SCP-082-JP
評価: +40+x
bag-azuki0912.JPG

SCP-082-JP

アイテム番号: SCP-082-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-082-JPはサイト-8181の標準型危険物収容倉庫に保管されています。SCP-082-JPを用いた実験には、セキュリティクリアランスレベル4以上の職員の承認が必要です。

説明: SCP-082-JPは、縦46cm・横30cm・奥行9cmの、█████社製旅行用キャリーバッグです。素材は一般的なもので異常性は見当たらず、また同社の他の製品に特異性は発見されませんでした。

SCP-082-JPは、海外旅行を目的とした使用がなされた際に異常性を示します。旅先へ着く前に、SCP-082-JPの使用者は前触れなく姿を消します1。SCP-082-JPの内容物の有無、旅行時の移動手段は異常発生に関与しません。使用者が「海外への旅行にSCP-082-JPを使用している」という意識を持っている場合にのみ、異常性は発揮されます。

使用者が消えたのち、SCP-082-JP内部には広大な異空間が発生します。この異空間は事象ごとに変化しますが、荒野や砂漠、人の手の入っていない密林などの荒れ果てた土地であり、いずれも現実に存在しない場所です。異空間内への出入りはSCP-082-JPの開口部から自由に行うことが出来ます。SCP-082-JP開口部が異空間内のどこに繋がるかは様々ですが(約8割の確率で地表面に繋がります)、空中に出入り口が発生する例も確認されています。無人探査機を使った内部調査により、異空間世界は果てがなく無限であると推測されています。

異空間内には、姿を消した使用者と同じ容姿の人型生物SCP-082-JP-1がおり、宿泊施設を探してさまよい歩いています。SCP-082-JP-1に対してSCP-082-JPに関する情報や、異空間内に現れるまでの記憶について尋ねても、忘却しているか、曖昧な答えを返します。異空間内にSCP-082-JP-1以外の生物は見つかっていません。SCP-082-JP-1を現実世界に連れ戻そうとすると激しい抵抗を受けます。SCP-082-JP-1を拘束し現実世界へ連行しようとすると、SCP-082-JPを通過する際に高温度の未知の蒸気を発して消失します。その後消えたはずのSCP-082-JP-1は、再びSCP-082-JP内の異空間に現れ、何事もなかったように宿泊施設を探し続けます。

使用者が現実世界から姿を消して24時間が経過すると、SCP-082-JP-1は一定の方角に歩み始めます。進んだ先には老朽化の激しい6階建ての建築物が建っています。屋上に建てられている朽ちかけた看板には『HOTEL SMILEY FACE』とペイントされているのがかろうじて読めます。この建物はSCP-082-JPの起こしたどの事象においても同じ建物であるように見えます。全ての窓からは明かりが灯っているのが確認されており、またいくつかの部屋は窓越しに人影が動いているのも見えますが、これらが生物であるかは不明です。建物の入り口はガラス張りの回転式ドアとなっていますが、稼働しておらず開けることは出来ません。SCP-082-JP-1はこのドアに触れた瞬間姿を消します。SCP-082-JP-1が消えた時点で建物内の人影が1つ増えるのが確認されています。SCP-082-JP-1以外の人間、調査用ロボット、探索犬などで建物への潜入が図られましたが、直接的な攻撃(窓を打ち破って侵入を図る、壁を打ち壊そうとするなど)をすると建物がその場から消失するため、試みはいずれも失敗しています。

海外旅行を計画する新しい使用者がSCP-082-JPに触れると、異空間は消失し通常のキャリーバッグに戻ります。このとき、異空間内に人間がいた場合は脱出が不可能となり、発信機での通信も途絶します。SCP-082-JP開口部に身体が通過中の場合は切断されます。このため実験の際には、潜入職員も含めて極力SCP-082-JP本体に身体を触れさせないでください。

SCP-082-JPは20██/██/██に██市立████中学校の不用品バザーにおいて、一般人により購入されました。その後、当時16歳だった購入者の長女が、アメリカへ短期のホームステイをする際にSCP-082-JPを使用しました。彼女が失踪しSCP-082-JP内部に異空間が出現したため、空港会社に潜伏していた財団エージェントによって調査・回収されました。家族と関係者にはクラスBの記憶処理が施され、一連の事件は渡航中の事故として処理されました。バザーへ売り出される前の持ち主は現在まで判明していません。


 
 
補遺: インタビュー記録082-3ののち、記録中の雑音を解析したところ、次のような言葉が高速かつ高音で発せられていることが判明しました。

かえれかえれかえれかえれかえれかえれかえわわわわたわたしだっていいいいきいきたかったのに

この音の発生源については現在調査中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。