SCP-1000-JP
評価: +195+x
継続
J102E3reentryf2077re02.jpg
対話は続けられる。 -O5-██

それでも帰るというの?

037B2001AL12000097.jpg
2001-AL120
パロマー天文台撮影

アイテム番号: SCP-1000-JP

オブジェクトクラス: [Deleted]

特別収容プロトコル: 探査機062-Aへの信号送信は、特別な場合を除いて禁止されています。小惑星AL120の軌道は、常に3箇所以上の観測所によって監視されなければなりません。AL120の軌道に変化があった場合、特別対策班"ペイルブルードット(PBD)"によってトリノスケールの再判定が行われます。L7以上の判定が出た場合、探査機062-Aおよび付属物は即時無力化リストへ編入され、保護措置は破棄されます。当該オブジェクトの情報は、F5以上の表象領域1が割り当てられた職員のみ閲覧できます。

説明: SCP-1000-JPは、小惑星(2001-AL120)の試料採集を目的に製造された、深宇宙探査機(標識番号2003-062-A)の付属物です。

探査機062-Aは、現在一切の遠隔操作を行えない状態にあります。AL120表面で再発見されて以降、探査機062-Aが何らかの信号を受信した場合、AL120の軌道成分に影響する異常現象が発生しています。軌道の変化は、16箇所の財団併設観測所と、221箇所の民間観測所が確認しており、信号受信との確実な関係性を示しています。観測された変化は、軌道長半径の縮小や軌道速度の減少などの微細な変化ですが、何れも天体衝突の可能性を高める変化です。AL120の持つ膨大な質量から、破滅的絶滅イベント(ELE)が発生する危険性があるため、探査機062-Aへの信号送信は当面凍結されています。

2003年5月9日 探査機062-Aは、小惑星から試料を採取する計画2のために打ち上げられました。機体の建造には、財団も費用の負担と一部機材の貸与を行いました。機体は打ち上げ後、約3.1AU3まで航行しましたが、近接する恒星のフレア(X28クラス)に遭遇し、交信途絶状態に陥りました。復旧作業には財団も寄与しましたが通信機能は回復せず、2006年12月31日を以て機体喪失と見なされ、運用は停止されました。

機体喪失から690日後、探査機062-Aの通信機能を担当した研究室と、財団のCETI観測所(6EQUJ5)が8406.99MHzにおいて微弱な信号を受信しました。信号は062-Aから発信されていることが判明しましたが、上記の異常現象が確認され、財団が管轄する案件となりました。

代替シナリオには人工惑星(J102E3)が選定され、再発見から帰還までの記録を再生成し、大気圏への再突入によって無事消滅しました。

SP062AoffimageA001.jpg
探査機062-Aから最初に受信した画像。062-A着陸予定地点と推測される。

探査機062-Aの撮影したAL120の表面は、輝線スペクトル分析の結果とは異なっており、日本列島中央部に位置する山岳周辺と相似しています。当該画像の受信後、撮影続行の命令を送信した際、AL120の軌道変化が観測されました。

凍結
ノストロモ計画

探査機062-Aを収容するため、有人航行計画が立案されました。AL120表層にSRAパネル14基を組み上げ、現地で収容状態へ移行させる計画です。当計画において、人的資源の回収は行われません。

投入資材一覧:
SRAP14FDBP005.jpg
SRAパネル4: 探査機062-Aを収容するための格納庫を構成する機材です。
組立型収容施設 SRAパネル(SRP-005BC) 仕様 ※1基当たり
質量 85kg 最大幅 1,650mm
最大平衡濃度 70Hm/h 安定現実性濃度 2Hm/cm3
稼動出力 150W 動作可能時間 150,000h5
IMS001FDBP002.jpg
着陸船: AL120表面へ機材と人員を運搬するための小型船です。
着陸船 ナーシサス(IMS-001) 仕様
合計質量 15,120kg 最大積載質量 720kg
最大航続時間 160h 降下推進出力 44.4kN
最大幅 4,760mm 全高 6,880mm
脚間距離 9,070mm 最大乗員数 2名
IRV001FDBP002.jpg
運搬車: SRAパネルの運搬とAL120表面上を活動するための車です。
運搬車 ロードジム(IRV-001) 仕様
運転質量 260kg 最大積載質量 320kg
蓄電池容量 200Ah 最高出力 80kw(105PS)
全長 3,160mm 全幅 1,890mm
全高 2,600mm 最大乗員数 2名
SP062Aimage001.jpg
最終点検時の探査機062-A。
作戦スケジュール:
08/11/28: 搭乗員候補10名の訓練開始。
09/02/28: 搭乗員候補の中間試験。
搭乗員を3名、予備搭乗員を3名、計6名に決定する。
09/05/31: 搭乗員の最終試験。
意思確認と特別保存書簡の執筆。
09/06/31: ナーシサス、ロードジム、SRAパネル他装備品と搭乗員3名を惑星周回軌道へ投入。
09/06/31: Mu-TORI再点火、AL120への遷移軌道へ移行。
16/02/02: AL120の重力圏に到達。
AL120の周回軌道へ移行。ナーシサス降下準備。
16/02/04(±07): AL120の表面に着陸。
ロードジム起動。SRAパネル運搬開始。
実験的な現地調査と採取物および記録の保存。
16/02/10(±14): 探査機062-Aの収容完了。
../../.. 以降任意の期間に搭乗員の終了措置。
計画を遂行する以下の職員には、財団への多大な貢献を認め、F4までの表象領域が特別に割り当てられます。

エージェント ジョーンズ -[IDNo.C2007]
エージェント アッシュ -[IDNo.C2260]
ミシマ博士 -[IDNo.B4603]

上記リストに記載のある職員には、特別に書簡を保存することが許可されます。全職員は書簡の写しを閲覧する権利を有します。
保存書簡-NST-006:
保存書簡-NST-007:
保存書簡-OME-011:

ノストロモ計画の凍結が決定されました。探査機062-Aの収容は無期限に延期されます。

通達: オルメイヤー計画は継続されます。投入表象は増員予定です。

接続船ナーシサス受信情報取得クエリ

ナーシサスの受信情報取得にはRAISAの許可が必要です。
閲覧端末のIDと以下の認証コードを照会しますか?
RAISA認証コード-RBP-000012

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。