SCP-094
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-094

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-094は明らかに動かせないため、研究や格納施設は、アルゼンチン軍の研究基地と装ってその場所 (北緯4█.██████°, 西経6█.██████°)周辺に構築されています。SCPアルゼンチン軍連合の強制により、許可のない人や航空機がサイトの1km以内に入ることはできません。

SCP-094は鉄筋補強されたガス透過性のプレキシガラス製の一辺3mの立方体で囲まれています。壁には(プレキシガラスで補強された)ドアが一つ設置されています。このドアは、厳しい管理状況下でO5の許可を持つ場合を除いて、常に施錠しなければなりません。この立方体は20m x 20mの部屋の中心に保持され、アクセスするにはレベル4の許可が必要です。その部屋の床を踏む前に、全職員は壁に繋がった命綱を着用し、自分自身を守らなくてはいけません。セキュリティ担当者は、標準的な軍備のほかに麻酔銃で武装しなければなりません。

説明: SCP-094は直径163cmの完全に黒い球体のように見え、明らかに支え無しで高さ約3mほど宙に浮いています。SCP-094は事象の地平線模型として分類されています。SCP-094の中にどんな物質も引きこまれ、光でさえも取り返しがつきません。しかし、SCP-094は引力を及ぼさないのでブラックホールではありません。

SCP-094は時折たくさんの異なる音を放出します。自然な環境音、ブーンという雑音、たまに人間の話し声を含んでいます。SCP-094とコミュニケーションをとる試みは未だ成功していません。それらの音を出すのは、SCP-094それ自体からなのか、SCP-094内部のものか、またはSCP-094に接続した領域からなのか、明らかになっていません。それが放出する音が原因で、一握りの人がSCP-094に引き寄せられるように思われます。

SCP-094は、192█年アルゼンチン南部チュブ州で発見されました。その時それは直径20から25cmだったと推測されています。SCP-094の直径が約31年毎にサイズが倍になっている事を、歴史資料の分析が示しています。SCP-094への初期の研究活動は、大変動を引き起こさずに、その成長の止め方や逆に縮める方法を見つけることに集中しています。

補遺: SCP-1032の針は、SCP-1032-15がその「ミッドナイト・イベント」に2690/09/04に到達することを示しており、それはSCP-094が現在の成長速度で地球全体を完全に覆う日時にほぼ一致します。

メモ: 一ヶ月に数ミリの変化は大したことではないように見えるかもしれないが、そうではない。現在あなたには日に日にSCP-094の変化するのが見えないのかもしれない、だがもし、それが指数的成長をし続けるとしたら、250年以内に幅も垂直方向も1kmを超えることになるだろう。そしてそれは、これ以上成長が早くならないと仮定した場合であり、それはここにいる人ならほぼ誰もしないような根拠のない仮定だ。 - Dr. Llewelyn-Garcia

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。