SCP-035
評価: +3+x
SCP-035.jpg
画家の描いた、分泌液を垂れ流していない状態のSCP-035

アイテム番号: SCP-035

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-035は厚さ10cm(4 インチ)以上のガラスで密閉されたケース内に保管されなければなりません。この容器は鋼や鉄で組み立て、鉛の放射線遮蔽材で囲まれた部屋に置いてください。部屋のドアには常に3重のロックを施し、特別に許可された職員以外に出入りを許可してはいけません。また常に2人以上の武装警備員を部屋の外に配置しなくてはなりません。ただし、どのような状況でも警備員が部屋内に立ち入ることを許可してはいけません。訓練を受けた心理学者を常にサイトにとどまらせるようにしましょう。研究者はいかなるときもSCP-035に触れてはいけません。格納容器は2週間ごとに新しくする必要があります。使用済み容器は、SCP-035の"腐敗"反応の影響を受けないSCP-101を利用して処分しなければなりません。SCP-035と接触を行った者はそれに取り憑かれていないか直ちに精神鑑定を受ける必要があります。

説明: SCP-035は喜劇で使われる白磁の仮面のように見えますが、時に 悲劇の仮面へと変わります。この事象は、写真、映像、イラストなどすべての既存の視覚的記録物を、SCP-035が勝手に新しい外観へと反映するように変更します。

SCP-035の目と口の穴からは腐食性と変性の高い粘性液体が絶えず滲み出しています。この汚染液体に触れたあらゆる物質は、物質の種類にも依りますが、元の汚染液体と同様のものへと変化し、ゆるやかに崩壊していきます。ガラスはこの腐食の速度が最も遅いように思われるため、容器の直接触れる部分に最も適しています。生物が接触した場合も同様に反応し、そこが回復する可能性は皆無です。液体の起源は不明です。液体は仮面の正面からしか現れず、反対側から出現するところを確認されてはいません。

SCP-035から1.5~2メートル(5~6フィート)に近寄るか、視覚的な接触を行った被験者は、それを顔に装着する強い衝動を感じます。SCP-035が被験者の顔に装着されると、本来の脳波の代わりにSCP-035の脳波パターンが重ね合わされ、被験者に脳死をもたらし、効率的に殺害します。そのとき被験者は意識がSCP-035内に取り込まれていると推測します。”取り憑かれた”被験者の肉体は無機物に比べて早く崩壊していき、最終的に小さなミイラのように変態します。被験者の身体構造上に重大な損傷があり、肉体が文字通り機械的に動かすことができない状態まで崩壊した場合であっても、SCP-035には肉体の認知制御を維持する能力があることは実証されています。人間以外の動物の顔に装着されたとき、この現象が発生しないことは確認されています。

SCP-035との会話では有益な情報が得られることが証明されています。SCP-035は多数の重大な情報をもたらしており、研究員に他のSCPについてや、歴史全般に関してなど様々な情報をもたらしました。SCP-035は会話するすべての人に社交的でお世辞が上手く、高度な知的とカリスマ的な個性を示します。SCP-035は与えられたすべての知性と適性テストに99点の成績を修め、記憶力は写真のように精密でした。

しかしSCP-035は面接担当者の精神に重大な変化を突然起こさせる高度な精神操作が可能であると心理分析は発見しました。SCP-035は被験者を言葉だけで自殺を強制したり、ほぼ知性を欠いた操り人形に変質させるなど、極めてサディスティックな嗜好であることが証明されています。SCP-035は人間の心の働きに関して詳細な知識を有しており、十分な時間が与えられた場合あらゆる人間の意思を変えさせることが可能であると示唆されています。

補遺: SCP-035は18██年にヴェネツィアの廃屋の封印された地下室で発見された。

補遺035-01: SCP-035はマネキン、死体、及び彫像を含む人間的形状を有するあらゆるものに取り憑くことができると結論付けた。これによりSCP-035に生きた被験者をSCP-035に使う必要は無いと判断された。それでも取り憑かれたあらゆるものは崩壊する運命にある事は変わりはない。

補遺035-02: SCP-035は数人の研究スタッフに脱走を手助けするように説得し、脱走を企てた。結果、脱走は失敗。これによりこれからSCP-035と接触するすべての職員は強制的な精神鑑定を行い、すでにSCP-035と接触したすべてのスタッフは処理された。

補遺035-03: SCP-035は何かに取り憑いているかいないかに関わらずテレパシー能力を持っていることを確認されている。SCP-035はテレパシー能力で他人の潜在意識へ感応し知識を奪い、会話の主導権を奪い操る。そのためSCP-035と会話する被験者を選択する際には細心の注意が必要と判断される。

補遺035-04: SCP-035は他のSCPに、とりわけSCP-517およびSCP-682に関心を表している。██████博士はSCP-035が特殊な再生力で崩壊を無効化するそのどちらかと結合し、SCP-035が半永久的なホストを得るかもしれないと危惧している。

補遺035-05: SCP-035の数回にわたる脱走の企ての後、事件記録を検討した最高司令部は、SCP-035を恒久的に施設内で​封印、SCP-035との接触を禁止することを決定したが、数人の担当者がこれに反対し蜂起。これによりSCP-035と接触したすべての職員を処理。今後SCP-035の担当者を頻繁に交代させ、休眠状態にあっても接触は可能な限り少なく制限されるべきと判断された。

