループの情報に基づいて、機動部隊██████-█は他の4つのモデルを回収する任務に就きました。

マーシャル・カーター&ダーク株式会社の所有する邸宅で発見された研究結果によると、[削除済]氏と彼の子孫は、鉄砲鍛冶として無限大のシンボルを生成することに成功していると考えられます。このシンボルは、常に[削除済]の作業に応じて銃の使用者として最高の効果を得ます。[削除済]氏の別の一族にSCP-032-FRを持たせましたが、いずれも件のシンボルの生成には成功していません。財団に所属する全ての職員にSCP-032-FRを持たせて検証を行うという提案が現在提出されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。