SCP-1002-JP
評価: +33+x

アイテム番号: SCP-1002-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 財団はSCP-1002-JP-1の発生を観測した場合、カバーストーリー『野生肉食生物の出現』もしくは『肉食動物の脱走』を流すことで周辺住民の安全を確保してください。SCP-1002-JPは基本的には破壊許可が下りていますが、可能ならば捕獲してください。SCP-1002-JPを目撃した一般人はクラスA記憶処理を行った後、解放されます。

SCP-1002-JP-1が発見された場合、ラジコン有線ドローンを用いて向こう側に侵入後、決められた手順を用いてSCP-1002-JP-2を破壊してください。

説明: SCP-1002-JPは頭部に角が生えた人型生物群です。知能は低く、肌は全体的に赤味を帯びています。歯は雑食性の動物と酷似していますが犬歯が著しく発達しています。筋肉は人間のものよりも筋繊維が密になっており人間よりも強い力を出すことが可能です。遺伝子を検査した結果、SCP-1002-JPは人間の近縁種と考えられています。現在財団が回収した個体は大きさや見た目に差はあるものの、全て遺伝子的には同一の個体です。また、寿命が短く、記録上最も長く生存した個体は収容されてから168日で死亡しています。

SCP-1002-JPの主だった行動にはSCP-1002-JP-1(後述)へ人間を拉致していくことが挙げられます。蒐集院が残した文献では人間を捕食したという記録も残っているため注意が必要です。現在、財団はSCP-1002-JPの拉致行動を防いでいますが、SCP-1002-JP-1の出現頻度が不規則であるため、財団の処理能力を超える恐れがあります。

SCP-1002-JPはSCP-1002-JP-1と指定される空間上に開いた穴を通ることで出現します。SCP-1002-JP-1からは未知の電磁波が観測されており、調査の結果、ワームホールのようなものと判明しています。SCP-1002-JP-1が出現する30分前よりこの電磁波が観測されるため、財団はSCP-1002-JPの出現に対応が可能です。この電磁波の影響により、SCP-1002-JP-1を隔てた無線通信はできません。また、SCP-1002-JP-1には長期間維持されているものも存在しており、財団はこれを利用することで向こう側に行くことができます。現時点ではSCP-1002-JPの妨害によりSCP-1002-JP-1付近までしか探索できていません。SCP-1002-JP-1は向こう側に存在する装置(以下SCP-1002-JP-2)が発生源です。SCP-1002-JP-2の周囲には見えない障壁が発生しており、銃撃や爆破では破壊できません。しかし、特定の手順を踏むことでSCP-1002-JP-2内部から破壊が可能です。

SCP-1002-JPの管理は蒐集院を吸収した際に財団に移譲されました。これまで蒐集院はSCP-1002-JPを『鬼』と呼称しており、呪術的な手法で管理を行っていました。蒐集院が管理していた時代において拉致被害者は記録にある限りでは██████名に上ります。しかし、財団が管理を引き継いだことで現在のプロトコルとなり、被害は減少しました。

補遺1: SCP-1002-JP-1への探査記録です。

補遺2: SCP-1002-JP-Aのインタビュー記録です。

職員コード
パスワード
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。