SCP-1005-JP
評価: +27+x

アイテム番号: SCP-1005-JP

オブジェクトクラス: Safe

無人.jpg

左より順に1番、2番、3番レバー。3番レバーは動作中。
上部にタグが見える。強化ガラスで覆う作業中に撮影された。

特別収容プロトコル: SCP-1005-JPの3番、11番、13番、17番のレバーを強化ガラスで覆い、操作不能にした状態で、危険物保管ロッカー内に収容してください。この強化ガラスは取り外さないでください。SCP-1005-JPの実験を行う場合、セキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可を得て、 研究主任を同席させてください。
研究主任の許可のない限り、実験において操作されたレバーは3時間以内に元に戻してください。
実験の過程で生成されたSCP-1005-JP-a、およびSCP-1005-JP-bはすべて金属製容器に密閉し、保存してください。
実験、運搬などでSCP-1005-JP、あるいはSCP-1005-JP-aに触れる場合、除染作業用の防護服を着用してください。使用後の防護服は操作したレバーを戻すまで、全て金属製容器に密閉し保存してください。

説明: SCP-1005-JPは縦0.4m、横1.5m、高さ2.0mの詳細不明の金属で作られた、中央部分に窪みのある工業機械に似たオブジェクトです。窪みのある前面には合計17個のレバーが取り付けられており、3番、11番、13番、17番レバーは発見時すでに動作状態になっていました。各レバーの上部には縦3cm、横15cmのタグが設置されています。
上記4つのレバーの上部には古い日本語が書かれています。字体、塗料、劣化状況から江戸時代前期に書かれたものと考えられています。タグに書かれた文字は以下の通りです。
3番: 米
11番: 小麦
13番: 大豆
17番: 大根
オブジェクト中央部分の窪みには常にこの4品が入っています。

SCP-1005-JPはタグに農作物の名前を記入し、レバーを上部に動かすことで動作状態となります。動作状態となったSCP-1005-JPはその中央部分の窪みに、タグに名前を記入された農作物:SCP-1005-JP-aを生成します。SCP-1005-JP-aを中央の窪みから取り出すと新たなSCP-1005-JP-aを生成します。SCP-1005-JP-aは種子、苗木、果実など季節気候に合わせて生育に最適な形で出現します。SCP-1005-JP-aは正常な同種の農作物と見分けがつけられません。
レバーを下部に動かすことでSCP-1005-JP-aは消失します。この消失はSCP-1005-JPとの距離や、SCP-1005-JP-aの状態とはかかわりなく発生します。

SCP-1005-JP-aに防護服を着用せず接触した生物を、SCP-1005-JP-bとして扱います。

補遺1
実験記録A-5ログ[SCP-1005-JP-a-5]<実施日:1991年█月13日>

実施手順: タグに「さつまいも」をローマ字で記入。その後2番レバーを動作させる。薩摩芋:SCP-1005-JP-a-5が出現した場合、 ████助手が、ガラス容器に限界までSCP-1005-JP-a-5を入れて密閉する。また、D-1328にSCP-1005-JP-a-5を一つ食べさせる。その後レバーを戻す。
結果: SCP-1005-JP-a-5は種イモに近い形状で生成され、ガラス容器に計38個のSCP-1005-JP-a-5を問題なく収めることができた。レバーを戻すとSCP-1005-JP-a-5はすべて消失。D-1328はSCP-1005-JP-a-5一つ分の体重が増減した。████助手に変化は見られなかった。
分析: タグに記載される文字は言語を問わないようである。また、生成されるSCP-1005-JP-aの個数に制限はないものと思われる。

補遺2
以下の記録はSCP-1005-JPの性質を解析する上で特に重要だと考えられています。
閲覧の際にはセキュリティクリアランスを提示してください。

補遺3
SCP-1005-JPは秋田県███市の集落跡で発見されました。███市の集落はかつて名のある米所として知られていましたが、現在は無人となっています。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。