SCP-083
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-083

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-083はカメラで監視し続け、常にセキュリティ違反が発生すれば最低でもLevel3スタッフに連絡できるようになっています。SCP-083への侵入は適当クリアランスのLevel1と2の職員が許可されており、追跡装置の着用が義務付けられています。

説明: SCP-083は無人で2階建ての広さ366平方メートルの荒廃した家々です。██████████の███████地区にあります。██████後、財産整理書に記録されている住所が消失しました。最も新しく住んでいるはずの住人は███████家でしたが、[データ削除済]。財団が取得するまで、正面口と勝手口の施錠システムが腐食、凍結されていて、正面の窓から入れる構造のため地元の麻薬密売人の"事務所"として利用されていました。建物の外側で騒ぎが起きて正面口を[データ削除済]で破られた時、SCP-083は███████で初めて財団の注意を引きました。

SCP-083のドアから中に入った被験者(グループA)はときちんと整理された家具一式と電気式で20世紀初頭の設備、装飾のキッチンがあることに気づきます。窓から中に入った被験者(グループB)は内部を窓から見た通り"暗く荒廃している"と報告しました。グループAの被験者は家の中にグループBのメンバーや他のメンバーを見る、聞く、見つけることができないとも報告しました。グループBはグループAのメンバーがドアを通ると"跡形もなく消え去る"と報告しています。

両グループの説明は建物内の状況どころか、同じ階の間取りさえも一致しませんでした。窓の相対的な位置と、そこから望める通りの風景だけ一致。家の外にいる被験者はグループBのみ見ることができたと報告しています。

この観察は何度もスタッフによって試行、確認され、さらにSCP-083の勝手口からでも"家具付き"の内部につながることが発見されました。非正規の侵入(例、窓、屋根の穴、煙突、その他)では"荒廃した"内部につながり、SCP-083の外部から標準スペクトル映像機でそれぞれ違った方法で侵入した被験者を記録することはできるが、被験者同士お互いを検知することはできません。家具付きの内部が静的ではないとうことも発見されました。SCP-083の間取りは造り、数、種類が明らかに変化します(文書#083-A参照)。SCP-083内部の編成パターンまたは間隔は明らかになっていませんが、SCP-083内部に人間がいる間にこの現象を観察、体験した被験者はいません(実験083-03概要、文書083-C一覧を参照)。人間が内部にいる限り、間取りは安定したままだと推測されます。"家具付き"の内部はよく整備されているように見えますが、住民や管理人はこれまでに発見されていません。

補遺: SCP-083が自律的な対象として評価されるよう要請されました。

文章#083-A:

██████までに19回、SCP-083の実地検証が行われ、それぞれ合計154の異なる独自の間取りを生み出し、複数の検証の中で17の部屋が異なる場所に存在しました(文書#083-B参照)。主に19世紀後半から20世紀までの多様な装飾様式と部屋になり、時代にあった家具と技術でできています。しかし19回とも間取りは366平方メートルの広さであり、どの実地検証でも正面口はFP-0のビクトリア調の応接室と繋がりました。勝手口は[データ削除済]。

#083-A補遺:

SCP-083の記録したすべての間取り図を比較分析していると、FP-0の北側の壁にある小さなドアが常にクローゼットを晒すように開放されていることに気付きました。クローゼットの寸法と内容は異なってはいましたが、ティール色と白色の"デラックス・コンバーチブル"直立型フーバー掃除機が全体の60%以上で確認されています。FP-0から続く3つのドアのうち、2つに何もない場合に高い確率で残りの一つ(フーバー掃除機ある)がこのような結果を示すかは不明です。

文書#083-C: 実験083-03概要

█████、███ ██████博士はSCP-083に正面口から入り3台のビデオカメラをセットしました。1台目はFP-0の中央に、2台目は2階のDR-2とK-4の中間に、3台目は地下のST-1に設置。窓Aから侵入した職員はこれらの部屋と3台のカメラを確認することはできなかったが、外部からのEMセンサーでSCP-083内部のカメラは確認されました。

観察は48時間行われ、その間職員が中に入ることは許可されませんでした。SCP-083内部や部屋に動きは観察されず、カメラの位置も固定されたままでした。48時間後、エージェントは3台のカメラを回収しに侵入するが、磁気的に確認することができたFP-0のカメラのみしか回収できませんでした。2台のカメラと部屋は別の部屋と変化し、消えていました。この結果にもかかわらず、EMセンサーは2台のカメラの磁気シグナルを感知し続け、2台が全く移動していないことを示していました。

部屋の再編成に注意して、36時間過ぎるまで1時間毎にSCP-083の捜索を行ったが部屋が再び現れることはなく、36時間後にはシグナルの検知閾値が減少しました(おそらくは2台のカメラのバッテリが減少したため)。3週間後、ST-1が2階に再出現されバッテリのなくなったカメラも回収しました。3台目のカメラは紛失したまま。

#083-Cノート: メモ

███ ██████博士は実験083-03の繰り返しを要請し承認されたが(実験083-05として登録)、さらに6台のカメラを同様な現象で損失した。財団は科学的追求をすることを許可したが、"消失した"資機材を部署予算から当座貸しせずに済む方法が発見されるまでこのような実験を今後中止することを決定した。

―█████ █████博士

文書#083-D:

█████、エージェント・██████████はSCP-083の実地調査を実施し、"鍋釜を叩いたような音"、"調理中の肉の匂い"等の食事の形跡があると報告しました。エージェント・██████████は音源どころかキッチンさえも見つけることはできませんでした。エージェント・██████████は食堂(DR-8と指定)を発見しましたが、明らかに使用された形跡はありませんでした。エージェント・██████████が報告した音や匂いが"消えるまで"に約20分続きました。その他に侵入者の痕跡はありませんでした。

文書#083-E:

█████、SCP-083の煙突から煙が立ち込めているのが観察されました。エージェント・████████は暖炉に残り火があるのか確認するためにSR-12と指定された場所へと派遣されました。SR-12は以前にSCP-083内部調査5と6で記録していますが、どちらとも暖炉は冷えていて綺麗だったと報告されています。エージェント・████████は[データ削除済]の暖炉から燃えかけていた新聞と█████の葉巻を回収しました。

SCP-083を調査しても侵入者の痕跡はなく、監視カメラでも決められた間隔で出入りする適当な職員以外に他の人間を確認することはできませんでした。エージェント・████████は火が消えるまで現場で待機しましたが、煙は消えると再び出ることはありませんでした。エージェント・████████はSR-12内を触れず、████に家から出ました。24時間後、エージェント・████████はSCP-083に戻りましたが、3度の実地調査でSR-12が発見されることはありませんでした。

█████の葉巻を分析してもDNAは検出されませんでしたが、[データ削除済]が引き起こされました。

補遺: SCP-083のEuclid昇格を推奨します。[██/██/████承認]

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。