SCP-064
評価: +1+x
064.jpg
SCP-064

アイテム番号: SCP-064

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-064は観察のため好適遠隔エリアに置かれます。現在の目標はオブジェクトの振舞パターンの幾何学的モデルを構築し、位置および土壌組成に起因するこのパターンのいかなる変化も観察することです。ゴビ砂漠とオーストラリアのアウトバックにある特定のサイトのみならず世界中に散らばる数々の塩類平原が将来のテストのために検討中です。SCP-064の現在の位置はセキュリティクリアランスレベル3未満の全職員には機密となっています。一旦成長が止まるならば、フィールドチームが構造体のサイズ、形状と組成を記録し、オブジェクトを新しいサイトへ輸送するために取り除きます。

説明: SCP-064はライトブラウンの土器のレンガで、主にシリコン酸化物と多少の有機物から成ります。オブジェクトの重量は1.6kgで寸法は約10cm x 6cm x 20cmです。その表面は滑らかで平らで、表面に微小な欠け跡がいくつかあります。全体的に、そのオブジェクトは建設において使われる大部分の個体レンガと視覚的に似ています。

柔らかな土の広い平面に横たえて置いた時、SCP-064は未知の方法で増え始めます。よく観察するとオリジナルのオブジェクトの形状におけるシリコン繊維の不規則な格子の様子がわかり、そしてそれは適切な量に達するまで土をベースとした混合物で満たされ凝固します。このプロセスで、微細な根の構造が隣接する周辺の土地から鉱物を'採掘している'のは、菌類における菌糸の伝搬に似ているかもしれません。最適の状態(土の組成のおよそ90%が二酸化シリコン[SiO2])で、1つの完全なレンガが現れるのにおよそ7分かかります。

広大な地面を与えはたらかせると、SCP-064は非常に複雑でしかし、床と屋根を含む理論的に安定な独立したレンガ構造体を生産します。過去の観察では、その構造体は直径10km以上でそしてかなりの高さの十二芒星の形状を達成することができました。だがしかし、これは推論ですが、一旦その構造体が著しい障害(観察では質量10kg以上のいかなる個体)と接触するならば成長は永久に止まります。レンガはできるだけ水平でほとんど完全に一致するように位置を合わせるので、構造健全性はとても高いです。興味深いことに、SCP-064が常に最下位で最北のレンガであるように、その構造体の成長は4方位の特定のセットに合わせられます。

SCP-064は成長が起こるためにくっ付けられていなければなりません。一旦SCP-064が取り除かれるならば、その構造体は崩壊し始め、そして全ての副次的なレンガはそれらの見た目の割合とおおよそ等しい割合で塵に砕けます。オブジェクトを20分以内に再配置することはこの崩壊を止め成長を続かせます; この閾値を過ぎては、プロセスは元に戻りません。

SCP-064は20██年の四月に偶然発見されました。アンデス山脈の山の高い台地の衛星観察の間、カメラ操作員は1つの構造体が明らかに成長していることに気付きました。そのオブジェクトのおよその場所をその構造体の見た目の成長の方向(回収の間に停止した)から推定、フィールドチームはSCP-064とその副次的なレンガとの間の色の違い(土地の土と違って酸化鉄が多かった)によってそのオブジェクトを突き止めました。最初のサイトの完全な発掘はそのオブジェクトの文化的および技術的起源を確かめるために進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。