SCP-033
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-033

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-033はパピルス、キャンバス、羊皮紙あるいは手作りのガタガタな一枚の紙に記入されなくてはなりません。そこには現在進行中の観測や研究が記入されててはいけません。SCP-033を書き込むための紙に類似した製品は、紙の辺々が平行直角であってはならず、長さも等しくないという条件を満たされていなければなりません。(033-セーフ寸法と呼びます)これが守られている場合は、紙の類似製品はあらゆる演算・記録デバイスから少なくとも30m以上遠ざけられた高度なロックを備えたに収納庫に保管される必要があます。SCP-033の持ち出し収容の記録は、それを記入した紙製品や電子機器が汚染される可能性を避けるために、30mの最小安全距離から出て記入されるべきです。

研究のために移動する場合、SCP-033の内容は033-セーフ寸法の白/黒板にクラスDのスタッフを使ってコピーすることができます。白/黒板への転送時に、元のSCP-033が含まれていた紙製品は焼却されるべきです。観察と研究はあらゆる演算・記録デバイスから少なくとも30m離れた安全な会議室から行い、観察は最大でも2560秒に制限されます。すべての観測資料やノートは033セーフ材料にするべきです。いかなる状況下でもノートを保管施設を残したり、SCP-33を演算・記録装置に入力してはいけません。

正確に2000秒の観察時間で研究はストップしなければなりませんし、SCP-033は新しい033-セーフ製品に写され、クラスDスタッフによって保管庫に返されなければなりません。研究で利用された白/黒板は、転写が完了した後SCP-033が2560秒でその表面から "自然に"色あせたかどうか関係なく、可能な限り速やかに焼却処分しなければなりません。

033-セーフ手続きがSCP-033の有害な影響を停止または遅らせるかどうかは不明です。イレギュラーな紙の形と数学的には予測不可能なヒトの手作り感が、どういうわけかSCP-033 を機能させる論理を混乱させていると理論化されています。

説明: SCP-033は19██年11月に██████大学の学生街にある████████の████パブで捨てられたゴミの中にあった、不規則に引き裂かれたナプキンを発見したSCP現地スタッフが警告を行ったのが最初です。SCP-033は、高度な訓練を受けた数学者によってのみ解釈可能なものから素人でも簡単に理解できる表現のものまでを含んだ複雑な分野の数学記号と思われます。 "和"のシンボルは█と█の間にあるこれまで知られていなかった整数(█████████教授はこれをΘ-プライムを指定)と等しいものです。

現代数学のすべての計算はSCP-033に関する知識と利用法を欠いたまま行われています。SCP-033が導入された場合、数学的な系は数値的または構造的完全性を侵食を始めること無しに組織化されていきます。SCP-033の効果はこれが非033-セーフ製品(紙、羊皮紙、パピルス、キャンバスなどと定義)の表面に書き写されたときや、演算・記録デバイスに入力されたとき発生します。他の素材に書き込まれたとき、原因不明のプロセスでSCP-033は正確に2560秒で消滅していきます。加えて、SCP-033は033-セーフ製品から工業製品や電子機器に”飛び”、不安定化させる能力を見せた1例(事件報告033-D)が報告されています。そのため電子機器や非033-セーフ製品はSCP-033から30mの安全距離をとる必要があると定められています。

電子記録のための033-セーフ仕様は現在ありません。 SCP-033に関連する█のオペレーションズ・リサーチ計画は同様のセーフ仕様を電子記録で発見することに専念しています。██のオペレーションズ・リサーチ計画はSCP-033を利用して、電子計算機に関連する潜在的脅威を持った他のSCPを無力化するためのファクターを探すことに専念しています。専門外のスタッフのために█████████教授の具体的な解説文書033-Aがあります。SCP-033の影響は文書033-Qで見直される可能性があります。

文書033-A: 最初の観測後の█████████教授の報告会。

[データ削除済]

█████████教授 : すべての小学生は2+2=4であると知っています。数の並びの順番や大きさの数学的確実性はあらゆる論理システムの基礎に使われる大変重要なものです。2の後に3が来て、3の後に4が来ることを我々は知っています。ところがこの式が証明することは、私たちはどこかの数字を抜かして数えていたということです。4の次は6であるという信念が我々のあらゆる技術の基礎をなしていた場合を想像してみてください。我々は5を知らないか想像すらしないでしょう。つまり、この式が証明するものこそが本質なのです。我々はどこかで数を見失っていたようです。

[データ削除済]

█████████教授 : 手作りの羊皮紙がSCP-033を封じ込めるのになぜ最も有効なのかを伝えることはできません。私が推測できる唯一のことは、それは2つの方法で数学的予想を置き換えるということです。一つは、紙を作るときのヒューマンエラーに起因する凹凸が、機械で作られた製品に見られるであろう正確性の痕跡を取り除いているということです。2つ目は、不揃いな辺がどういうわけかΘ-プライムを決定するプロセスを混乱させ、紙から飛び出す能力を使うためのパターンを探せないようにしていると思われます。しかし私が忠告しておきたいことは、SCP-033が同じ紙の上に数日以上長くに残されるべきではないということです。最終的に能力を発揮するためのパターンを見つけるでしょう。

[データ削除済]

█████████教授 : 私はSCP-033が何かを”破壊する”とは考えていません。SCP-003が我々のシステムに自分自身を統合しようと試みても、システムはそれを保持することができないと考えています。これはもうこれ以上入らない本棚に本をさらに詰め込もうとするのに似ています。ハンマーを使えば本を詰めることができるかもしれませんが、最終的に棚は破裂してしまうでしょう。SCP-033がインターネットに出てしまった場合、私たちは……

[データ削除済]

文書033-Q: 実験結果試験033-Δ5

SCP-033を標準的な8.5×11インチの白色のコピー用紙1枚に記入する。(以後これをX1と呼ぶ)何も記入しない同じ仕様の紙(以後X2と呼ぶ)を30cm離して設置。

80秒: X2にSCP-033の内容と一致する記号が現れ始める。X1は変化なし。

160秒: SCP-033の数式の全内容がX2表面に現れる。X1は変化なし。

320秒: X1、X2が両方とも濡れているように見える。記号はなお視認可能。

640秒: 現在X1は外見上おおよそ1の水に対して、5のパルプ状の物質という状態であるが、8.5×11インチの平面という性質は保持している。記号が不鮮明になる。X2は濡れているように見えるが記号はなお判読可能。

1280秒: X1が見えなくなる。液体部分は蒸発し、パルプ状物質は明らかに昇華したように見える。X2は現在おおよそ1の液体に対して、5のパルプ状の物質という状態であるが、8.5×11インチの平面という性質は保持している。記号は視認できない。

2560秒: X2も消える。液体部分は蒸発し、パルプ状物質は明らかに昇華したように見える。

メモ: 公共データ検索
パキスタン████████からの最近のニュース2つが、Θ-プライムが財団とは独立に再発見されたかもしれないと報告している。公開されたレポートでは、最初に数学者██ ███████ ████████はリーマン予想を反証に成功したものの、同時に実際の反例が無いことも証明したとされている。リーマン予想の例外が存在しないことが必要であることは、その数が我々の知る”存在しない数”に唯一関係しているかもしれないと示している。そして、第2のレポートは現地の軍用通信網が完全に麻痺状態に陥ったことを報告している。SCPのエージェントはエリアを封鎖し、拡散を防ぐために直ちに派遣されなくてはならない。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。