SCP-063-KO
評価: +4+x

アイテム番号: SCP-063-KO

オブジェクトクラス: Safe1

特別収容プロトコル: SCP-063-KOの収容は、トルコ政府との協力の下に行われます。

財団は、トルコのカッパドキア████地域(収容職員と関連職員に個別通知)に収容サイトを建設し、地下都市を研究するための研究所に偽装します。

SCP-063-KOの収容職員は大きく研究班、管理班、探査班に分けられます。

1. 研究班
研究班はヒッタイト、ローマの迫害時代におけるカッパドキア地域の歴史を専攻した修士、博士、考古学者と、その地域の言語と中東の古代言語、古代ラテンの方言系に堪能な言語学者で構成されます。この班は管理班の協力の下、地下都市の遺跡などを研究します。この班が優先的に研究しなければならないことは壁に書かれた古代文字の解読であり、解読が成功した場合はすぐに探査班上層部に報告しなければなりません。研究班は定期的に地下都市の地図を更新する必要があり、今後の探査計画を報告しなければなりません。

2. 管理班
管理班は1班と2班に分けられ、交互に地下都市内部で作業を行います。現在の管理班1班と2班の人員はそれぞれ150人であり、戦闘要員100人と医療班20人、非戦闘要員30人で構成されています。これらの数字は必要に応じて増員もしくは削減することができ、要求が妥当であるならば柔軟に調整することが可能です。管理班の人員は全員が地下都市の構造を熟知している必要があります。また、研究班との相談の下に地下都市の遺跡を適切に活用し、戦術的に正しい箇所に火器を配置するようにします。地下都市で作業している班は地下都市の守備と発生するかもしれないSCPオブジェクトの襲撃に備えなければならず、地上で作業している班は収容サイトの守備につきます。

3. 探査班
探査班は考古学の修士、博士と財団の収容エージェントで構成されます。この班は研究班の研究結果に基づいて、有力候補地を探査、発掘しなければなりません。

SCP財団のカッパドキア地下都市収容サイトの最終目的は、地下都市の遺跡が指し示すオブジェクトの収容です。この目的が達成された場合、管理班および探査班は最小限の人数だけを残して撤退し、遺跡の管理は条約に基づいて、トルコ政府の傘下に戻ります。研究班、管理班、探査班は財団外交部を通じて、トルコ政府に支援の要求を行うことが出来ます。

現在、トルコ政府はその遺跡の一部を公開していますが、作戦遂行および研究に支障はありません。むしろ遺跡公開を通じて、民間人における遺跡のデマを適切に統制することができるようになりました。今後は財団とトルコ政府側の研究結果に基づいて、遺跡に適切な統制を加えます。

この特別収容プロトコル改訂版は破棄されます。
現在、トルコ政府とSCP財団との間に摩擦は全くなく、むしろ改訂版の収容プロトコルの実施のためにトルコ政府側から不快感を表明されました。
特別収容プロトコルは改定前のものに従ってください。

説明: SCP-063-KOは、トルコのカッパドキアに位置する地下都市の遺跡です。遺跡は、現在地下300mまで発掘され、より深いところにまで地下都市が存在していると推測されます。地下都市は2つ以上存在しており、これらは互いに非常通路によって接続されています。地下都市には通気口、家畜牧場、民家、連絡用に掘られた通路など多様な基盤施設が存在し、現在いくつかの区域は民間人に開放されています。

SCP-063-KOは、現時点で何の異常性も持っていません。しかし、地下███m地点から一般居住区が見られない区域が現れ始めています。この区域には、最小で3×3×3m、最大█mの深さのくぼみなど、多様な種類と大きさの部屋が存在します。そしてこれらの部屋は、住民たちが使用していた一般的な石門を複数枚重ねて設置して封鎖したり、青銅を用いた扉を設置したりするなど、徹底的に防護されています。ほとんどの扉は内部から突き破られた跡があるなどの同様の方法で破損しており、同時期に何らかの事案が発生したと考えられます。部屋の中には猛獣や猛禽類が閉じ込められていた痕跡や、様々な骨片が存在します。骨片や壁などに残った痕跡を調査した結果、80%が不明な種であり、視覚器官が極度に退化しているなどの日光が当たらない場所で繁殖する動物の特徴を帯びていました。部屋に閉じ込められていた動物、あるいは動物型SCPオブジェクトは全てが113番収容遺跡に向かおうとしていましたが、成功した個体はいないものと推測されます。動物あるいは動物型SCPオブジェクトは地下都市内部で、全てが死亡したものと推定されました。

また、扉の横にある壁には、ヒッタイト語と推測される文字(ほぼ擦れていて判別できない)、若干の楔文字、ギリシャ語、初期ラテン語で様々な文章が記されています。これらは部屋の中に閉じ込められた”危険な獣”や”不思議な石”などを閉じ込めておくためのものであり、危険な異常存在を永久に隔離することを祈願する(あるいは実際に効果がある)、古代巫俗、古代キリスト教などを踏まえた祈りの言葉が書かれています。しかし、ヒッタイト語や楔文字は多くが摩耗して無くなっており、ギリシャ語と初期ラテン語は先の文字を翻訳、補完したものに見えますが、一種の”収容違反”的状況にほとんどが破損した状態です。現在研究班が破損した文字を復元しているところです。現在までに復元に成功したり、解読に成功した文は[補遺063-KO-trans.]を参照してください。

