SCP-042-J
評価: +4+x

アイテム番号: SCP-042-J

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized Euclid

特別収容プロトコル: その性質上、SCP-042-Jの完全な収容は不可能です。しかしながら、現在財団の総力を挙げて地球上の全ての枕を破壊する計画が進行中であり、これはSCP-042-Jの発生を抑制する上で非常に効果的無意味であることが実証されています。

説明: SCP-042-Jは、枕を使用する際に生じる視覚性時空歪曲現象です。これまで実験された限りでは、その製法や製造時期を問わず、あらゆる枕で同様の現象が発生することが確認されています。なお、片目を失っている人物はSCP-042-Jの影響を受けることはありません。

人間が枕の上に頭を横たえて片方の目を閉じ、残りの目を閉じると同時にそれまで閉じていた目を開くと、SCP-042-Jによって枕がごく短い距離を瞬間移動します。ただし周囲の観察者からは枕の位置に変化は見られず、このことから実際には枕によって何らかの原因で精神が肉体から離脱しているものとする説があり、現在有力視されています。また、開く目を切り替える途中で両方の瞼の動きを止めると、時空異常によって枕が二つの場所に同時に存在していることが確認できますが、この現象はめっちゃ不気味が発生する原理は不明です。

タイムライン:
1992/04/24
コメディアンの故ジョージ・カーリンが、ニューヨークのパラマウントシアターで行われたショーにおいてSCP-042-Jと思われる現象に言及。カーリンがSCP-042-Jの存在を知るに至った経緯は不明。問題の発言は以下の通り。

こんな経験あるか? 枕の上に頭を乗せて寝てるときにだよ、まず下のほうの目だけ閉じる。それで今度は上のほうの目だけ閉じる。すると枕の位置が変わる! 「おい、デイブ! 何だこれ! 枕が動いてるぞ!」

1992/11/10
前述のショーが「Jammin' in New York」と題してHBO1で放映され、同時に合衆国全土でSCP-042-Jの発生が確認されるようになる。Dr. █████の理論によれば、カーリンは「寄生虫を撒き散らす宿主みたいなものか、そうでなければエイリアンか何か」であると考えられる。

1992/11/11
機動部隊パイ-1〈シティ・スリッカーズ〉がカーリンの身柄を確保。サイト28に移送して尋問を試みるも、カーリンの態度は極めて非協力的であった。最終的にカーリンは、Dr. █████の白衣にサインをした後、クラスCの記憶処理を施されて解放された。

1992/11/14
Dr. █████が一晩を費やして実施した観測実験の結果、この現象がSCPとして分類されることが決定。SCP-042-Jの本格的な研究が始まる。

1992/11/15
17名のDクラス職員を被験者として実験を実施。全被験者がSCP-042-Jの観測に成功。最も多かった感想は「すげー不思議」というものであった。

1992/11/17
Dr. █████が、SCP-042-Jを観測して以来眠れなくなったという理由で退職。プロジェクトリーダーはDr. ███が引き継ぐことに決定。

1992/11/18
D-33023が[編集済]中に片目を喪失し、以降SCP-042-Jの影響を受けなくなる。D-33023を利用したさらなる実験の実施が決定。

どういう仕組みなんだ……? - Dr. ███

1992/11/20
あらゆる枕がSCP-042-Jを発生させる性質を持つと思われること、および地球上に存在する枕の数が膨大であることから、SCP-042-Jによって重大な事態が引き起こされる可能性は非常に高く、予防的な措置が必要であるとDr. ███が判断。Keterクラスへの再分類申請が行われる。

却下。 - O5-█

1992/11/21
一般市民の保護の必要性に鑑み、Euclid-Dへのパラメータ変更申請が行われる。

承認。徹底的に破壊せよ。神の助けがあらんことを。 - O5-█

1992/11/22
D-33023を利用した実験の成功を受け、地球上の全人類の片目の除去を任務とする機動部隊カッパ-7〈ハンムラビの弁護士〉が新設される。

最初からこうすればよかった。なぜもっと早く思いつかなかったのか。 - Dr. ███

1992/11/23
Dr. ███が降格処分を受ける。機動部隊カッパ-7は解散。

そもそもあいつをここまで昇進させたのは誰だ? あいつは博士号さえ持ってなかったぞ。 - O5-█

1992/11/24
Dr. ███の降格に伴い、Dr. ███████が担当を引き継ぐことが決定する。

1992/11/26
ニューヨーク都市圏に存在する全ての枕がSCP-042-Jの影響を受けていることが判明。ニューヨーク市内の全枕の無力化を任務とする機動部隊カッパ-8〈ブルックリンまで眠れない〉が新設される。

Dr. ███はなぜ目玉をくり抜くほうを選んだのか。枕を全部破壊したほうが安上がりだし、痛くもなくて済むじゃないか。 - Dr. ███████

1992/12/03
ニューヨーク市内の枕を全て無力化するまでには700年以上の時間を要するという予測を受け、機動部隊カッパ-8の活動予算の追加申請が行われる。

承認。 - O5-█

1993/03/07
予算の大幅な増額とSCP-1543-Jの活用により、ニューヨーク市内の全ての枕の無力化が完了。戒厳令の施行から数週間を経て暴動も鎮静化し、Dr. ███████と管理者█████によって、北米および全世界に向けた計画が検討される。

迷ったときは、太陽へ! - O5-█

1993/03/16
SCP財団の活動理念が、「Secure, Contain, Protect」(確保、収容、保護)から「Secure, Contain, Pillows」(確保、収容、枕)へと変更される。機動部隊カッパ-8は機動部隊オメガ-7〈パンドラの箱〉と統合され、統合部隊ゼータ-1〈邪なる者に眠りなし〉が発足。SCP-076-2の能力を活用することで、地球上の全ての枕の根絶は1997/12/31までに達成できるものと予想される。

確保、収容、枕。 - 管理者█████

1993/07/29
統合部隊ゼータ-1により、北米全土の枕の根絶が完了。北米大陸における準枕利用活動の監視、および枕擁護活動家の取り締まりを任務とする機動部隊イプシロン-21〈ピローファイターズ〉が新設される。

薄汚い枕抱きどもめ。おい、俺をイプシロン-21に移籍させろ。 - アベル

却下。 - O5-█

1995/05/16
ヨーロッパ全土の枕の根絶が完了。誤爆によってアイスランドの全人口が失われた他には、人命の損失なし。Dr. ███████には懲戒処分として一週間の有給謹慎が命じられた。

本来ならこんな処分では済まないところだが、ほら、ビョーク2をアレできたからな。 - O5-█

1995/06/06
予定よりも大幅に早く、地球全土の枕の根絶が完了。統合部隊ゼータ-1は、今後は監視および治安維持活動を任務とする。

人類の勝利だ。 - Dr. ███████

1995/06/09
█████研究員より、枕を使わずにベッドで寝ているだけでもSCP-042-Jが発生するとの報告がなされる。SCP-042-Jの原因は枕ではなかったことが判明。

エエエエエェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェエエエエエ - O5-█

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。