SCP-088-JP
評価: +19+x

アイテム番号: SCP-088-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-088-JPの発生が確認された場合、カバーストーリー「母体への影響の強い死産」を適用させて紙-Aを摘出します。その後対象者と関係者には記憶処理を施します。

説明: SCP-088-JPは妊娠中の人物に極めて低い確率で発生する異常現象です。SCP-088-JPが発生した妊婦(以下対象者)は妊娠中の胎児が消失し、非異常性の紙(以下紙-A)が出現します。大抵の場合SCP-088-JPの発生により、妊婦が肉体的苦痛を訴える事でSCP-088-JPが発覚します。

紙-Aは画用紙、はがき用紙など様々な種類があります。これは対象者の生活する文化圏に根付いたものになる傾向が報告されています。紙-Aには拙い字体、語彙の文章が書かれています。文章の内容は細かい差異はあるものの、対象者の元に産まれたくないという旨が書かれている点で共通しています。

対象者の出産予定日付近になると対象者の元に別の家族の元で産まれたという内容1が書かれた実在する家族の写真付き手紙が届きます。差出人は写真に写った人物ですが、当人は送った記憶がないと主張します。その人物の元に産まれた子供と対象者には血縁関係は見受けられません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。