SCP-091-ARC
評価: 0+x

当ページは削除の対象に選ばれました。しかしながら、サイト上のあるページが当記事に関する知識―通常はtalesまたはsupplement―に依存するため保持されました。次の記事がこのページに言及しています。

Archived SCPsについての詳細は、FAQあるいはArchived SCPのハブをチェックしてください。

アイテム番号: SCP-091

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-091は調整された地下植物園に収容されます。

収容区域は常に証明で照らしてください。4基のHMI1をグリニッジ標準時0:00から16:00まで点灯し、その後8基のナトリウムランプと入れ替わりになるよう順に消灯し、グリニッジ標準時0:00までナトリウムランプで照らしてください。ランプの交換は機器寿命の半分が経過した時点で、人工”夜間”に行う必要があります。

土は深さおよそ1mを保ち、pHレベルは異常が無いかどうか1日に1回測定されます。指定の堆肥は朔望月の初めに収容区域内へと導入されます。堆肥を変更することによって収容上の問題が再発しないよう、安全手順を遵守しているかどうか上級科学職員があらかじめ検査したのちに運び込まれます。堆肥はSCP-091から3m以上離して与えられねばなりません。いかなる状況下であろうとも、SCP-091に触れてはなりません。接触事故が発生した場合、緊急枯葉剤プロトコルが実行され、すべての担当職員とその所持品は保安のため生け贄に捧げられます。

収容エリアの内壁は15mm厚の鉛でコーティングしてください。封じ込め違反に備え、エリア外から二十四時間体制の監視を行ってください。違反発生時には緊急枯葉剤プロトコルが実行されます。

すべての男性スタッフは週に1度医療検査を受ける必要があります。融和が見られた場合はレベル4の隔離プロトコルが実行されます。融和が見られたスタッフはその所持品とともに生け贄完遂のため破壊されなければなりません。男性スタッフは収容区域に立ち入ってはならず、四半期ごとに入れ替えられ、配置の前後2週間は検疫を受ける必要があります。

説明: SCP-091は、あらゆる観点から見て1本の落葉樹です。樹高はおよそ4mで、月齢と同期して±50cmの誤差を生じます。

植物として分類されるのにもかかわらず、SCP-091はきわめて女性的な性質を有しています。現在オブジェクトには配合堆肥が与えられており、男性スタッフが近づかないかぎり動いたり成長したりすることはありません。SCP-091が果実、花、種子その他生殖可能性を示す生成した事例は確認されていません。空気中の物質検査および制御環境下での樹体分析も行いましたが、土中・空気中ともに胞子は確認されませんでした。

SCP-091は過去に感染性の資質を見せており、クラス-8の生物学的ベクターとして扱われなければなりません。

レベル4クリアランスを持つ幹部職員は、文書-091bを参照してさらなるデータを確認してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。