SCP-091-KO
評価: +2+x
uf.jpg

地上でSCP-091-KOを撮影した後、拡大した写真。SCP-091-KOは民間人に多くの場合、UFOと誤認される。

アイテム番号: SCP-091-KO

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-091-KOは、現在収容されていません。財団所有の衛星を利用して、SCP-091-KOの位置を継続的に監視しつつ、その予想経路が民間航空機の航路と重ならないように、各航空会社のフライトスケジュールを調整してください。現在、SCP-091-KOは人気の無い████付近の砂漠上空に位置しています。SCP-091-KOに接続された移動制御装置を積極的に活用して、オブジェクトがこの場所から移動しないように監視し、管理してください。機動部隊ξ-22がSCP-091-KOを担当し、このオブジェクトに関する情報がメディアに漏れないように制御しなければなりません。また、現在のSCP-091-KOの異常性は専門の研究員によって継続的に研究されているため、機動部隊は今後の調査の結果に基づく収容計画をすぐに実行できるよう、研究員との緊密な連絡網を構築するようにしてください。

説明: SCP-091-KOは、標高8,000m~10,000mの区間で浮遊している生物です。SCP-091-KOの外形は、水平方向の直径が約1kmにも及び、中央部が上下に隆起した円盤の形をしていて、全体の質量は約8,000tと推測されます。何故それほどの規模の生物を地上から肉眼で確認するのが困難であるのかについての理由はまだ明らかにされていません。また、全体的に緑色を帯びており、ヘリコプターを利用して接触し調査した結果、SCP-091-KOは植物細胞で構成されていることを知ることができましたが、そのDNAは現存する如何なる植物にも一致していませんでした。

SCP-091-KOの表面の細胞には、不凍液の役割を担う物質である██████と葉緑素が存在しています。またその内部は、水素ガスと不凍剤、生体活動に必要な水で構成されており、この水素ガスと水を利用して自分の飛行高度を調節することが明らかになりました。高度を下げる場合、大気中の水蒸気を体内に格納して重量を増やして、高度を上げる場合は吸収された水を排出して重量を減らします。このとき排出された水は、通常地上に雨のように降り注ぎ、地上ではそれを通常の気象活動により発生したにわか雨と区別することができない場合が多いです。しかし、SCP-091-KOの付近の大気中の硫黄酸化物、窒素酸化物などの濃度が高い場合、SCP-091-KOの内部に吸収されていたこれらの物質が排出される水と混ざりあい、一般的な酸性雨よりも強い酸性を持った雨が地上に降り注ぐことになります。

財団はSCP-091-KO内部の水素が漏れだした場合、SCP-091-KOは地上に墜落するものと考えており、その大きさと重さを考慮すると不必要な被害がもたらされると判断したため、特別収容プロトコル以外の収容対策は保留している状態にあります。

補遺1: SCP-091-KOを担当している███博士の意見書

これが一体何の生物なのかを知ることはできませんが、確実であるのはこれも生物である以上繁殖をするための手段があるという点です。その繁殖時期がいつになるかは不明ですが、実をつけて種を広める方式ではなく、タンポポのように種子を風に乗せて広める方式であるならば……少し考えるだけでも大惨事です。SCP-091-KOを集中的に調査するため、採取した体細胞を複製、培養することの許可を要請します。

要求を承認する。 - O5-█

補遺2: SCP-091-KOの1次調査結果の発表

SCP-091-KOの内部は概ね空洞で構成されており、その空洞の大部分は水素ガスで満たされていることが明らかになりました。SCP-091-KOの内部組織には細菌が生息しており、この細菌はSCP-091-KOと共生関係にありオブジェクトから栄養素の供給を受けています。また、細菌は栄養素の摂取の副産物として多量の水素を生成するために、このように生成された水素がSCP-091-KOの飛行手段として使用されます。オブジェクトの位置調整のために使用される水素の量が莫大なほど、不慮の事故が発生したときに水素ガスによる大規模な爆発が起きる可能性が上がります。

補遺3: SCP-091-KOの2次調査結果の発表

体細胞を培養して研究した結果、SCP-091-KOの下部には複数の気嚢が存在していて、それが全体の1/4程度であることが判明しました。1つの気嚢には排気口が複数の方向に開いており、特定の方向の排気口を開いたり閉じたり、空気を吸収したり排出したりすることで自らが望む方向に移動することができるという事実を知ることもできました。つまり、排気口の制御ができているならばSCP-091-KOの移動経路を制御することができるという結論が出せます。

研究チームはSCP-091-KOの排気口の制御を獲得するための装置を用意すること。装置が完成次第、特別収容プロトコルに活用する。 - O5-█

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。