SCP-092
評価: +7+x

アイテム番号: SCP-092

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 3,125枚のSCP-092は特異でない音声コンパクトディスク(CD)を収容するのに適当なケースに個別に収め、サイト37の標準非動的物体ロッカーに保管してください。それぞれにマジックで個別に番号を振ってください。

SCP-092の試験は防音室で行ってください。一度に検査するSCP-092は一枚だけにしてください。以前に検査していないSCP-092を聴くのはDクラス職員だけにしてください。非Dクラス職員がSCP-092を聴くような研究の提案にはサイト指揮官の書面による認可が必要です。

SCP-092-Bの死体は今のところその関連団体を除けば特異なところはないと見做されているため、サイト19の死体安置冷凍庫で保存してください。

説明: SCP-092は3,125枚の音声CDで、どれも『フィフス・ディメンション絶対絶対絶対絶対ベスト!!!!!(The Absolute Absolute Absolute Absolute BEST of The 5th Dimension!!!!!)』とラべリングされており、また、アメリカの歌手グループ『フィフス・ディメンション』に参加していた時期のある31人の演者の名が記されています。SCP-092は、標準的なCDプレイヤーで再生したとき、それぞれで異なる特異な作用を可聴範囲にいる全ての個人に対し及ぼします。特異な現象は74分(標準的な音声CDの長さ)で終わりますが、その間は聴取者は可聴範囲を離れられませんし、CDプレイヤーを止めることも、あるいはその他その機能を邪魔するようなこともできません。さらに、特異現象が終了したとき、全ての生き残った聴取者は揃って『ワオ、マジでクールだった(Wow, that was real cool)』というフレーズの唱和に参加することになります。この唱和が観察されるのは非英語話者、まだ話せない幼児、失神した者、麻痺した者、そして喉頭や舌や口内の損傷により物理的に発声できない者にまで及びます。

SCP-092それぞれの特異な性質は、その主題や概念において、5という数、次元、フィフス・ディメンションのメンバーの内のいずれか又はこれらと結びついている事です。██/██/████現在、872枚のSCP-082が査定済みで、その特異な性質について正式に記述されています。完全なリストについては092-W83を、代表的なサンプルについては下記を見てください。

SCP-092をパーソナル・コンピュータのCDドライブに挿入すれば、その特異な作用を発動することなくファイルにアクセスすることができます。ファイルを検査したところ、CDそれぞれには異なるコンテンツが入っていることが示されました。コンテンツは全て音声素材で、フィフス・ディメンション及びメンバー各個人がパテントを持つものです。既知の商業的に発表された歌に加え、ファイルにはライブ演奏、セッション、オーディション、メディアによるインタビュー、私的な会話が含まれています。

取得記録

████年5月5日、正体不明の男(以下SCP-092-B)が二つのスーツケースを持ってサイト19の門衛に接触、彼自身と彼の特異な創造物を財団の拘留下に引き渡すことを希望したいと述べました。スーツケースの中身は没収され、SCP-092と分類されました。SCP-092-Bは尋問のためサイト37に移送されました。

調査の間にSCP-092-Bは、SCP-092全ての間にはその主題(五、次元、フィフス・ディメンション)において繋がりがあることを明らかにし、それから自殺しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。