SCP-086
評価: +4+x
rotary%20phone%20from%201970s%20%28SCP-086%20image%29.jpg
SCP-086-1

アイテム番号: SCP-086

オブジェクトクラス: Safe Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-086 は生物研究ステーション71のオフィス A-19 内に収容する。ドアの外側の秘書席には1名の武装警備員を待機させなければならない。SCP-086 を構成する全ての物品は互いに6m以内になるよう配置しなければならない。

SCP-086-1 は秘書席の電話に接続し、オフィスの机の上に置くこと。SCP-086と担当者間の全ての会話は録音および記述し保管しなければならない。

6日ごとに SCP-086-2 は4本の標準的な市販の16cmのHB鉛筆を鉛筆削りで削り、これは少なくともそれぞれの鉛筆の質量の95%が削られるまで使用させ続けなければならない。担当者は SCP-086-2 に削りカスが詰まったと判断したとしても空にしてはならない。そのような場合、実際には10分間待つことで動作を再開する。

7日ごとに、SCP-086-3 に市販の200個のホチキス針のブロックを補充しなければならない。

20日ごとに、SCP-086-4 に15枚の構内で作られた標準的な未使用のセルロースアセテートのマイクロフィルムを補充しなければならない。

SCP-086-5 に半分以上代謝物が溜まったときはその都度この代謝物を排出しなければならない。代謝物は焼却処分すること。

SCP-086 に要求された全ての書類は現場責任者の承認を得なければならない。

SCP-086 が作成した全ての研究案は、O5レベル担当者の承認を得なければならない。

説明: SCP-086 はその構成物それぞれが1978年の事務用品の体をなした集合的な組織であり、以前財団の管理者だった[編集済]博士(1907-1978)の自我を持っていると主張する自我を持っている。SCP-086 を構成するのは8つの物品で、ダイヤル式の電話機(SCP-086-1)、壁掛け式の鉛筆削り(SCP-086-2)、卓上ホッチキス(SCP-086-3)、マイクロフィルム読み取り機(SCP-086-4)、冷水器(SCP-086-5)、書類棚(SCP-086-6)、科学計算機(SCP-086-7)、計算尺(SCP-086-8) からなる。これらの構成物の間に物理的、電磁気的なつながりは発見されていない.

SCP-086 の各構成物はナイロン、レーヨン、ポリエステルの製品のように、有機質、つまり様々な量のキチン質、角質、炭酸カルシウムで構成された甲殻などで構成されている。DNA解析の結果、SCP-086に含まれる繊維は人間の体組織の一部であり、[データ削除済]。

SCP-086-1 は、構造的、解剖学的な問題にも関わらず脳として機能する大量の神経組織を含み、この脳が SCP-086 の自我の主要な役割を担う。

SCP-086-1 は受話器のマウスピースに耳に相当する(鼓膜、耳小骨など)ものを持ち、音を聴くことを可能としている。X線検査・超音波検査でその構造を明らかにすることができなかったが、SCP-086 は耳あてを介して話すこともできる([編集済]博士の声とアクセントにぴったり一致して)。SCP-086-1 はベルを鳴らすことも可能だが、SCP-086 はベルを鳴らすことを「頭痛を起こす」と話しているため、眠りから覚めるとき(この際2倍の速さで鳴らす)や苦しんでいるとき(この際モールス信号でSOSを鳴らす)のみに鳴らす。

SCP-086-2、3、および 4は摂食器官として機能する。SCP-086-2 は鉛筆の削りカスを消費し、SCP-086-3 はホッチキス針を消費し、SCP-086-4 はマイクロフィルムを消費する。SCP-086-5 は膀胱と腸に相当する複合物として機能し、代謝物を蓄積する。

SCP-086-6 は知覚と手の機能を複合したようないくつかの器官を持つ。SCP-086 はSCP-086-6 の内部に置かれた印刷物を読み小さな品物を操ることが可能であること(例えばページをめくる、書類をABC順に並べるなど)が証明されている。SCP-086 の要求により、通常は分類されてない書類や書記作業が与えられる。

SCP-086-7 および 8の生物的機能はまだ決まっていないが、SCP-086 は付近からこれらが撤去されたとき顕著な不快感と混乱を感じたと述べたため、知覚の中で何らかの役割を持つと推測される。SCP-086-7 は入力を受け入れるがそれに対する出力はでたらめな図案や LED のノイズであるようだ。

SCP-086 は[編集済]博士の記憶への完全なアクセスをこなし、全ての試験で[編集済]博士の生前の心理学的プロファイルと100%一致することを示した。しかし、SCP-086 はそれが実際[編集済]博士自身の思考であると裏付ける方法はなく、また[編集済]博士のであるかのように巧妙に見せかけている別の知的存在か、あるいは自分自身が[編集済]博士だと信じ込んでいる別の眠れる人格かもしれないと指摘した。

入手した記録:

SCP-086 は1978年6月12日、SCP-████を封じ込めることで発生したPNクラスの事件で[編集済]博士が死亡したと推定される時に誕生したと推定される。1978年6月20日、[編集済]博士のオフィスは保守担当者が後任者に割り当てるために空室にした・ この時点で、SCP-086-1 は電話線に接続されていないにも関わらず繰り返し鳴りはじめた。保守担当者はレベル3作業員に通報し、彼はSCP-086-1の電話に応えた。

ひととおりの会話の間、SCP-086 は自身を[編集済]博士だと認識し、レベル3担当者に自身のセキュリティクリアランスを無効化し、この存在と性質について完全なレポートをO5レベル担当者に提出するよう指示した。

[編集済]博士は自身を SCP だと報告したこと及び異常な存在に自身のふるまいを再現するよう影響したことを賞賛に値する行動として死後表彰を与えられた。

注記: SCP-086 は当初 Safe 分類でしたが、これは異常な生物的機構と代謝物のある知的存在であり、なおかつかつてレベル4セキュリティクリアランスを持っていたSCP財団の管理者の記憶に完全にアクセスできるため、Euclid に分類すべきだと自身が申告しました。

注記: SCP-086の誠実さは評価するが、今のところこれを"Euclid"に分類する切実な理由はない。状況が変われば再考するだろう。― O5-█

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。