SCP-039-KO
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-039-KO

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-039-KOは三重の収容容器に結晶化させた状態で保管します。オブジェクトを収容する収容室には、いかなる職員の出入りも禁止されており、収容違反の際には直ちに焼却されなければなりません。オブジェクトに感染した人物はすぐに射殺し、追加文書1039-α(財団セキュリティと疫学調査)に沿って追加の感染者を追跡、処理してください。感染者を射殺する際には、特に頭蓋骨と生殖器には外傷を作ってはならず、神経毒などによる射殺で外傷を受けないようにする方法が推奨されます。射殺後、遺体は高温で焼却してください。もし感染者が感染期間中に繁殖した場合は緊急事態宣言を行い、すぐにその子孫とその周辺の感染の可能性のある人物の疫学調査と処理を実施してください。全世界的にこのウイルスに対する検査を、他の疾患に対する検査に偽装して継続的に実施してください。

オブジェクトの効果に関する情報は、O5の許可を受けたセキュリティクリアランスレベル5以上の職員のみが閲覧可能です。オブジェクトを用いた実験は、O5の許可の下に非常に制限的に実行してください。これらの研究を進めている研究室は外部と完全に隔絶されている必要があり、有事の際には内部全体を焼却することのできる設備が実装されていなければなりません。

説明:
一般職員公開可能情報
SCP-039-KOはDNAウイルスです。オブジェクトは乾燥に抵抗性を持っており、感染者との接触及び体液との接触で感染する可能性があります。オブジェクトはヒトを含めた霊長類にのみ感染します。感染した際、このウイルスは1ヶ月から1年間の潜伏期間を経ます。この潜伏期間中にオブジェクトは自己複製を行い、感染者の体内に広く拡散していきます。特に脳脊髄液と生殖器付近に多数の個体が発見されました。

SCP-039-KOは、脳の大脳皮質と海馬の神経細胞と神経膠細胞などを変形させ、感染者の記憶機能に影響を与えます。これらの感染症は多くの精神疾患の原因となります。また、このウイルスは親から子への垂直感染が可能であり、このようにして感染した子孫は体内の多くの分泌腺でオブジェクトを生成します。オブジェクトの生成に消費されるエネルギーと物質により、子孫の代謝は大きく阻害されます。

詳細および補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。