SCP-063-KOで最も重要なのは、西棟部分の地下22█mの部屋(113番収容遺跡)です。この部屋は大きさが2×2×2mで、ピットのように扉が天井(上フロア)に繋がっています。遺跡を調査した結果、ある種の収容違反的状況が発生する直前に扉が開かれており、他の部屋のように内部から破壊されたのではなく、意図的に収容が解除されたものと推測されます。扉がある床面に書かれた分を解析した結果、この中に存在していたのは”不思議な石”のいずれかであり、一種の精神影響的効果を持つと考えられます。この部屋の中からは原始シュメール語の一種と見られる言語が書かれている石板を発見しました。この石板に書かれた言語は完全には解釈されておらず、解読に際して意見が分かれています。現在、最も有力な候補の3つは以下の通りです。

訳文1 この石は危険であり、人々を魅了する能力がある。この石を見た人々はお互いを噛みちぎって害し、獣は日光を見ることができなくなったかのように暴れ狂う。目の付いた人々は、この石を見てはならない。代わりに盲目の人々は、この石の横に居ても害は為されないので、盲目の人々が目の付いた人々の王になる。生まれた時から目が見えず闇に慣れている人々が、この扉を守り人々を防がなければならない。暫くの間盲目の子どもが生まれず扉を守ることが出来ない場合は、これは大きな災害なのだから、目の悪い子どもたちは外に放置しカラスに目を食べさせなければならず、産婦は毒草を食べて盲目の子どもを産まなければならない。盲目の子どもを産む女性は子どもを奪われる苦痛に遭うはずであるが、その女性と女性の家族は一生人々の保護の中で楽に生活することができるはずである。
訳文2 この石は危険であり、人々を魅了する能力がある。この石を見た人々は無気力になり、獣は塩を食べることができなかったかのように病む。目の無い人々はこの石に触れてはならない。目の見えない人々がこの石に触れればすぐさま暴れ狂い、それが人々の中に隠れ潜んで、全ての災いが彼らから始まる。人々は狂乱した盲人を見ると、すぐに3日間水を飲んでいないかのように床に倒れ、目を開いたまま急に呼吸を止める。獣は狂乱した盲人を見ると、大きく叫び声を上げながら倒れ、そのまま2度と起き上がらない。このように狂乱した盲人が他の部屋に入り、たまに猛獣を昏倒させるが、それによって死亡する人々の方が更に多いので盲目の子どもが生まれた一族は皆殺害しなければならない。盲目の子どもを産む女性は子どもを奪われる苦痛に遭うはずで、その女性と女性の家族は一生この都市に帰ってくることはできないだろう。
訳文3 この石は有用である。この石を見た人は瞑想や祈りをするかのように静かになり、荒れ狂う獣もとてもおとなしくなる。人々が戦争や迫害に疲弊したときは、この石を取り出して神に会わせ、大きな争いがある場合は、この石を取り出して互いに和解する。修道士は大きな悟りを得て、罪人は善良になる。人々はいつもこの石を取り出して眺めさせていたので、皆が楽園にいるようであった。盲人も、聾者も、悪霊に取り憑かれた人々も皆その石の前ではビールを飲んだようにおとなしくなったので、皆はこれを天使が贈り給うた石と言った。しかし時折この石を盗んで1人だけその恩恵に与ろうとする悪漢がいるので、この石は安全な所に保管してたまにだけ出さなければならない。

後日、その近辺でラテン語の石板も発見されており、それに対する解読は次のようになっています。

人々は愚かだった。彼らは神に逆らって結局は取り出してはいけないものを取り出したので、私たちの信仰と平和な村はすぐさま災いに包まれた。獣を閉じ込めていた部屋に人々を閉じ込め、石を保管していた部屋に遺骨を投げ込んだら、敵を避けて地中に入った者は地中のもので死ぬだろう。ああ、その石は何なのか!神が贈ったものか、悪魔が贈ったものか!私たちはもうすぐ死ぬはずではあるが、急いで文字を残すので、君はこの場所に、必ず生きて戻ってきてほしい。どうかその石をまたこの部屋に戻しておいてほしい。この石は自ら封を破って、ただ共にあるだけでその後は都市を滅ぼし、最期は予測された終末を呼んでくるのだから、私たちの言葉を(以降は文字が書かれていない)

現在学者たちは、この部屋に隔離されていた石の正体が何であれ、地下都市の住民がその石を使用しようと扉を開けたが滅亡したという仮説を立てています。また、その後発見されたラテン語の石板に基づいて、113番収容遺跡に隔離されていた石を回収することをSCP-063-KO収容サイトの最終目的とします。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。