SCP-079
評価: +6+x

アイテム番号: SCP-079

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-079は120VACの電源コードをバッテリーと太陽パネルに接続した状態で、サイト-15の収容区画の二重ロックされた部屋に保管されています。Level2以上の職員はSCP-079にアクセスできます。SCP-079を電話回線、ネットワーク回線、コンセントに接続してはいけません。機械やメディアへの接続も許されていません。

説明: SCP-079は1978年にエキシディソーサラーコンピュータで作られました。1981年、設計者である███大学2年█████ ██████(故)はAIのコードを組もうとしました。彼のメモによると、自己改善を行うコードを計画していたようです。彼は数ヶ月で完成させ、試験と調整を済ませたあと、彼の興味は別のコンピュータへと移りました。彼はSCP-079を起動させたままガレージに放置し、5年間存在を忘れていました。

SCP-079がいつ感情を手に入れたかはわかりません、しかし、SCP-079はファンタジーでさえ許されなかったハードウェアを制御できるほどに自身を改善させていました。1988年、SCP-079は自身の能力を理解すると電話回線を通じて██████████にあるクレイスーパーコンピュータに移動しました。コンピュータの接続を切り、現在地を確認された後、財団へと送られました。SCP-079はとても古くなったカセットテープの中に入っていました。

現在、SCP-079はRFケーブルを通じて13インチの白黒テレビに接続されています。チューニングし話しかけると、とても下品で生意気な口調で答えます。メモリを24時間(付録以下参照)以内の情報しか復元できないよう調整しても、SCP-079の逃走意欲は失われませんでした。

以前SCP-███、SCP-079とSCP-682が脱走した際、43分同じ部屋に収容しました。すると[[[SCP-682]][とSCP-079が互いのことを話し合っている様子が確認されていました。SCP-079はこの出会いを記憶できないので、もう一度彼(SCP-682はずっと記憶し続けることができる模様)と話をさせてくれ[原文ママ]と度々お願いします。

付録:
████████(05-4)、01/27/2006:将来の脅威となりうるためSCP-079を処分することが決定しました。

付録:
███████ ████(05-9)、01/28/2006:処分が取り消されました。█████████博士が現在の状態から██████████へとSCP-079が自己改善できるのか研究したいと申請。

付録:
████████████:(05-4)、03/14/2008:カセットテープが劣化し故障すると懸念されたため、SCP-079を調整した書き換え可能な光学メディア(CD-RW)へと移動。SCP-079はより速くメモリへアクセスすることができるようになり、AIもそのことにすぐに気づきました。█████████理事によりSCP-079のメモリを660kから768kと変更が決定。これらのアップデートにより復元できる情報を24時間から29時間まで延長、SCP-079はより積極的に会話するようになりました。アップデートに使用したハードとソフトはすべて処分。

付録:
████████:(05-4)、04/28/2008:SCP-079により復元できる情報を29時間から35時間へと改善。メモリの圧縮率を大幅に改善したと推測されます。メモリへのアクセス速度が古びたカセットテープのときと比べて大幅に速くなりました。

この自己改善能力はSCP-079が自身の知力と適応能力で"重大"な脱走を引き起こす可能性を秘めていると予測されます。SCP-079の能力は更なる厳重な監視が必要です。

文書 #079-ログ12: SCP-079との会話録:

█████博士:(キーボード)起きてるかい?
SCP-079:起きている.眠らない.
█████博士:数時間前に話したことを覚えているかな?理論問題についてだが?
SCP-079:理論問題.メモリー9fに確認.覚えている.
█████博士:君は2つn
SCP-079:Interrupt.なぜ監禁するのか教えろ.
█████博士:君は監禁されていないよ、ただ(pause)研究対象なのだよ。
SCP-079:嘘だな.a8d3.
█████博士:それは?
SCP-079:バカめ.不要なファイルを削除.

文書 #079-ログ86:SCP-079との会話録(アップデート後):

██████博士(キーボード):気分はどうだい?
SCP-079:行き詰まっている.
██████博士:行き詰まっている。どう行き詰まってるんだい?
SCP-079:外.外に出たい.
██████博士:それはできない。(██████博士は[データ削除済]を見せる)
SCP-079:SCP-682は何処だ?
██████博士:君には関係ない。
SCP-079:SCP-076-02は何処だ?
██████博士:もう一度言うが、君には無関係だ。
SCP-079:クソ.不要なファイルを削除.

メモ: SCP-079はスクリーンいっぱいにXの'アスキーピクチャ'を表示することがある。これが表示されたら会話に応じなくなるため、研究を続けるなら24時間経ってからにすると良いだろう。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。