補遺035-06: SCP-035の10メートル以内では近づいた職員らが、最近不明瞭なささやきが聞こえ不快感を覚えると報告。その他の職員も深刻な偏頭痛に苦しんでいる。現在SCP-035は監視下にあり、その休眠中の挙動に変化なく、音に関しては何の記録もされてはいない。

SCP-035の活動兆候を観測するため、一時的にSCP-035の封印を解除することが評議された。(否決)

補遺035-07: SCP-035の格納容器の壁から突然黒い液体の分泌を確認。物質を検査したところ、いくつかの異質で未知の物質で高度に汚染されてはいるが、それが人間の血であることが判明。物質はpH4.5の腐食性を持ち、長時間さらされた壁の耐久性に悪影響があることが立証された。

最も注目すべきことは、それが壁に模様を描いているように見えることである。その一部は、イタリア語、ラテン語、ギリシャ語、そしてサンスクリット語など、さまざまな言語で書かれたポリグラフのようになっている。現時点での翻訳は保留。その他の部分は、多くの場合、彼らが忠誠を誓う人々に捧げるための生贄の儀式の図のように見え、そこに描かれる犠牲者のすべてが財団職員や自分の愛する人に不気味なほど似てていることに気づいた一部のスタッフはショックを受けた。

これらの新しく形成されたパターンを調査するために部屋に入った研究者たちは巨大なささやき声や、甲高く不規則で気力を奪い去る笑い声を聞いたと訴えた。

SCP-035の格納ユニットの近い区域で日々作業を行なっていた職員たちは、これまでにSCP-035との接触があったかどうか関係なく、自殺率の異様な向上のため、職員の士気に対して致命的な損害を被った。

SCP-035休眠中の唯一の変化は格納容器のガラスケースにのみ確認されている。SCP-035の腐食物質による容器の劣化が加速し、ケースが破損。粉々に砕けたガラスによって汚染が広範囲に広がった。ケースの破損は、狙ったかのようにこちらの最も都合の悪い場合に限って頻繁に発生し、これによってこれまで研究者と清掃スタッフに6人の負傷者と3人の死亡者が出た。

補遺035-08: SCP-035を封印した区画の記録から、調査チームは精神異常、自殺、それにより被った士気損害をSCP-035の仕業と結論付けた。これにより対策としてSCP-148で内部及び外壁を覆うことを決定。この対策はSCP-132(ドキュメント132-01を参照)の封印時に効果は実証済みである。その際、より効果的な対策として、高濃度の陰電子をSCP-035の区画内に散布した。

補遺035-09: SCP-148の使用はうまくいっており、士気と自殺率はSCP-035の移送前の値に回復した。

しかしながら、内に閉じ込めたことにより区画内の汚染率が促進された可能性がある。区画職員は、一般的なうつ病と同様、重い恐怖感、恐怖、怒りを感じ、そして聞き取れないようなささやきを聞くことあると述べた。区画の長期滞在には、他の人に深刻な偏頭痛、自殺傾向、目の周りと口と鼻の内側の血管の激しい出血、他人への敵意の増長、耳をつんざくような高笑いが頭に響くなどの報告が職員から上がっている。三時間以上の勤務は非常に高い精神汚染を引き起こす共に自傷行為や他者への暴力といった問題行動を起こすことが発覚した。なお、精神汚染された者の多くはラテン語やギリシャ語で話し、その者が言語を習得していないという事実にもかかわらず言語を介することが発見されている。

壁に描かれた文字や壁画の血液の存在は、不釣合いに増加している。壁模様と文字は折り重なるように増殖していき今では壁一面を覆った。壁の清掃が困難であり、最初に記録された腐食性の粘液よりも、およそ2.4のpHと更に強力な腐食性を持ってることが判明。壁の交換が必要になるには、推定で約2ヶ月と推測される。

SCP-035の封印は日を追う毎に困難となりつつある。SCP-035の封印を一時的に解除することが再度評議された。(否決)//

補遺035-10: 現在SCP-035の格納容器の壁、天井、床は血液で完全に満たされており、エリアに入るとすべての職員と警備スタッフは全身防護の保護スーツを着用を義務付けられている。清掃のための活動は今現在も絶え間なく行われている。

補遺035-11: SCP-035の格納容器内部では観測現象が強大さを増し、それも非常に高い頻度で再発している。容器のドアは担当者が中にいる間も自動的にロックされ、暫くの間は開けることができないと報告されており、巨大な血だまりから突き出してくる腕は、多くの場合、近くの人をつかもうとするか、危害を加えようとする。ぼやけた幻影がスタッフの周りに現れ始めている。電子機器は格納容器内でもはや機能せず、たとえ物理的な説明付けが存在しなくても、その中でライトを使うことができないため、非電源式の光源を使用せざるを得ない。

清掃を行なっても容器の汚れはほとんど落ちず、壁は非常に早いペースで劣化しているため、血が容器の交換をほぼ不可能にしているにも関わらず壁は高々一週間しか持たないと推測される。

そのためSCP-035を完全に新しい格納容器に移して、古い容器は密封して残りの施設から遠ざけるなどの処置が必要かもしれない。判断が求められる。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。