SCP-037
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-037

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-037は、サイト32で磁気によって収容されます。熱伝導、耐放射線性ポリマー、そして真空で構成された地下室に収容してください。SCP-037からの熱は、周囲の岩に放射されます。万一包囲の完全性が危険にさらされた場合、修理されるまで緊急システムとして低出力アルゴンシールドを生成するでしょう。それに伴い[アクセス拒否]

説明: SCP-037は、北磁極の近くのボーフェート海で19██年に発見されました。激しい電磁気の干渉がアラートカナダ軍基地(Canadian Forces Station = CFS)から報告され、その後、強い輝きが空から海の方へと落下しました。財団の保護者が応じ、水面上で不規則な起動で約200mを揺れるSCP-037を発見しました。一時的収容手段が考案され、研究のためにサイト32へ輸送されました。

SCP-037は見たところ、直径5cm(2インチ)の星で、太陽の1×10^(-12)倍の光度、表面温度は約5000K(UBVRI分析による測定)です。SCP-037の年齢と出自は不明ですが、核反応の不安定は注意深く監視されています。スペクトル解析及び既知の天体との比較では、星の構成や老化の理論が成立するならば、未知であるが、SCP-037は(その特徴的でない大きさ以外は)赤色巨星へ速く移行する典型的な星であると示唆されます。SCP-037は、北磁極経由で地球の磁気圏に進入したと思われます。

SCP-037の収容と輸送は、強力な電磁石により、磁気を用いて位置や向きを調整することで成し遂げました。初期の収容の試みは、これまでは電磁気の放射によるものでした。それはとても簡単なもので、衛星軌道から肉眼で容易にSCP-037を確認することができました。慎重に地下深くで囲うのは、SCP-037の発覚を防止するためと、周囲の岩盤による放射冷却を容易にするためです。事実、設備全体及び大量の地球外殻が、強力なヒートシンクとして働きます。

研究から██年後、SCP-037の発展が加速度的に増大したため、電磁放射に移行しました。もし標準の星モデルに照らし合わせるならば、半径が100から300倍に増大し、エネルギー放射を伴う要因となるでしょう。偶発的な収容危機は、万一の場合に備えて研究されています。星の生命サイクルがさらに進むと、おそらく新星として終え、███████████を生成すると推定されます。SCP-037の発展を阻止する、もしくは事が起きる前に安全な距離へ輸送する研究が進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。