SCP-089-DE
rating: +3+x
Puppe.jpg

収容時SCP-032-DEによって持ち込まれたSCP-089-DEの写真。

アイテム番号: SCP-089-DE

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-089-DEは現在収容されていません。そのため、全てのメディアで「ロボット」の出現についての報告を監視する必要があります。出現が確認された場合、機動部隊DE2-𝕴 ("光の鎖")が事件の調査のために派遣されます。SCP-089-DEの存在、またはそれによって影響を受けている機械の存在が確認された場合は、重火器およびEMPの使用が許可されます。

SCP-089-DEやその影響を受けた対象の捕獲に成功した場合、それらはあらゆる状況下において他の全ての機械から遠ざけられ、適切な機械的アノマリー輸送ユニットに完全に固定された場合にのみ輸送されます。

サイト-DE17にはSCP-089-DEのための隔離房が備わっており、SCP-089-DEの捕獲後はすぐにそこへ輸送される必要があります。

SCP-089-DEによって変化させられた機械の間には大きな違いがあり、単純な分類はできません。そのため、捕獲された対象は別々のSCPオブジェクトクラスを与えられる必要があります。

説明: SCP-089-DEは身長約170cmの人型アンドロイドを指しており、明らかに「ホド」という名前で知られています。SCP-089-DEは、首や上半身、前腕および両手などの容貌から、女性を模しているように見えます。SCP-089-DEは常に、明るいピンク色の羽織のついた黒い幅広のドレス、黒い膝丈のブーツ、黒い蝶のマスクおよび白い巻き毛のかつらを身に着けているため、身体の残りの部分は認識できません。しかし、SCP-089-DEの衣服が損傷した際のビデオ映像の分析では、その下半身、上腕および両脚が、身体の通常目に見える部分のように覆いがないことを示唆しています。

現在までSCP-089-DEを収容することはできていませんが、財団の部隊とは数回に渡って接触しています。この遭遇により、SCP-089-DEは優れた思考能力を所持していること、またおそらくエネルギーの補給を全く必要としていないことが分かりました。対象は周囲の状況を視覚的、聴覚的および触覚的に知覚することができ、そして財団職員によって「ロボットのような音」と記述される、低い女性の声をしています。SCP-089-DEの体力の程度についてはあまり知られていませんが、ただし対象は無傷の状態においては、完全武装した特殊部隊の兵士を片手で持ち上げ、4mまで投げることができました。しかし、ピストル射撃やこぶしによる打撃のような場合であっても、SCP-089-DEに目に見えて損傷を与えるのに十分であることから、体の仕組みは繊細であるようです。それでも、体の軽い重量は対象の素早い動きに繋がっており、それはほとんどの攻撃を回避することを可能にしています。SCP-089-DEが全速力で走行した場合、最高時速60kmに達することが確認されています。見たところ、EMPの武器はSCP-089-DEに対して全く効果がないようです。

SCP-089-DEは、15秒間ターゲットと物理的に接触していた場合、どの機械にも異常な影響を与える可能性があります。その際、接触が対象の衣服によって妨げられているかどうか、あるいは当該の機械のどの部分に触れているかは問題ではないようです。SCP-089-DEの影響を受けた機器はもはや動作しなくなり、自律的に動き始めます。それに加えて観察された事例の97,7%は、影響を受けた機械がその形状を変化させ、およそ人型あるいは動物の形をとることもありました。見たところ、この過程では量の損失や増加は全く起こっておらず、また材料も全く変化していないようです。機器が固定装置の中にある場合は、固定装置がその機器を他に接続された機械あるいは車台に接続しない限り、機器の接続は解除されます。これらは変化のプロセスに含まれています。

sasidome.png

SCP-089-DEによって改造されたトラック。

SCP-089-DEによって変化させられた機械は、人間のような知性を持ち、彼らの環境を視覚的に、聴覚的に、そして触覚的に知覚することができ、また言語によるコミュニケーションが可能です。SCP-089-DE自身と同様に、これらの機器はもはやエネルギーの補給を必要としなくなるようですが、機械の部品は未だに通常の損耗の影響を受けており、必要に応じて交換されなければなりません。これらの機械は、それぞれの命令を実行する際には、明らかにSCP-089-DEを権威者と見なしているようですが、彼らは同じ命令であっても異なる解釈を行っていたことが観察されました。これは、機械にある程度の自律性があることを示唆しています。彼らには、本来設計された目的に応じて、様々な武器や環境の影響に対してそれぞれ異なる耐性や弱点があります。ただし、機械がそれらの耐性や弱点に対して保護されているか、完全に対応した構成がされている場合を除き、全てのケースにおいて彼らはEMP武器によって、一時的に「ノックアウト」されうるというだけです。

SCP-089-DEによって改造させられた機械のもう一つの特徴は、彼らが所持するのと同じ能力を、他の機器にも付与する能力です。これは通常、彼らの機械の部品の一つをターゲットとなる機器に取り付けることで行われましたが、他の方法も確認されました(例えばSCP-███-DEを参照)。ただし、この方法によって呼び起こされた機器においては、形態の変化が一度も観察されたことがないため、その効果を伝える能力もないようです。

SCP-089-DEおよびその作用によって呼び起こされた機器は、明らかに要注意団体である「カエクス・カーネリアナ・コレクティブ」の一部のようです。彼らは決して一般の人々には直接危害を加えようとはしませんが、彼らの財団や敵と見なされる他のグループに対するいくつかの行動および戦闘の際に、人々は既に間接的に被害を受けたりあるいは殺害されたりしています。SCP-089-DEは少なくとも改造された3台の戦闘機で移動するため、現在にいたるまで未だに財団に捕獲されていません。改造された戦闘機のうちの少なくとも一つは、EMP武器に耐性があります。さらに、SCP-089-DEが戦闘後どのようにして受けた損傷を修理するのかは未だ不明です。

SCP-089-DEは、事件-DE/B33の発生中に初めて姿を現しました。長い間、財団はこのSCPについての情報を、第25局によって遂行されていた「アテナプロジェクト」の25個の文書群を財団の調査チームが復元するまでは、観察によって得られた分析を通してのみ集めることが可能でした。これらの文書群は、SCP-089-DEに相当する特性を備えた異常性が記述されています。これら二つは、同一の存在であると仮定されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。