SCP-063-JP
評価: +21+x
063.jpg

活性化したSCP-063-JP

アイテム番号: SCP-063-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-063-JPはサイト-8181の低脅威度オブジェクト研究室にて、防音加工された特別金庫に入れられ保管されています。金庫内部に設置された録音機器にて24時間体制でSCP-063-JPの発言を記録し、独り言、不審な発言、異常な発言が確認された際は、速やかに研究主任に報告してください。

実験やインタビューの際は、被験者やインタビュアーを除く職員は遮音性の高い耳栓を装着してください。被験者やインタビュアーには必ずSCP-063-JPの発言の概要を記憶し、返答する場合は規定に沿って適切な返答を行うことを厳守させてください。SCP-063-JPとの会話を行った後は、専門の医師による診察と投薬による治療を受けてください。

説明: SCP-063-JPは両腕のない男性半身を模した埴輪の外見をしています。内部は空洞になっており、目視で異常な点は確認できません。

通常SCP-063-JPは無表情の顔をしており、危険はありません。この状態を不活性状態とします。不定期的にSCP-063-JPは活性化しますが、その際事前動作として表情が笑顔に変化します。活性化したSCP-063-JPは、次に若い男性の声で周囲に向けて“呼び掛け”を始めます。呼び掛けでの発言は様々で、不特定多数に向けて呼び掛ける場合もあれば、特定の人物を名指しで呼ぶ場合もあります。この呼び掛けに応じる人物がいない場合、SCP-063-JPの声は次第に大きくなり、「誰か来てくれ」「助けてくれ」と懇願するような発言をするようになりますが、放置し続けると5分~10分で不活性状態に戻ります。

SCP-063-JPの呼び掛けに反応し、SCP-063-JPの方を見る、返事をするなどした人物(以下、被験者と表記)は、積極的にSCP-063-JPとの距離を詰め、SCP-063-JPの目にあたる部分を熱心に見つめながら“会話”を始めます。複数の被験者が反応した場合は、最も早く反応した被験者がSCP-063-JPとの会話に入ります。被験者が視界にSCP-063-JPを捉える前なら、会話を阻止することが可能です。

“会話”状態に入ったSCP-063-JPの以降の発言は、会話相手である被験者にしか聞こえなくなり、録音機器などにも記録されません。この時被験者の耳を塞いでも、被験者にはSCP-063-JPの声が聞こえるようです。会話の中断は互いを物理的に引き離し、SCP-063-JPを被験者の視界から消すことで行えますが、その際被験者は激しく抵抗することが確認されています。また、被験者は騒音などによる妨害に激しい怒りを示すことも確認されています。

妨害を行わない場合、会話は10分程度から、最長で1時間半にも及ぶことが確認されています。実験による調査の結果、SCP-063-JPは会話の中で全ての被験者に対し、名前を尋ねる、知人について尋ねる、知識について尋ねる、食や生活について尋ねる、科学技術について尋ねる、などを行っており、被験者側からSCP-063-JPに質問をした際には、必ず交換条件として先述のいずれかの情報の提示を求めています。このことから、SCP-063-JPは被験者とその周囲の文化について情報を収集していることが予測されます。

これまでに会話中のSCP-063-JPの発言を復唱する、メモを取るといった記録の試みは、全ての例で被験者が会話開始から僅か数秒で記録作業を放棄してしまうことにより失敗していることから、会話中は最もSCP-063-JPに気を取られ、その他の物事に対する集中力が著しく低下するものと思われます。

会話を終えるとSCP-063-JPは不活性状態に戻ります。会話を終えた被験者は、会話の長さに比例して軽度~重度の社交不安障害に陥り、また、SCP-063-JPとの再度の会話を望むようになります。この症状は精神科医による診察と、長期の休養によって治療することが可能です。(補遺にSCP-063-JPとの会話と、その後の症状の詳細について朝比奈博士のインタビュー記録を添付しています)

補遺: インタビュー記録

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。