SCP-063
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-063

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-063はサイト-19の職員宿舎にある████博士の個人用バスルーム内で常時保管されます。本品は少なくとも24時間に1度はデザイン通りの用法で使われなければなりません。そうしない場合、未知の特別な放射を発し、結果として半径0.6m(2 ft)以内にある物体や物質は歪められ、やがては細かい塵になります。この放射の効果は生きている被検体に対しては観察されていません。

説明: SCP-063の外見は普通の明るい青色の歯ブラシです。側面にステンシルされているのは"世界最高の歯プラシ[原文ママ]"という言葉です。"歯ブラシ"という言葉の字を間違えていますが、これが偶然なのか意図的なものなのかはわかっていません。SCP-063は死んでいるまたは無機物の物体ならいかなる物でも楽にかき分け進むという能力を見せます。この能力は毛の部分に集中しています。しかし毛に触れられた物体はナイフで切るように切り分けられることはなく、完全に存在を抹消されます。全く何の痕跡も残りません。この動作はSCP-2207を連想させ、この2つの異常オブジェクトに関連性があるか、あるいはそれらが同一の存在によって作り出されたことを示唆しています。加えて、SCP-063を使った被験者は、実験の後歯が驚くほどきれいになったと感じると述べています。この異常な能力にもかかわらず、SCP-063はラボでの分析の結果、全体が通常のプラスティックで出来ていると判明しています。

補遺: SCP-063は初めサンクトペテルブルグにおいて、█████████という人物の下にあるところを発見されました。彼はその界隈で活動する泥棒でSCP-063の能力を金庫破りに使っていました。本品について問われると、対象は何も知らない振りをし、「ある日ただ"見つけた"」と主張しました。対象に対する尋問は、彼が自殺するまで継続しました。彼がそのような行動に至った理由は今のところ不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。