SCP-044
評価: -1+x
SCP-044.jpg
『ノルテ・フォード・グレーブルの結末』と題された実験の最中のSCP-044の姿の保存画像

アイテム番号: SCP-044

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 常に一定量、水素イオン、非結合の酸素原子、それからその他微量の遊離基から成る気流がSCP-044の砲口から流れ出しています。これ故に、SCP-044の接続架台はよく換気し、危険な気体や蒸気が蓄積するのを防いでください。砲口カバーは常に取り付け、鳥や小動物がSCP-044の大きく開いた砲口を探り回ったりしないようにしてください。

補遺, 200█/██/██: SCP-044は、財団が保持する██年の間、何も重大事件を引き起こさなかったので、SCP-044はSafeに再分類されました。

本当に『重大事件』を定義しなきゃいけないのか? 収容手続きと標準安全プロトコルが守られていれば、44がなにか他のでかい███████砲よりも危険だなんてことはないようにみえる。ああ、ベア事件は数に入れてない。 –O5-██

説明: SCP-044は榴弾砲であり、第二次大戦の最終段階で秘密裡にクルップ社のエンジニアにより製造され、その監督はアドルフ・ヒトラー政権下ドイツの軍需・軍事生産大臣アルベルト・シュペーアが私的に行いました。SCP-044は、その大きさ(251,000kgあるいは247トン)故にばかりではなく、非常識な砲弾を非典型的な射出方法で発射する故に、個性的なものとなっています。砲弾を装填する砲尾を持つかわりに、砲身後部は強力な空気圧縮気室に作られています。任意の物体あるいは一群の物体は、大きさが適当なら、SCP-044の砲口に弾薬として込められるでしょう。その大きさ故に、SCP-044は線路上に置いたままにせざるを得ず、また動かすには二台の貨物機関車が必要です。

研究者たちは、SCP-044の砲口に込められた任意の物体は分子結合や原子結合を弱められてしまうのだと信じています。しかしながら、SCP-044が分子結合に影響を及ぼす方法については知られておらず、これは主にSCP-044の筐体及び駆動部が大量の複雑な機構よりなっているが故にです。実際、いくつかの機構は役に立ちそうもなく、見たところただ回転し騒音を立てるばかり、そしてそれはSCP-044に電力供給していないときですらなのです。SCP-044砲身内部を探索させたところ職員は装備品ともどもその最中に消失しました。

SCP-044を発砲すると、砲身内のすべての物質は高速度で射出され、その様はまるでアカナメクジが育っていくようであり、そのサイズは砲身に込められた質量に対し指数的です。固体か地面に命中したところで、そのナメクジは砲弾のそもそもの質量に比例する威力で爆発し、質量‐エネルギー変換効率は███%を下りません。そしてまた、威力は砲身内にナメクジが留まっていた長さに応じいくらか増大します。もっともよく知られた威力の発揮が達成されたのは、「管理官の」私物の8,900kg(19,500lb)あるディーゼルピックアップトラックを完全にSCP-044の砲身の中に込め発射した時のもので、画像はその『実験』の様子です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。