SCP-053-JP
評価: +75+x
scp53.jpg

SCP-053-JPを装着中のエージェント・████

アイテム番号: SCP-053-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-053-JPは両端を固定し、低危険物収容棚に収容して下さい。Dクラス職員を用いた実験は禁止します。収容違反が発生した場合、セキュリティ担当は警備犬とGPSによる追跡を行って下さい。

説明: SCP-053-JPは長さ約2.3mの黒い布です。材質はごく普通の木綿です。ヤシャブシを鉄媒染して黒く染色したと考えられますが、染料からは微量の[編集済]が検出されました。SCP-053-JPは財団エージェントが土産物として三重県████市の露店で購入し、後にサイト-81██の休憩室で使用された際に特異性が発見されました。

SCP-053-JPで頭部の80%以上を覆い、両端を垂らしたとき、着用者に特異性が発現します。着用者は他の人間から認識されなくなります。着用者の映像を見ても、そこに着用者がいることを認識できません。しかし音声のみの記録では、着用者の声や物音を認識することができました。また機械や他の生物の認識能力には影響がなく、全ての事例で着用者を正常に認識しました。SCP-053-JPを脱いだ場合、特異性はただちに消滅します。

SCP-053-JPの特異性は、ある概念に対する知識が深く関わっていることが判明しました。詳細はインタビュー053-JP-01を参照して下さい。


SCP-053-JP着用者を認識できなかった被験者は全員、「[編集済]がそんなとこ歩いてるはずがない」「[編集済]だから見つけられるはずがない」「[編集済]の攻撃なんて避けられるはずがない」などとコメントしました。

幾つかの実験により、SCP-053-JP着用者を認識できる人間が少数ながら確認されました。これらの被験者には、「[編集済]を知らない」という共通点がありました。しかし対象が[編集済]について知った後は、通常通りSCP-053-JP着用者を認識できなくなりました。

これらのことから、SCP-053-JP着用者は認識されないのではなく、[編集済]として認識されることによって「SCP-053-JP着用者は認識できない」という認識を新たに植えつけていると推測されます。日本国内で[編集済]を知らない人間は極めて少ないため、この影響はほぼ全ての人間に及ぶことになります。

SCP-053-JPが露店で販売されていたことから、未収容のSCP-053-JPが存在する可能性があります。財団は███県████市でこの露店を発見しました。詳しくは調査報告書053-JP-01を参照して下さい。

補遺: SCP-053-JPの収容と研究のため、財団では[編集済]の知識がない非Dクラス職員を探しています。添付された画像の人物を認識できた職員は、████研究員まで申し出て下さい。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。