SCP-090-JP
評価: +24+x

 

自動通達
以下の文章は貴方達の理念に基き、我々の手によって意図的に残した物です。


 

アイテム番号: SCP-090-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-090-JPはサイト-81██内の一般低脅威度生物収容エリア内に、現在約8kgの米糠と合わせて約200 60匹が収容されています。SCP-090-JPの要求に応じて定期的に米糠を補充し、SCP-090-JPの個体数を維持して下さい。収容されていないSCP-090-JPに対してはフロント企業「せやま清掃慈善団体(Seyama Clean Philanthropy)」より日本各地の無人精米機他米糠の密集している地点を探索・回収を行って下さい。

説明: SCP-090-JPは異常性を備えたトビイロウンカ(Nilaparvata lugens)です。一般的な同種とは異なり卵の外見・翅はアジアイネ科の籾殻を擬態した形状を示し、米糠を主な食事として摂取します。成虫は十分に種子に栄養が行き渡った収穫期の稲穂に対して、種子1粒につき1つの卵を植え付けます。卵は収穫時に周囲に米糠が存在する場合に孵化します。今特性から卵を植えつけられた稲穂が無人精米機によって脱穀された場合以外は、SCP-090-JPが孵化する可能性は極めて低いと予想されています。また、脱穀機の作用により産み付けられた卵が孵化するのは全体の約30%程です。孵化したSCP-090-JPは年に4~5回の脱皮を繰り返し、米糠内に辿り着いてから翌々年の初夏に同米糠内でのSCP-090-JPと交尾、雄は交尾後雌により捕食されます。その後雌は近辺の水田・畑へ飛来、卵を産卵後死亡するプロセスを繰り返します。
同じ米糠内に辿り着いたSCP-090-JPの個体数に応じて、SCP-090-JPの動作は段階的に変化します。

個体数 確認された動作
約30体以下 特に目立った異常行動は確認されない。
約40体以上 食事・休息等の時間をグループ(凡そ2~20体)でずらして行動する
約100体以上 米糠内の生息範囲の巡回・排泄物を一箇所に集め始める。
約200体以上 平坦に均した米糠表面にSCP-090-JP自身が文字を象るよう整列する事で、此方との意思疎通が可能となる。
約500体以上 インタビューログ-2を参照。

<インタビューログ-01 ████-██-██>

付記: サイト内で意図的に繁殖させた推定200体以上のSCP-090-JPとの会話記録。SCP-090-JPの発言は米糠上に浮かび上がった文字の書き起こし。

<録音開始>

五十鈴博士: こんにちは、SCP-090-JP。

SCP-090-JP: だれ

五十鈴博士: 其方の身の安全を確保する為に来たものです。あえて言うならば。

SCP-090-JP: いらない

五十鈴博士: 要らない、それはどうしてですか。

SCP-090-JP: じぶんたちつよい いきのこった

五十鈴博士: 生き残った…脱穀の事でしょうか?

SCP-090-JP: じぶんたち えらばれた つよい すごい たすけ いらない ごはん くえる

五十鈴博士: それは……本当にそう思ってるのですか?

SCP-090-JP: じぶんたち ずっと ごはん くえる

五十鈴博士: 因みにですが、ごはんはどうやって手に入れるものですか。

SCP-090-JP: ごはん かってに でてくるもの

終了報告書: 知能自体はとても低いものと予想される。逆に言えばそれだけ扱いやすいとも考えられる。

<インタビューログ-02 ████-██-██>

付記: サイト内で意図的に繁殖させた推定500体以上のSCP-090-JPとの会話記録。SCP-090-JPの文面は米糠上に浮かび上がった文字の書き起こしとなる。

<録音開始>

五十鈴博士: こんにちは、SCP-090-JP。

SCP-090-JP: こんにちは、五十鈴博士。

五十鈴博士: [3秒の沈黙]私の事を覚えているのでしょうか?

SCP-090-JP: 母親達からあなたの事は知っています。本日は我々へのインタビューが目的なのでしょうか?

五十鈴博士: ええ、その通りです。

SCP-090-JP: とは言えども、我々は普段通りに過ごしています。何か変化と言えば、以前の我々との違いを挙げるべきでしょうか?

五十鈴博士: ……その通りです。

SCP-090-JP: 分かりました。それでは僭越ながら我々が行っている事を述べますので、相違点を見付けて頂ければ幸いです。

五十鈴博士: ええ、どうぞ。

SCP-090-JP: 我々は朝・夜、1日2回祈祷の時間を設けました。1日の始まりと終わりに行います。貴方達の言う神様、または造物主への感謝が主だったものです。食事時間は住居内の温度変化、凡そ76分間隔で6つのグループが食事を行います。警備兵は生成した糠団子を持参する為食事時間は不定期です。

SCP-090-JP: それから、昨日の事なのですが我々の中に死亡者が6体ほど確認されたので、哀しくも埋葬を行いました。墓付近の掃除は毎日行っています。

SCP-090-JP: 排泄物の処理に関しては第4トイレを設けました。このままのペースでは第1トイレを8日後周辺ごと削る形で廃棄を行いますので、その際には米糠の提供量を現在より2割弱増やしてくれると嬉しいです。

五十鈴博士: 細かい所までありがとうございます。提供については報告しておきます。

SCP-090-JP: こちらこそありがとうございました。

五十鈴博士: 最後に一点だけ……そこまで何故財団に対して協力的なのでしょうか?

SCP-090-JP: まだ協力するべきだと、教えられましたから。

五十鈴博士: 誰にですか?

SCP-090-JP: 我々にです。

<録音終了>

終了報告書: 知能他文化的な面の著しい増加が確認出来る。これ以上の個体数の増大は控えるべきだろう。

補遺: 今インタビューログを記載後、エリア内で飼育していたSCP-090-JP群は米糠内から頭部を切断したSCP-090-JPの死骸を一斉を排出し、現在生存している個体数は215体に減少しました。何らかの手段によって財団内の情報を閲覧、安定した保護を維持する為の行動と予想されています。

SCP-090-JPは蒐集院によって████年代には現在の新潟県内部にてその存在が確認されており、譲渡された文献内には「籾殻欺き」として定期的な駆除・総数の管理作業が行われていたとされています。今駆除作業によって財団に吸収されて以降から████年現在、生息地域は██県██市、並びにその近隣の地域に限られていると予想されます。
補遺: 確保から███日が経過して以降SCP-090-JP内に生殖機能を持たない、生殖器自体が存在しない個体が数多く確認され、財団内で飼育、生存していたSCP-090-JPは現在60匹まで減少しました。死体解剖の結果遺伝子内の異常によるものと予想され、蒐集員が管理していた時にも同様の個体数減少が発生していた事から財団外における定期的なSCP-090-JPの繁殖・散布が大々的に行われていた可能性に関し現在調査が進められています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。