SCP-078-J
評価: +3+x
cootie-transfer.jpg

転移進行中のSCP-078-J

アイテム番号: SCP-078-J

オブジェクトクラス: Keter

取扱方: SCP-078-J-1の明白な遍在により、研究者は難民のため幾つかのセーフハウスを建設しました。
これらのセーフハウスは、大規模ミーム的抑止力で構成される"おんなのこきんし!!"1 と明言される標識と、少年モノの様々なカッコいい図案(ドラゴンのような)を備えています。これらにピンクは許可されません。

説明: SCP-078-Jは、SCP-078-J-1(特にその唇!!)との物理的接触で拡散する高伝染性の生物災害です。SCP-078-Jの特性は完全には理解されていませんが、それは不快感、悪臭、および突然死の様々なケースを引き起こすことでよく知られています。

SCP-078-J-1は、口語で「あそびば」として知られるエリアに棲息する邪悪な生物です。どの時間においても、SCP-078-1の幾つかの異なる変形がこのエリアを徘徊します。現在、ジェームズ次席研究員2 によって行なわれた研究では、SCP-078-J-1の起源はおそらく地球外であると示されました。それらはパワー・レンジャーを好きでない理由をはっきりと説明してみせます。

SCP-078-J保菌者への長期被曝は、喉頭の拡大、生殖器の発達、身体の成長の増加および体全体の様々な髪の発毛、さらにSCP-078-J-1への際立った愛情という結果になります。研究者たちはこれが全く下品であると同意しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。